『BFV』vs『CoD:BO4』:売上はCoDの勝利? アナリストが予想

『BFV』vs『CoD:BO4』:売上はCoDの勝利? アナリストが予想

バトルロイヤルモード「Blackout(ブラックアウト)」のベータテストが日本時間の9月11日から開催されることが明らかとなった『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』ですが、海外のアナリストが『Battlefield V(バトルフィールド 5)』との比較において、現時点では『CoD』が優位になっているという見解を明らかにしました。

予約販売において『CoD:BO4』が優勢

国際的な影響力を持つ経済新聞であるウォール・ストリート・ジャーナルのアナリストによると、『BFV』の予約販売は「不調」であり、その要因は発売日が『CoD:BO4』と『レッド・デッド・リデンプション2(以下RDR2)』に挟まれているからだと説明。また、『CoD:BO4』と『RDR2』の予約販売は『BFV』よりも好調とのこと。

  • 『CoD:BO4』 : 10月12日発売
  • 『BFV』 : 10月19日発売
  • 『RDR2』 : 10月26日発売

このビッグタイトルの発売日に挟まれるという状況は『Titanfall 2』でも見られたもの。『Titanfall 2』は『BF1』と『CoD:IW』に発売日が挟まれたこともあり、初週売上は前作の約4分の1だったという報道もありました。

売上本数予測でも『CoD:BO4』が優勢

また、他のアナリストによる2019年3月31日までの売上本数予測においても『CoD:BO4』が優位であるという結果がでています。

  • 『CoD:BO4』 : 2,150万本
  • 『BFV』 : 1,600万本
  • 『RDR2』 : 1,550万本
Activisionの売上本数/売上予測
EAの売上本数/売上予測
Take Twoの売上本数/売上予測

もしこれらの分析が的確ならば、『BFV』はクローズドアルファやベータなどを通してゲームの魅力を伝え、この状況を巻き返す必要がありそうです。ユーザーにとってはシューター作品が豊作で嬉しい時期となりますが、その影では人気タイトルの熾烈な争いが繰り広げられそうです。

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は現地時間2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。

Source: Charlie Intel