Anthem:ストーリーと世界観に触れるトレーラー公開(日本語字幕)

Anthem:ストーリーと世界観に触れるトレーラー公開(日本語字幕)

Electronic Artsは『Anthem(アンセム)』の世界観を紹介する日本語字幕付きトレーラーを公開しました。今回のトレーラーではエージェントやフォート・タルシスにいるクルーたちとの関係性が明らかになっています。

あわせて、世界中のプレイヤーが同時に同じ体験と共有できる大規模イベント、自身の選択が世界に影響を与えるシングルプレイヤーなど、興味深い内容が説明されています。

「皆の世界、それぞれの物語」トレーラー

※YouTubeの設定→字幕から日本語字幕を表示できます。

Anthem Gameplay Features – Our World, My Story Trailer

皆の世界

「Anthem」の魅力のひとつは、共有される世界において天気や時間帯、さらには世界中のプレイヤーが参加できる大規模イベントまで同期できる点です(専用サーバーを使用)。ですから地球の反対側にいる友達と同じグループにいたとしても、間違いなくあなたと同じ環境を見ているという安心感があります。日中あるいは夜間にしか発生しないイベントもあるため、この点は非常に重要です。

これが「皆の世界、それぞれの物語」の「世界」にあたる部分です。想像してみてください。任務のために外界に出たところ、周囲は暗く嵐が吹き荒れている。視界は大きく妨げられていますが、あなたと仲間たちはその状況を同時に体験しているのです。これによって「今の見た?」的な瞬間が次々に生まれ、仲間との連帯や団結しての勝利といったことの重要性が増します。友達とゲーム内のパーティーに参加して彼らの任務を手助けすることも、あるいは自分のペースで「Anthem」の世界を探索し、次の冒険を探しに行くこともできるのです。

「Anthem」の世界は変化を続けるものであり、ゲームが先へ進むにつれて大きな変容を遂げることになります。このような世界を提示しつつ、プレイヤーに意義のあるシングルプレイヤーのストーリーを体験してもらうには、どうしたら良いでしょうか?そこで重要となるのが「それぞれの物語」なのです。

それぞれの物語

フォート・タルシスに戻ると、あなたは自分だけのシングルプレイヤー体験の領域に入ります。ここであなたは人間関係を構築し、意思決定をし、自分のとった行動の結果を目の当たりにします。あなたの判断が周囲の世界に影響を及ぼし、フォート・タルシスの住民はそれに応じてあなたに対する態度を変化させます。以前に彼らとどのようなやり取りをしたのかを覚えているため、あまり歓迎されない可能性もあります。

またあなたのクルーと合流して、彼らに関する理解を少しずつ深めていくこともできます。あなたのクルーはストライダーと呼ばれる背の高い移動式拠点で行動を共にしますが、ここフォート・タルシスでは任務の合間の時間を自由に過ごしています。他のキャラクターからの信頼度が上がると、彼らは自分の過去を打ち明けるようになったり、そこでしか明かされない事実を知らせてくれたりします。

要塞都市を探索していると、フリーランサーであるあなたの力を借りたいと願うエージェントと接触をする機会が生まれます。エージェントの任務をこなすことで、「Anthem」の世界で活動する様々な派閥についての理解が深まり、またエージェントたちとの個人的な関係性も発展します。任務を遂行するたびにあなたは各派閥に関する知識をたくわえ、またフリーランサーである自分の責任をより強く感じるようになるでしょう。

探索を重ね、新たな任務や依頼を受け、ジャベリンの塗装を変えてみるなどした後は、「Anthem」の大自然に再び飛び出していきましょう。

皆の世界、それぞれの物語

「皆の世界、それぞれの物語」は「Anthem」体験の核となるコンセプトです。ゲーム世界全体は共有され、各国共通のイベントが発生してダイナミックに変化します。その一方でプレイヤー個人には様々な選択を通じて自分だけの世界を切り拓く自由があるのです。

自分だけのストーリーを展開していくと、共有世界に持ち込む任務に広がりが生まれ、また共有世界での実績が自分のストーリーに深みを与えるようになります。「皆の世界」と「それぞれの物語」はシームレスに結びついており、すべてのフリーランサーに豊かな経験をもたらすことになるでしょう。

フォート・タルシスの運命、フリーランサーの運命、そして究極的に人類の運命があなたの双肩にかかっています。「Anthem」の舞台となる未完の世界をどのように旅していくか、決めるのはあなたなのです。

『Anthem(アンセム)』の発売日は2019年2月21日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: EA