CoD:BO4:eスポーツルールは5vs5フォーマットに変更、全6回のオフライン大会が行われ賞金総額は600万ドルに

CoD:BO4:eスポーツルールは5vs5フォーマットに変更、全6回のオフライン大会が行われ賞金総額は600万ドルに

Treyarchは、『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の公式大会「Call of Duty World League 2019(CWL 2019)」の概要を発表しました。噂通り『コール オブ デューティ』eスポーツ史上最大の変更となる、4vs4から5vs5フォーマットへの移行が行われています。

CWL 2019 概要

eスポーツフォーマットの変更

  • CWLは5vs5フォーマットに変更
  • CWLの賞金総額は過去最大となる600万ドル(約6.7億円)に増額
  • すべてのLANイベントから地域制限を排除。全世界のプレイヤーがチームを組んでCWLイベントに参加できるように
  • 武器、装備品などのルールセットはオンライン大会前に公開予定

第1回イベント:CWL ラスベガス

cwl vegas

2019年シーズン最初のメジャーイベントは現地時間12月7日~9日にラスベガスで開催。昨年と同様、大会は予選となるプールプレイ、“予選の予選”オープンブラケット、そして本戦に当たるチャンピオンシップブラケットで構成されます。

  • 最初のプールプレイの枠は昨年の「CWL プロリーグ ステージ2」の上位12チームに割当
    • 12チームが参加資格を得るには、登録メンバーのうち3選手を同じメンバーにする必要がある
    • メンバーの過半数が登録メンバーにならないチームがいる場合はチームが交代となり、2018年シーズン累計CWLプロポイントの高いチームから順に権利を得る
  • プールプレイ最後の4枠は、12月6日に放送される入れ替え戦スタイルのトーナメントで決定
    • 2018年シーズン累計のCWLプロポイントが高い上位8チームが参加資格を得る
    • 上位4チームは上記12チームが争うプールプレイへ、負けた4チームはオープンブラケットへのシード権を得る
    • 2018年のCWLプロポイントによってプールプレイとオープンブラケットのシードが決定

オープンブラケットを勝ち上がった上位4チームはプールプレイに参加。チャンピオンシップブラケットの勝者側・敗者側トーナメント出場チームを決め、優勝をかけて争います。

2月からはプロリーグ

cwl pro league

  • 1ステージ制、入れ替え戦なし
  • 8チーム構成の2ディビジョン制、ディビジョン間の交流戦あり
    • CWL ラスベガスの上位4チームは自動的にプロリーグへの参加資格を得る
    • 残りの上位28チームは、1月にオハイオ州コロンバス MLGアリーナで行われる予選イベントで残り12枠をかけて戦う
  • シーズン中に登録メンバーが変更可能な期間を増設
  • 出場賞金に加え、マッチに勝つごとに賞金ボーナスを授与

プロへの道

アマチュアシーンを活性化するため、今年から「プロへの道(Path to Pro)」を導入。2回目のオープンLANイベントから、賞金がかかったアマチュアチームによるダブルエリミネーション形式の大会を開催。その後のオープンLANイベントでも継続して開催されます。「アマチュアサーキット」トーナメントはCWL プロリーグカップと同じ時間と会場で開催され、決勝戦はそのイベントのメインステージで行われます。

プロリーグと同様にアマチュアのチームから地域制限を排除。より柔軟なメンバー選定が可能となります。また16のCWLプロリーグチームは、アマチュアサーキットからの1選手を代理として指定しなければならないというルールも追加。少々強引に見えますが、トップチームにとってはアマチュアプレイヤーから第一線で活躍できるダイヤの原石を発掘できるチャンスにもなります。

CWLファイナルとCall of Duty World League チャンピオンシップ

「CWL プロリーグ」のプレイオフが、「CWLファイナル」という専用イベントに進化。最強のチームが賞金とトロフィーを巡って争います。また同時にアマチュアサーキットではプレイオフを開催。こちらはシーズン最後のイベント「Call of Duty World League チャンピオンシップ」出場権を得る最後のチャンスとなっています。

「CWL プロリーグ」の16チームと「アマチュアサーキット」上位16チームによって「Call of Duty World League チャンピオンシップ」が開催。CWLの集大成となるこの場所で世界王者が決まります。

プロリーグの変更やアマチュア選手のサポートなどは、Activision傘下で成功している「オーバーウォッチリーグ」を手本にしているように感じられます。 「CWL」の進化に注目が集まります。

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は現地時間2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。

Source: Call of Duty