レインボーシックス シージ:イヤー1オペレーターの長期セール開催、最初にアンロックすべきオペレーターは?

レインボーシックス シージ:イヤー1オペレーターの長期セール開催、最初にアンロックすべきオペレーターは?

ユービーアイソフトは『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』に登場する、イヤー1追加オペレーターのセールを開催すると発表しました。現地時間2019年3月4日までの長期に渡って、必要な名声・クレジットが少なくなります。

イヤー1オペレーターセール

対象となるオペレーターは以下の通り。必要コストは360 R6 クレジット/15,000 名声と、4割引きとなっています。

  • Frost(フロスト)
  • Buck(バック)
  • Valkyrie(ヴァルキリー)
  • Blackbeard(ブラックビアード)
  • Capitao(カピタオ)
  • Caveira(カヴェイラ)
  • Hibana(ヒバナ)
  • Echo(エコー)

アンロックすべきオペレーターは?

真っ先にアンロックすべきはHibanaとValkyrieでしょう。Hibanaは強化壁をブリーチングできる数少ないオペレーターですし、Valkyrieは敵の情報を知るのに重要なカメラを増やすことができます。アップデートで武器の反動が改善されたBuckや、Yokaiドローンの数が2つに増え使い勝手も改善したEchoもオススメです。

名声でもセールが行われるのは嬉しい限り。かなりの長期セールですが、終了後には初期オペレーターと同様に無料開放されるかもしれません。

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Ubisoft