レインボーシックス シージ:暴力的・性的なデザイン削除、アジア圏のコンプライアンスに対応し開発一本化

レインボーシックス シージ:暴力的・性的なデザイン削除、アジア圏のコンプライアンスに対応し開発一本化

続報レインボーシックス シージ:暴力的・性的なアートデザインを無くす変更をキャンセル

ユービーアイソフトは『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のイヤー3シーズン4にて、フィードアイコンやアートデザインを変更すると発表しました。

これまではグローバル版とアジア圏(中国)用のローカライズ版の2種類がありましたが、開発の効率を高めるためにこれを1つに統一したとしています。これらの変更はあくまでもデザインのみで、ゲームシステム自体に変更はありません。

変更されるビジュアルコンテンツ

アクションフィードアイコン
アクションフィードアイコン
暴力的コンテンツ(ドクロ)
暴力的コンテンツ(ドクロ)
ギャンブル
ギャンブル
血(環境物)
血(環境物)
性的コンテンツ
性的コンテンツ

ゲームのアダルトな雰囲気は損なわれますが、開発の効率化と、誰にでも受け入れられるタイトルにするには仕方のないところなのかもしれません。イヤー3シーズン4ではモロッコの特殊部隊GIGRより、新たな2人のオペレーターと新たなマップが追加されます。

関連記事:レインボーシックス シージ: 3年目のコンテンツ発表、初のCo-opイベントや新オペレーター、4つのシーズン概要など

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Ubisoft