Destiny 2: 週間バウンティを受け取れないバグ修正パッチを13日配信、想定より報酬のパワーが低い問題は後日修正

Destiny 2: 週間バウンティを受け取れないバグ修正パッチを13日配信、想定より報酬のパワーが低い問題は後日修正

シーズン6「放浪者のシーズン」が解禁した『Destiny 2(デスティニー 2)』ですが、来週に既知のいくつかのバグを修正するパッチの配信を告知しています。

本来より報酬のパワー値が低い問題

シーズン6が始まり最大パワーが650から700に上がりました。同時に、前シーズンで前々シーズンのバウンティを持ち越すことで一気にパワーを上げるプレイヤーが多かった反省から、同じ手法を使えないようにする対策が講じられましたが、それが新たなバグのトリガーとなってしまったようです。

現在、報酬のパワー値が想定通りの値でドロップしない問題が二種類発生しています。

  • 強力な装備の報酬のパワー値が+0
  • 前シーズンから持ち越した日刊バウンティを週間バウンティの進行に使用すると発生
  • 他にもパワーの上昇が0というケースがないか監視を継続
  • ナビゲーターの挑戦の報酬が本来より低い
  • プレイヤーは690に達すると報酬の伸び幅が最低限になると想定していたが、650の段階でそうなってしまっている
  • 次週のアップデートを配信後にホットフィックス2.2.0.2を配信予定

どうやら本来だと650以降も+2〜3の報酬をくれる日刊系の報酬が+1留まりなのはこれが原因だったようです。

なお、Bungieは各シーズンごとにパワーが上がるがパワーの伸び方はだいたいどのシーズンでも同じように調整しているとのこと。 上記のホットフィックスが配信されたあとは今シーズンのエンドコンテンツ天誅のLv3をプレイするのに必須なパワー680に簡単に到達できそうです。

パッチ2.2.0.1が13日に配信

上記のバグの他にもバグが確認されていますが、3月13日にバグ修正パッチ2.2.0.1の配信が予定されています。

  • 週間バウンティが本来の水曜日ではなく月曜日に更新される問題を修正
  • ギャンビットとプライムギャンビットでマリフィセンスとブレイクネックの進捗が進行しない問題を修正
  • オキシジェンSR3が手に入る勝利の道のり「最高の攻撃」が、ストライク中に生成したオーブを正しくカウントしていない問題を修正
  • プライムギャンビットで特定のプライミーバルが消滅する問題を修正
  • ケルの墓と大聖堂跡でブロッカーが出現しない問題を修正。問題を修正後にこれらのマップが再びプレイリスト入りする
  • いくつかのギャンビットのクエストとバウンティが正しく進行していない問題を修正
  • ギャンビットで侵入者を倒すとプレイヤーがかけらを失ったと誤った報告がなされる問題を修正

Destiny 2』は絶賛発売中で、2年目大型コンテンツ「孤独と影」は日本時間9月5日、新コンテンツ「ブラックアーマリー」は12月5日にリリース。 対応機種はPlayStation 4/Xbox One/PC。

Source: Bungie

COMMENTS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ああああああああ!

    いつまでも同じバグ発生させすぎ

  2. By ああああああああ!

    いつまでも同じバグ発生させすぎ

コメントする