WoT 祝砲 新時代の祝砲を鳴らせ!!

ゴーストは生きていた? 元Infinity Wardが意味深ツイートを連投、またも『CoD:MW4』を示唆?

ゴーストは生きていた? 元Infinity Wardが意味深ツイートを連投、またも『CoD:MW4』を示唆?

Call of Duty: Modern Warfare 4(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア4)』ではないかとの噂が広がる2019年版『CoD』ですが、Call of Duty コミュニティで FourZeroTwo としても知られる元 Infinity Ward のクリエイティブ・ストラテジストRobert Bowling氏が意味深なツイートを連投、2019年版『CoD』と関係があるのではないかと話題になっています。

ゴーストが登場するモダン・ウォーフェア4?

Bowling氏は2012年にInfinity Wardを退社していますが、まだ何かしらのコネクションをスタジオと持っていてもおかしくはない立場。ツイートで『CoD:MW3』に関連するキング・フィッシュ作戦のクリップをシェア。作戦が行われた日付は2013年10月8日ですが、Bowling氏のツイートではこれが2019年10月8日になっているのも意味深です。

「お前を失望させる。お前を傷つける」
ɪ ᴡɪʟʟ ʟᴇᴛ yᴏᴜ ᴅᴏᴡɴ ɪ ᴡɪʟʟ ᴍᴀᴋᴇ yᴏᴜ ʜᴜʀᴛ //10.8.19//

別のツイートでは『CoD:MW2』でゴーストが殺され焼かれる衝撃的なシーンの映像をシェア。

「あなたは別人だ。私はまだここにいる」
𝚈𝚘𝚞 𝚊𝚛𝚎 𝚜𝚘𝚖𝚎𝚘𝚗𝚎 𝚎𝚕𝚜𝚎. 𝙸 𝚊𝚖 𝚜𝚝𝚒𝚕𝚕 𝚛𝚒𝚐𝚑𝚝 𝚑𝚎𝚛𝚎

ゴーストことサイモン・ライリーファンなら「別人?! 生きている?!」 「兄弟 / いとこがいた?!」となってしまうかもしれません。筆者も手が震えてきました。この勢いでソープの死もなかったことにしてほしいところ。それとも過去編?

「4」を示唆?

さらに、別のツイートでは「Before」を「Be Four」とタイプ。これも『CoD:MW4』を示唆しているのではないかとも言われています。同様の示唆は海外大手メディアも行っています

ゴーストのプロフィール

更に更に、更新したプロフィール画像にはゴーストの姿が。

もうここまで来ると2019年版CoDは「ゴーストが登場するモダン・ウォーフェア4」と考えてしまいそうですが、Bowling氏が2012年以降にActivisionと関係があるのか判明していません。彼が個人的に次の『CoD』タイトルを予測して勝手に盛り上がっているだけの可能性もあります。

いずれにせよ公式発表の日程予想は刻々と迫っています。座して待ちましょう。

関連記事2019年版『Call of Duty』:発表日が小売店従業員からリークか、お披露目は5月28日か6月4日?

Source: Charlie intel

コメント

  • Comments ( 15 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    モダンのブランド価値を落とすのだけはやめてくれ

  2. By 匿名

    最初の2ツイートはナインインチネイルズの「Hurt」の歌詞だね

  3. By 匿名

    流石に死んでませんでしたーwはないわ
    boもそうだが過去作レ○プだけは勘弁してくれ

  4. By 匿名

    なかったことにしないでほしい。重要キャラが死んだからあのシーンには重みが有ってキャラに感情移入できたのに実は生きてましたってなんか違うわ。パラレルワールドとかマルチエンディング、もしくは別人で名を継ぐとかなら大歓迎だけど。

  5. By 匿名

    ゴースト主役の過去話かな

  6. By 匿名

    あのモロ焼かれた状態で生きてたら笑うわ

  7. By 電子の海から名無し様

    ソープ、サンドマン、ローチ「嘘やろ。なら俺らも」

  8. By 匿名

    MW4でほぼ確定やろこれ

  9. By 匿名

    さすがに許可得て投稿してると思うし、現IWに働いてる人と繋がりは間違いなくある

  10. By R

    ローチも好きやった

    • By 匿名

      よく落っこちてたけど

コメントする