ディビジョン2:タイトルアップデート3.1パッチノート配信、敵AIの挙動やハンターの報酬が受け取れないバグ修正、永久BAN警告など

ディビジョン2:タイトルアップデート3.1パッチノート配信、敵AIの挙動やハンターの報酬が受け取れないバグ修正、永久BAN警告など

先月、レイドや各タレントの調整といった大型アップデートとなるタイトルアップデート3が配信された『ディビジョン2(Tom Clancy’s The Division 2)』ですが、さきほどメンテナンスが実施されバグ修正が主なタイトルアップデート3.1が配信されました。

タイトルアップデート3.1 パッチノート

  • メガマップ上でのチュートリアルのフォントサイズを上昇
  • オープンワールド上での招集物と箱の視認性を向上
  • “アイテムを拾う”チュートリアルがゲーム開始時に表示されなかった問題を修正
  • フィールドマスターキャッシュが報酬を含んでいなかった問題を修正
  • シアターコミュニティでイナヤ・アルカリクを雇った後にシアターにスタックしたままになってしまう問題を修正
  • グランド・ワシントン・ホテルのミッションにて屋上にスタックしたままになってしまう問題を修正
  • プレイヤーがハンターの謎を正しく解いて倒しても、ハンターがマスクとアイボリーの鍵をドロップしなかった問題を修正
    • この修正により、ハンターからマスクとアイボリーの鍵を得られなかったプレイヤーが再度ハンターに挑めるようになった
  • セミオートの武器の発射レートが想定より低下してしまう問題を修正
  • 顔のマスクが想定より小さく表示されてしまう問題を修正
  • ダークアワーズ衣料品キャッシュを開封すると無限ループが発生してしまう問題を修正
  • アイテムを「全てジャンクとして回収」が削除されていたエラーを修正。すみません!
  • 敵NPCがプレイヤーを通り過ぎてカバーに隠れる問題を修正
  • 敵NPCがプレイヤーの裏どりをし過ぎてしまう問題を修正
  • 敵NPCがカバーに入るか移動を妨げられるまでいかなる戦闘にも反応しない問題を修正
  • アーマーが標準化すると仕様外の数値までスケールしてしまうエクスプロイトを修正

以上がタイトルアップデート3.1に含まれている内容です。 敵AIの挙動が改善されることでレイドの難易度にも変更があるかもしれません。 なお、最後の項目のエクスプロイトについて開発元のMassive Entertainmentが以下のような警告を出しています。

「このエクスプロイトを悪用した少数のプレイヤーが彼らのアカウントに警告を受ける。 これ以上の規約違反はアカウントの永久BANとなる。」

『ディビジョン2』の発売日は2019年3月15日発売で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Ubisoft

コメントする