ASTRO Gaming 新製品発表会フォトレポート:ゲーミングヘッドセット ASTRO A50 / ASTRO A40 TR / ASTRO MixAmp Pro TR

ASTRO Gaming 新製品発表会フォトレポート:ゲーミングヘッドセット ASTRO A50 / ASTRO A40 TR  / ASTRO MixAmp Pro TR

2019年6月11日にASTRO Gamingより、新たに「ASTRO A50 WIRELESS + BASE STATION」とリニューアルをした「ASTRO A40 TR ゲーミングヘッドセット」、そして「ASTRO MixAmp Pro TR」を発表しました。ここではその発表会の様子を写真を中心にお伝えします。

梅雨入りしたため当日の天気は生憎の曇り空であったが、会場に向かう足は軽い。何故なら今日はASTRO新製品の発表日。E3 2019期間中のためゲームに関わる新情報が多いが、そのほとんどは海の向こうから。自分も行きたかったと思うところではあったが、日本国内でも発表は行われている。そう、国内でも魅力的な新製品が発表されていることを忘れてはいけないのだ。

入場直後にピカピカのASTRO新製品がお出迎え

ワクワクしながら受付を済ませ入場をすると、新製品の展示と試遊台が目に飛び込んでくる。

astro
早速新製品がお目見え。従来品との比較が一目でわかるような展示。
astro
リニューアルしたASTRO A40 TR ゲーミングヘッドセットとASTRO MixAmp Pro TR。サイズ感をPS4のコントローラーと比較しよう。
astro
試遊で使用されたゲームは『CoD:BO4』。従来品の“A40”も体験可能だった。

新製品の展示・試遊はコンパクトに行われ、華美な装飾や余計な説明はなくいたってシンプル。感じたまま、見たままに伝えて欲しいという計らいなのだろう。

astro
発表会開催前の檀上。これからどのような発表が行われるのだろうか。

発表会開始

最初に登壇したのは株式会社ロジクール クラスターカテゴリーマネージャー 榊山 大蔵氏。新製品の発表を心待ちにして様子で「最強の布陣になる」という発言に期待が高まる。

astro
榊山氏によるオープニング。
astro
ASTROが日本に上陸した時からのキーポイントの説明。この後に驚きの発表が。

製品の発表前に大切な話として、まずはASTROのキーポイントの説明を行った。我々プレイヤーとプロプレイヤーに最高のゲーム体験を届けるとしている。そしてなんと、ロジクールGブランドという位置づけから脱け出し、これからは独立ブランドで活動を行うという発言が飛び出した。同行した記者もこれには唖然。これからどうなっていくのか、期待である。

astro
ASTRO製品の全体ロードマップ
astro
MixAmp Pro TRは従来の縦型のデザインを変更し、横型へ。よりゲーマーへ寄り添ったレイアウトになった。
astro
リニューアルされたA40 TR ゲーミングヘッドセット
astro
こちらは10周年モデル
astro
ASTRO A50+BASE station。ワイヤレスのヘッドセットで勝ちにこだわりたいユーザー向けの製品。
astro
A50各部の説明。充電型のヘッドセットスタンドで充電兼置き場所もコンパクトに進化。

全体的なファーストインプレッションとしては、待ってましたの順当進化といった印象。A50系は「充電スペースの小型化」と「設置時の安定性」、MixAmpは「PS4モードなのかPCモードなのか分かりにくい」、「ランプがないため暗いところではスイッチの位置が見づらい」、「コードの取り回し」といった、前モデルの不満点が解消されているといった印象。もちろん使用感だけではなく、肝心のサウンドの高音質化やマイク品質などの基本性能もアップグレードしているとのこと。現行のA40系所持者はMixAmpの変更だけでも大きな変化を感じられるとしていた。

ASTROブランドアンバサダー就任式

榊山氏の自信にあふれた新製品の発表が終わり、ブランドアンバサダー就任式が始まる。まず、登壇をしたのはロジクールGブランドアンバサダーでゲームキャスターである岸大河氏。ブランドアンバサダーがどのようなものかということを説明していた。

astro
新製品をいち早く触る等、最先端の情報を追ってロジクール製品知識は誰にも負けない意識を持ちSNSで普及に努めたとのこと

そして、ASTROブランドアンバサダーに就任をしたk4sen(かせん)氏が登壇。A40に関して、定位性がよく音質が非常にクリアで良いと語った。また、ASTRO MixAmp Pro TRのデザインに関して、ダイヤル操作の部分にLEDが付いた事を絶賛していた。ゲームイベント・試合の際に室内は暗く、操作が見えにくい場面があったためだ。

astro
新アンバサダーk4sen(かせん)氏。
astro
プロゲーミングチーム「Crazy Raccoon」所属のうゅりる氏も登壇。定位性の重要さを語っていた。
astro
登壇者全員の撮影。

製品も人材もまさに「最強の布陣」といったところだろうか。新製品の発表のみならずブランドの独立宣言、そして新たなブランドアンバサダーの就任という発表内容が自信に満ちたものであった。これからのASTRO Gamingの展開には要注目である。

製品の仕様詳細はこちらAstro Gaming、ワイヤレスゲーミングヘッドセット「ASTRO A50」と改良型「ASTRO A40 TR」「ASTRO MixAmp Pro TR」を国内発売

リニューアルした「ASTRO A40 TR ゲーミングヘッドセット」と「ASTRO MixAmp Pro TR」と、これら2つのセットの発売日は2019年6月27日で、価格はそれぞれ、18,880円(税抜)、18,750円(税抜)、31,250円(税抜)。「ASTRO A50 Wireless ゲーミングヘッドセット + BASE STATION」の発売日は2019年8月1日で、価格は37,750円(税抜)。

COMMENTS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ナ

    アメリカならともかく日本に住んでゲーミングデバイス等手にするなら、何かしら妥協しないと付き合っていけない。個人輸入もいいけど、保証なんかほぼ期待出来ないからね。日本で正規に取り扱ってくれるだけでも有難いと感じる。

  2. By みんみん

    ゼンハイザーやらONKYOとかのやつと比べてもかなり強気の値段だなー
    ロジクールと住み分けるためなら分からんでもないが独立ブランド化するんなら
    高級路線だけで大丈夫だろうか

    • By 匿名

      ロジクールのゲーミングデバイスは日本だと1ドル120円換算位の値段してるけどASTROは1番みんなが欲しいMixAmpだけ140円換算だもんな
      日本で販売するMixAmpだけ国内の法律関連でなにか手加えてコスト上がってんのかな?
      それでも代行販売より安いし保証も国内でやり取りできるから安心なんだけど

コメントする