オーバーウォッチ: バティストの壮絶な過去を明かす短編小説「捨てられた過去」公開

オーバーウォッチ: バティストの壮絶な過去を明かす短編小説「捨てられた過去」公開

「深呼吸を」

本日『Overwatch(オーバーウォッチ)』の新規サポートヒーロー「バティスト」の短編小説「捨てられた過去」が公開されました。

バティストの短編小説「捨てられた過去」

時系列はバティストがタロンを抜けた4年後となっており、タロンに所属していた頃の壮絶な過去とその過去に追われる現在の苦悩について語られています。タロンに所属していたという過去だけで、あまりストーリーが語られていなかったバティストですが今回の短編小説でその背景がハッキリしてきましたね。

オーバーウォッチ: バティストの壮絶な過去を明かす短編小説「捨てられた過去」公開

新スキン?

また、過去に公開されたアナの短編小説「バステト」の時と同じように新規スキンを匂わせる挿絵が挿入されており、公式Twitterから発表された今後のアップデート内容には「バティストのリユニオンチャレンジ」とこちらも過去のイベント「アナのバステトチャレンジ」と同じようなものが告知されているので、おそらく近日中のアップデートでこのスキンが実装されると思われます。

その他同一ツイートには、リプレイ機能やオーバーウォッチリーグのリプレイ・ビューアなど予告されていた機能の実装についても記載されています。

新規ヒーロー…?

本短編小説には今までには登場していなかった人物も何人か登場しており、中でもグエン、そして“悪魔のような男”「マウガ」と呼ばれる人物は特にバティストと深い関係にあったようです。マウガはかなりガタイの良い人物で、戦闘服を着た姿はレトリビューションに登場するヘビーユニットを想起させる程なので、もし追加されるとすればタンクロールでしょう。初のタロン勢タンクヒーロー実装に期待が高まります。

オーバーウォッチ: バティストの壮絶な過去を明かす短編小説「捨てられた過去」公開
タロン時代、共に戦うマウガ(左)とバティスト(右)

小説は会話主体で進行していくため、アニメーションでは伝えきれない心理描写や空気感など活字媒体ならではの雰囲気を味わう事ができます。OWの世界観を知っていれば小説は苦手という人でも読みやすいと思いますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4 / PC / Nintendo Switch

コメントする

*