CoD:MW:「バトロワモード」の計画は今のところなし、マルチプレイヤーにフォーカス

CoD:MW:「バトロワモード」の計画は今のところなし、マルチプレイヤーにフォーカス

海外では『CoD:BO4』のブラックアウトに次いで、『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』にもバトルロイヤルモードが実装されるという噂も飛び出し、「100%登場する」と断言しているYouTuberもいますが、Infinity Wardがその核心に迫る発言を行いました。

『CoD:MW』でのバトルロイヤルモードは?

海外メディアのインタビューに応えたInfitniy WardのMPデザインディレクター、Joe Cecot氏によるとバトルロイヤルモードは現時点では検討していないようです。下記がブラックアウトと本作でのバトルロイヤルモード実装に対するCecot氏のコメントになります

「リアルで信ぴょう性のある武器が存在するModern Warfareにフォーカスを置いています。つまり、本作はまったく違う体験となります。Modern Warfareを復活させ、その純粋さを保つことが重要なのです」

「(スタジオにも)バトルロイヤルの熱狂的なファンがいます。大人数による対戦などにも心が踊ります。しかし、今はマルチプレイヤーの中核部にとても集中しています」

リアルを追求した世界観にそぐわないためゾンビモードの採用が見送られた『CoD:MW』だけに、アイテムがバラ撒かれたフィールドに謎の崩壊サークルが迫る「ブラックアウト」も同様の捉え方になるのは当然と言えます。

Cecot氏が言及したマルチプレイヤーの中核部には、すでに発表されている2v2、6v6、10v10、20v20のモードが存在し、さらに最大で100人規模になるモード「グランドウォー」の存在も明かされています。100人規模の対戦が実現されるとなると、どうしてもバトルロイヤルモードが頭に浮かびますが、現時点でInfinity Wardのフォーカスはそこには無いようです。

100人を超える対戦も実現できるかも?

CoD:MW:PS4版ではコンバーター無しでマウス/キーボードに対応とInfinity Wardが認める
Joe Cecot氏はインタビューの中で、同時にプレイ可能なプレイヤー数を増やす取り組みに関しても「より多くのプレイヤー数を実現できるようにネットワークエンジニアを後押しした」ことに言及。その発言からはバトルロイヤルを含む大規模なゲームモードをいつでも実現できそうです。

「技術面では効率化を進めるためにマルチプレイヤー側で多くの取り組みを行わなければなりませんでした。この効率化によりプレイヤー数を次から次へと増やすことができたのです」

バトルロイヤルモードは『CoD:MW』の計画には現時点で存在しないことが明らかとなりましたが、「グランドウォー」での100人対戦を実現できる技術的な基盤が整っているのであれば、Infinity Wardが望みさえすればバトルロイヤルモードはいつでも実現できる状態とも言えるのではないでしょうか。

ブラックアウトのファンには残念なニュースとなりましたが、コミュニティーが未来を変える力を持っているのが『CoD』作品の良いところ。バトルロイヤルモードの実現を望む方は、Infinity Wardへ熱いメッセージを送ってみましょう。

関連記事

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: IGN

購読
通知
guest
2 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
Anonymous
Anonymous
1 年 前

バトロワはTAにやらせてIWはMAGのような50vs50、100vs100とかの大規模戦と分けてやってほしい

A
A
1 年 前