Razer、オプティカルマウススイッチ採用で69gの超軽量ゲーミングマウス「Viper」8月22日発売

Razer、オプティカルマウススイッチ採用で69gの超軽量ゲーミングマウス「Viper」8月22日発売

Razerは、オプティカルマウススイッチを採用した超軽量ゲーミングマウス「Viper」を8月22日に発売します。税抜希望小売価格は8,980円。

本製品の特徴は何と言ってもその軽さ。ハニカム構造により軽量化を図るゲーミングマウスもある中、Viperは耐久性を犠牲にすることなく69gの軽さを実現しています。またメインボタンにオプティカルスイッチを採用し、従来のメカニカルスイッチより3倍高速な入力7,000万クリックに耐える頑丈さを達成しています。軽いマウスを長く使いたいゲーマーにはまさにベストバイな製品でしょう。

RAZER、 e スポーツ プロゲーマーと共同開発したオプティカルスイッチ採用ゲーミングマウス「Viper」を国内発売

Viper

Viperは、世界で活躍するeスポーツ プロゲーマーの監修を得て開発されたゲーミングマウスです。メインスイッチには、従来のメカニカル(マイクロ)スイッチよりも3倍高速なアクチュエーション(クリック入力)スピードを実現するRazerオプティカルマウススイッチを採用しています。従来のメカニカルスイッチでは、金属パーツの接触による入力信号がパーツのバウンス(跳ね返り)現象により複数の信号送っていたため、不要な入力をキャンセルするデバウンス ディレイ(跳ね返りによる入力をキャンセルする)プログラムが搭載されていたのですが、これが遅延の原因となっていました。Razer オプティカル マウススイッチでは、物理的な接触が不要な赤外線ビームを使用し、クリック動作と同時にPCに入力信号が伝送されるため、ユーザーの意図したすべてのクリック動作が遅延することなくPCに入力・反映されます。また、このRazer オプティカルスイッチは、接触パーツに頼らないため7,000万クリックの高い耐久性を実現しています。

Viperは、耐久性の高いソリッドな左右対称筐体デザインを採用しながらも、69gという極めて軽量な本体重量を達成しました。さらに、しなやかで低摩擦のSpeedflex(スピードフレックス)ケーブルを新しく採用し、最低限の力で高速に思い通りにマウスを動かす事ができます。

Viperは、高評価を得ている5Gオプティカルセンサーをトラッキングセンサーとして採用し、ネイティブ16,000DPIの解像度、対スピード性能450IPS(秒速11.43m)の高性能を99.4%の高精度で実現し、トッププロゲーマーの高速なマウスでも正確にPCに反映させます。

Viperは、DPI設定をマウス内のオンボードメモリに保存することができ、底面のボタンで、いつでも切り替えることができます。またRazer Synapse 3 ソフトウェアに対応し、8個のボタンの割当変更、マクロ設定、メインボタンの左右切り替え、マウスパッド・リフトオフディスタンスの最適化、Razer Chromaのバックライトなどのカスタマイズを行う事ができます。

国内のFPSプロリーグで活躍するプロゲーマーけんき氏(父ノ背中所属)は、「いままで触ったどのマウスよりも確実に良い。」とRazer Viperを高く評価しています。

Source: PressRelease

コメントする