Six Major ローリー:Team Empireが2大会連続優勝、ライバルG2を破り正真正銘の王者に

Six Major ローリー:Team Empireが2大会連続優勝、ライバルG2を破り正真正銘の王者に

日本時間8月12日からアメリカ・ローリーで開幕した『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』の公式大会「Six Major ローリー」にて、ロシアのTeam Empireが優勝。「プロリーグ シーズン9ファイナル」に続き2大会連続でトロフィーを手にしました。

因縁の敵G2を破り正真正銘の王者に

  • 決勝: Team Empire 3-1 G2 Esports
    • 国境: 7-5
    • カフェ・ドストエフスキー: 6-8
    • クラブハウス: 7-5
    • 海岸線: 7-3

決勝ではTeam EmpireとG2 Esportsが対戦。「Six Invitational 2019」決勝ではG2 Esportsが激闘を制しています。「プロリーグ シーズン9ファイナル」にG2は出場しておらず、Team EmpireにとってG2は因縁の敵と言える存在でした。

試合は第1ラウンドから激しい展開に。G2 Kantoraketti選手がクアッドキルしたかと思えば、Empire JoyStiCK選手はなんとエース(オールキル)を達成。お互いにぶつかっていきます。

Empire ShepparD選手がクアッドキルを決めるも、G2 Pengu選手は諦めず1v2クラッチを成功させます。試合は3-3のイーブンで攻守交代します。

攻守交代後も互角の戦いとなりますが、ここはEmpireが7-5で勝利し先制します。

第2ゲームのカフェも拮抗し延長戦に突入しますが、ここはG2が取り1-1のタイに。

Empireが第3ゲームのクラブハウスを取り、勝利まであと1ゲームとします。

第4ゲームの海岸線でマッチポイントに詰め寄ったEmpireでしたが、その瞬間は突然訪れました。流れるように残り4人をキルし、ついに“完全王者”G2 Esportsを打ち破りました。

順位および賞金

  1. Team Empire – 20万ドル
  2. G2 Esports – 8万ドル
  3. forZe – 4万ドル
  4. Team Secret – 4万ドル
  5. Vodafone Giants – 2万ドル
  6. Team SoloMid – 2万ドル
  7. Spacestation – 2万ドル
  8. FaZe Clan – 2万ドル

日本からは野良連合CYCLOPS athlete gamingが出場しましたが、どちらもグルーステージ敗退。今シーズンから追加されたカフェへの対応不足や、野良連合Merieux選手の体調不良が響きました。次回はいよいよ愛知県で開催される「プロリーグ シーズン10ファイナル」です。なお両チームの現在のプロリーグ順位は野良連合が2位、CYCLOPSが1位となっています。

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

コメントする