CoD:MW:『Call of Duty』史上最大のマルチプレイヤーベータを達成、“100人対戦”の実装計画を再確認

CoD:MW:『Call of Duty』史上最大のマルチプレイヤーベータを達成、“100人対戦”の実装計画を再確認

Activisionは本日、『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』における最新のプレスリリースを公開。先日行われたベータが『Call of Duty』の歴史上最大規模であったことを明らかにし、今後グランドウォーでの対戦人数を100人以上にする計画をファンに再確認させました。

歴史上最大の規模だった『CoD:MW』のベータ

Activisionは先日行われた『CoD:MW』のベータが最大の人数、最長のプレイ時間、全プラットフォームを合わせた同時最多プレイヤー数を記録し、『Call of Duty』の歴史上、最大規模となったことを発表しました。

CoD:MW:Activisionは先日行われたベータの規模が歴史上最大であったことを発表、また100人以上での対戦をサポートする計画を再確認

ベータ版は数百万人のプレイヤーがダウンロードしてプレイ。9月12日から9月23日まで2週に渡って行われたベータには、PS4、Xbox One、PCを垣根を超えて一緒にプレイすることが可能となるクロスプレイ詳細記事)を実装しましたが、これはCall of Dutyフランチャイズ史上初めてのことでした。

感謝のコメント

Infinity Wardのスタジオヘッド兼クリエイティブディレクターであるPatrick Kelly氏とActivision副社長兼ゼネラルマネージャーByron Beede氏は、ベータの感想を次のように述べています。

スタジオヘッド兼クリエイティブディレクターであるPatrick Kelly氏「私たちはクロスプレイによってコミュニティーを一つにすることも含め、できる限り最高のオンライン体験を提供することに注力しています。プレイし、フィードバックを寄せてくれた世界中のすべてのプレイヤーに感謝しています。あなた方のサポートはチーム全体の原動力となるだけではなく、ローンチのプレイ体験向上に役立つ、重要なデータやフィードバックを提供してくれました」

Activision副社長兼ゼネラルマネージャーByron Beede氏「来月行われる『CoD:MW』リリースに対するファンからの反響は驚くべきものです。開発当初からこのゲームには桁外れの興奮を感じてきました。私たちはCoDプレイヤーと、この記録的なベータにしてくれたInfinity Ward率いる開発チームに感謝します。世界中のプレイヤーが『CoD:MW』のゲームプレイと、その奥深さを最大限に体験する10月25日が楽しみです」

史上最大のベータをまたも更新した『CoD:MW』には発売時の盛り上がりが大いに期待できます。そして我々プレイヤーだけでなく、開発陣も同じ気持ちで『CoD:MW』の発売を楽しみにしているようです。

最大100人の大規模対戦

CoD:MW ベータ:64人の大規模戦「グラウンド・ウォー」追加、多数のビークル / 分隊・車両リスポーンなど

Activisionはマルチプレイヤーのお披露目が行われた8月に「グラウンド・ウォーで最大100人対戦をサポートする」と発表しています。そして、先日行われたベータでは大人数モード「グランド・ウォー」が配信されたものの、残念ながら最大64人対戦をサポートするものでした。それでもグラウンド・ウォーは『Call of Duty』において今まで味わったことのない体験をプレイヤーにもたらしたと言えるでしょう。

『CoD:MW』マルチ新情報:100人対戦モードが登場予定 / キャンプを含むあらゆるプレイスタイルに対応 / 3レーン構造を避けたマップ

そんな中、Activisionは最新のプレスリリースにて製品版では100人対戦を実装するという計画をファンに明かしました。

「『CoD:MW』ベータのマルチプレイヤーでは、激しい近距離戦を行う2v2ガンファイトから、最大64人対戦をサポートする大規模なグラウンド・ウォーの公開までに及び、これまでにない奥深さを見せてくれました。そして『CoD:MW』の10月25日のローンチ時には最大100人対戦という素晴らしいマルチプレイヤー体験をサポート予定です」

またしても“予定”とはなっているものの、100人もの人数で対戦するとなるとベータでの64人対戦とはまた大きく異なったプレイ体験になりそうです。ベータにおけるグラウンド・ウォーのマップは「Karst River Quarry」のみでしたが、もちろんローンチ時にはいくつかの新たなマップにも期待できます。

関連記事

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: Activision Blizzard

COMMENTS

  • Comments ( 14 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    特に不満点は無かったな
    βでリスが悪いのはいつものことだし
    マップも横長3レーンじゃないからやってて楽しい
    GWはすぐ接敵出来るからBFみたいな移動のストレス無いし

  2. By 匿名

    製品版ではやらないよ
    ちなみにβのグランドウォーでは従来通りのミニマップだったの?
    それともβ版のミニマップ?

  3. By 匿名

    キルストそのままなおかげで常時UAVとヘリが飛んでる。ほぼ完全に、BFの下位互換。
    しかもノーマルのPS4だとグラがひどい。
    製品版じゃやらん

  4. By 匿名

    グラウンドウォー、正直BFもどきにもなってなかったっていうか「デカいドミネ」以上の感想が無かったわ
    対戦形式自体はCoDとしては新しいだろうけど、体験として新しかったかっていうとうーん
    更に100人にしますとか言われてもそれに割くリソースを通常ルールの調整に集中して当ててくれって感じ

  5. By 匿名

    いろいろ過大宣伝するのはいいけど、出して早々にログインエラーとかにならないことを祈る。
    他の人も言ってることが片付いたら辺まで様子見しようかな。

  6. By 匿名

    最大規模だったかもしれないがベータで愛想尽かした数も底知れないでしょうね

  7. By 匿名

    100人対戦するならキルスト廃止しないとヤバイぞ

    • By 匿名

      うまいね

  8. By 匿名

    ベータからttkの調整入れずに100人実装したら湧いた瞬間死に続けるゲームになりそう

  9. By 匿名

    今まで味わったことのないは言い過ぎ。
    クロスプレイも過疎りにくいだけでプレイヤーにとって重要なことではないと思うけど

  10. By 匿名

    ベータ二回も開催してくれて感謝します。
    どうでもいいようなバグ修正のみして発売するなら、余裕で様子見の出来だわ

コメントする

*