定額クラウドゲーミングサービス「Google Stadia」が11月19日より海外で開始、定額プランには『Destiny 2: The Collection』登場

定額クラウドゲーミングサービス「Google Stadia」が11月19日より海外で開始、定額プランには『Destiny 2: The Collection』登場

Googleは新製品発表イベント「Made by Google ’19」にて、クラウドゲーミングサービス『Stadia』を11月19日より海外にて開始すると発表しました。日本でのローンチ日まだは未定となっています。

『Stadia』いよいよ登場

What is Stadia and How It Works – Everything You Need To Know Before Launch

『Stadia』はクラウド技術を利用し、映像や音声をストリーミングするサービス。Windows PCやChromebook、タブレット、スマートフォン、Chromecastを繋いだTVなど、ネットワーク環境さえあれば機種を問わずにプレイできます。

料金プランは2種、基本的には買い切り

Stadiaの料金プランは月額9.99ドルの「Stadia Pro」と、無料の「Stadia Base」の2種。ゲームタイトルは基本的に別途購入する必要があります。

Proには『Destiny 2: The Collection』が含まれ、『Destiny 2』の本編とDLC「孤独と影」「影の砦」、年間パスの全てを楽しむことができます。

Stadia Pro

  • 開始日: 11月19日
  • 料金: 月額9.99ドル
  • 解像度: 最大4Kまで
  • フレームレート: 60fps
  • 音声: 5.1ch サラウンド
  • 別途ゲームを購入する必要: あり
  • 追加の無料ゲーム: あり、初のタイトルは『Destiny 2: The Collection』
  • プラン限定の割引き販売: あり

Stadia Base

  • 開始日: 2020年
  • 料金: 無料
  • 解像度: 最大1080pまで
  • フレームレート: 60fps
  • 音声: 2ch ステレオ
  • 別途ゲームを購入する必要: あり
  • 追加の無料ゲーム: なし
  • プラン限定の割引き販売: なし

いよいよサービスが開始されるStadiaですが、イベントでは日本でのローンチについて何も言及されませんでした。Googleはこれまでも日本市場に消極的な姿勢にも感じられることがあり、日本上陸にはまだ少し時間がかかるかもしれません。

Source: Google Stadia

コメントする