レインボーシックス シージ:今日明日開催のプロリーグ シーズン10は番狂わせだらけ!頂点を目指す8チームを一挙紹介

レインボーシックス シージ:今日明日開催のプロリーグ シーズン10は番狂わせだらけ!頂点を目指す8チームを一挙紹介

2019年11月9日(土)・10日(日)に日本の愛知県で開催される『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』プロリーグ シーズン10 ファイナル in Japan。『R6S』の世界トッププレイヤーが日本に上陸しての頂上決戦が開催直前に迫ってまいりましたが、実は今回の参加チームはどれもこれもが番狂わせ!

本来入るかなと期待されていた強豪チームが少なく、いわば全員がダークホース枠という、全く先が見えないという状態。「どのチームを応援すれば良いのかよくわからない」との声もあったので、この記事では準々決勝まで勝ち残ったこれら8チームを紹介して行きます。

『レインボーシックス シージ』PC版プロリーグ シーズン10 ワールドファイナル出場チーム

レインボーシックス シージ:今日明日開催のプロリーグ シーズン10は番狂わせだらけ!頂点を目指す8チームを一挙紹介

DarkZero Esports

オンライン大会の強さを競うなら全米でもトップクラスの水準を誇るものの、オフライン大会では後塵を拝してきたDarkZero Esports。予選もオンライン大会であることが幸いしてか10勝1敗3引き分けという圧倒的な戦績で1位に躍り出ましたが、果たして日本遠征のオフライン大会でトップ4入りし「オフラインが壊滅的に弱いチーム」の汚名を返上できるのか。期待が高まるところです。

Faze Clan

LATAM(ラテンアメリカ地域)最強の呼び声が高いFaze Clan。Six Major Raleigh 2019では唯一準々決勝に参戦したという実績や、優勝チームであるTeam Empireに1-2の接戦を見せるなど、世界的にトップクラスの実力を持っているチームであることは間違いありません。今回大会でも強力な優勝候補の一人であるはずなのですが、なんとビザ申請の手違いでION選手が参加不能、急遽Ninext選手が代役を務めることに。

『BF4』からキャリアスタートしたNintext選手はBlack DragonsとともにBrasileirão 2017のシーズン1メジャーリーグで優勝、電撃的なデビューを飾ったものの、家庭の事情が原因で『R6S』を一旦やめて『PUBG』や『APEX Legends』等のゲームを渡り歩いていたのですが、そのどれでも好成績を残しファンからは「FPSの神」「FPSなら何をやらせても上手い男」とも呼ばれている半伝説的存在。

R6Sのプロシーンは1年のブランクがあり、チームワークもままならないままFAZEの臨時選手となりましたが、その才能を活かしきり好成績を残すことができるのでしょうか。

Ninjas in Pajamas

一方LATAMが送る今大会のダークホースはNiP。Fazeと併せてLATAMの双雄とされ、様々な世界大会で安定した成績を残しているTeam Liquidを予選では2戦2勝で圧倒し、総合成績10勝1敗3引き分けとこれも圧倒的な戦績で準々決勝進出が決定。長らく成績が振るわない中唐突の覚醒に目が離せないチーム…ではあるのですが、こちらもFazeと同じくビザアクシデントが発生!

Kamikaze選手とJulio選手が来日不能となり、代役として元Giants Spain所属のBaroz選手とP0ro選手が急遽来日。LATAM地域のチームにEUリージョンからの助っ人という異例の事態ですが、使用言語が共通しているため連携のとりやすさを取ったのでしょうか。チームワークの調整は大丈夫だったのか、そしてNiP初のメジャー準々決勝進出に錦を飾ることはできるのか。こちらも目が離せません。

Team Reciprocity

カナダより刺客を送り込んだのはTeam Reciprocity。NAの中堅Cloud 9のメンバーをまるごと囲い込んで今年1月に結成したばかりという面白い来歴を持っており、一方Cloud 9自体はその後韓国のチームであるMantis FPSを囲い込んで再出発しているので元からのCloud 9ファンにとっては中々ややこしい状態に。

そんなこんなで「旧Cloud 9」ともいえるReciprocityは、中堅どころの実力はそのままに安定したパフォーマンスを発揮。北米予選でもシーズン9の準優勝者Evil Geniusesを僅差で下し2位に収まり来日。内実を知らない人からすると今年スタートの無名の新チームが古強者を破ったようにも見えますが、この「なんちゃってダークホース」チームは、果たして今大会で好成績を残しコミュニティに一波乱起こしてくれるでしょうか。実に楽しみです。

Natus Vincere

ラテン語で「勝利のために生まれてきた」という雄々しい名前を持つNatus Vincereはウクライナ発のチーム。今年2月にMock-it Esportsの選手枠を丸々獲得したあと、成績不振を由に5月に選手を全員破棄し新しくMnM Gamingの選手枠を獲得。マイナー大会やメジャー予選で好成績を残していた選手たちも通常通りのパフォーマンスを発揮し、ヨーロッパ予選でも1位に輝き来日。

他チームを丸ごと獲得して得たロースターとは言え、選手のほとんどが2018年後半からシーンにデビューしたばかりの期待の新星であることは間違いありません。果たしてチーム名の通り勝利を手にすることができるのでしょうか。

Wildcard Gaming

オーストラリアのダークホース枠はなんと今年9月に結成したばかりのWildcard Gaming。とはいえ元Athletico Esportsとして2017年から活躍し、0RGL3SSとして独立したのをつい最近Wildcard Gamingが全員獲得したという形なので、Six Masters 2019の準優勝に輝けるベテランプレイヤーたちが揃う、こちらも「なんちゃってダークホース」です。

しかし今まで無名のチームが唐突に横からAPAC地域予選の2位を獲得したというのは、たくさんのファンたちのド肝を抜いたことでしょう。アジア地域の古参としてどこまでいけるか、こちらも楽しみですね。

Aerowolf

予選で日本チーム野良連合を下し、アジア予選の1位に輝いたのは去年7月に北米の強豪団体Envyと契約を結んだAerowolf。マイナー大会では良好な成績を見せるもメジャー大会では長らく鳴かず飛ばずの状態が続いてきた中、今回の予選では中堅的地位を獲得してきたFnaticや野良連合を制し、アジア地域の1位に輝くという大番狂わせを見せました。アジア地域の真のダークホースがどこまで走り抜けるのかに期待です。

Giants Gaming

元LeStream Esportの選手で構成されたチームLooking For Orgを今年8月に獲得し、2017年や2016年頃からのベテラン選手を擁するEUの「なんちゃってダークホース」枠として躍り出たのはGiants Gaming。オンラインでは強いのにオフラインでは微妙というジンクスを昔から抱えているチームではありましたが、今回メンバーを一新するに渡ってジンクスを振りほどくことはできるのでしょうか。

EU最強と名高いTeam EmpireとG2 Esports両チームが共に予選で敗れ去った今、Giants Gamingにとっては間違いなく優勝を勝ち取る最大のチャンスだと言えますが、そもそもここに至るまでが番狂わせだらけの大会。結果がどうなるのか全然予想できないのが面白いところです。

先が見えない大会、マッチングのオッズは?

▲Siege.ggのバーチャルオッズ

『R6S』eスポーツリーグ情報サイトであるSiege.ggの大会準々決勝バーチャルオッズは上記の通り。

初戦のDarkZeroとFazeはオフラインに弱いという定評があるにも関わらずDarkZeroに傾く形に、ビザトラブルが尾を大きく引いているのは間違いないでしょう。試合結果は代打ちのNinext選手次第だと言えます。

NiP対Reciprocityも同じく、Reciprocityが新チームに見せかけたベテランであるという事とNiPの選手欠席が影響しているのか、勝利予想がReciprocityに傾く形。

そして3戦目のNatus対Wildcardは見間違えでは無いのかと疑うオッズ差に。APACとEUは実力に大きな差が開いているというのは共通の認識ですが、期待の新星VSベテランでこのオッズ差となると、ぜひともWildcardチームには勝ってほしくなりますね。同じAPAC地域のよしみで全力で応援したいです。

最後に4戦目のGiants対Aerowolf。こちらもEU対APACというマッチアップですが、上よりはやや大人しい差の開き方に。Aerowolfは予選ですでに爆発的な番狂わせを見せてくれましたが、GiantsというEUの巨人相手にも続いて一泡吹かせる事を願わん限りです。

レインボーシックス プロリーグ シーズン10 ファイナル in Japan概要

  • イベント概要
    • イベント名:レインボーシックス プロリーグ シーズン10 ファイナル in Japan
    • 日時: 2019年11月9日(土)・10日(日)
    • 会場: AICHI SKY EXPO ホールB 〒479-0881 愛知県常滑市セントレア5丁目
  • 配信情報:『レインボーシックス シージ』公式チャンネルにて全試合日本語配信。

日本初開催となるプロリーグでは大会視聴でゲーム内アイテムももらえるので、ぜひ贔屓のチームを見つけて応援しましょう。

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

コメントする