CoD:MW:期間限定モード「Infected」と「Gunfight O.P.S.」登場、ストアには新たな2つの注目バンドルも

CoD:MW:期間限定モード「Infected」と「Gunfight O.P.S.」登場、ストアには新たな2つの注目バンドルも

Activisionは今週中に『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』で2つの新しいモードが登場することを発表。新しいモードは現地時間12月10日から12月18日までプレイ可能で、さらにストアには新たな注目バンドルが2つ追加されることも発表されています。

期間限定モード「インフェクテッド(Inefecged)」と「ガンファイト O.S.P.」が登場

「インフェクテッド(Infected)」は、本作ではプレイヤー同士が生存をかけて戦うゲームモードと説明されていますが、前作の『CoD:BO4』を含め何度も過去作に登場しているモード。プレイヤーは生存者と感染者に分かれ、感染者は生存者を倒して全員を感染させることを、生存者は襲いかかる感染者から生き延びることを目的としたモードになります。

「ガンファイト O.S.P.」はベータにも登場したガンファイトの別バージョン。ガンファイトの基本ルールを踏襲しながらOSP(On Site Procurement / 現地調達)をテーマとし、スポーン時に何も持っていない状態から始まり、マップ上に散らばる武器や装備を拾って戦うという「バトルロイヤルモード」の感覚に少し近いモードとなります。

2種類の新しいバンドルがゲーム内ストアに登場

さらに、現地時間の12月10日には2種類の新しいバンドルがゲーム内ストアに登場。新しいバンドル名前は「Cold Blood」と「Mother Russia」となります。

『CoD:MW』新たなバンドル「Cold Blood」
『CoD:MW』新たなバンドル「Cold Blood」

「Cold Blood」バンドルには、オペレーター「Golem」の”Winter Warrior”スキンや、ハンドガンの設計図”White Out”、腕時計”Precious Commodity”などが含まれており、冷酷無比なキラーとしてのキャラクターを彩ります。

『CoD:MW』新たなバンドル「Mother Russia」
『CoD:MW』新たなバンドル「Mother Russia」

「Mother Russia」には、オペレーター「Yegor」の”Commuter”スキンや、LMGの設計図”Old Country”、とどめの一撃”Brass Tactics”などが含まれています。

ゲームモードの「Infected」は以前にリークされた情報にも追加予定と記されていたモードとなることから、今後も数多くのモードが追加されることが期待されます。

[噂] CoD:MW:23種もの新ゲームモード発掘、お馴染みInfectedやGrind、SnR、Drop Zone、謎のジャガノート対戦やFireteamなど

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: Charlie Intel

COMMENTS

  • Comments ( 15 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    生存者側でマップの草に匍匐擬態して隠れても、オペレーターの「敵を発見」「コンタクト」と言うせいでスルーした敵が光の如く速さで振り向いて突っ込んでくるから、セリフ機能をインフェクテッドでは無しにしてもらいたいなぁ

  2. By 匿名

    ノーマルガンファイトがやりたい~

  3. By 匿名

    ガンファイトはO.S.Pの方が好き

  4. By 匿名

    Infected悪くないけど見た目ちゃんとゾンビにしてくれねぇかな

コメントする

*