BFV:「今週のBFV」2020年第3号・特殊天候はブレイクスルーへ/チャプター6新情報/チャプターリワードXPの調整など

BFV:「今週のBFV」2020年第3号・特殊天候はブレイクスルーへ/チャプター6新情報/チャプターリワードXPの調整など

チャプター5「太平洋の戦い」が終わりを告げ、チャプター間の休息期間へと入った『Battlefield V(バトルフィールド 5)』。毎週恒例の公式通知である「今週のBFV」の第3号がRedditにて発刊されました。チャプター6に予定している内容も別スレッドにて軽く紹介されています。早速読んでいきましょう。

今週のテーマは引き続き特殊天候

1月16日から22日までは特殊天候が確実に発生するコンクエストローテーション「レイン&シャイン」でしたが、23日からも惑星BFは異常気象は続行。戦場をブレイクスルーに移した「キャッツ&ドッグス」が今週のテーマです。

▲「猫と犬が降ってくる」という、諸説の起源がある英語の慣用句が元。日本語でいう「土砂降り」といったところだろう

『BFV』の特殊天候に関しては『BF1』の濃霧も交えて先週紹介を行ったので、そちらをご参照ください。

BFV:「今週のBFV」2020年第2号・特殊天候詳細/M3グリースガン性能解析/サプレッサーの凶悪性能など

チャプター6はもう少し先、情報をプチ公開

「今週のBFV」とは別に、EAコミュニティマネジャーのAdam Freeman氏からコミュニティブロードキャストがRedditにて公開されました。タイトルは「チャプター6にチェックイン」です。以下に翻訳を交えつつ、内容をかいつまんで紹介していきます。

チャプター5「太平洋の戦い」総括

太平洋の戦いを通し新マップが3つ、新ビークルが14台、新武器が8本実装されました。ユーザーコミュニティに熱望されてきたレンタルサーバーサービス「コミュニティゲームズ」なども含め、コンテンツ量が一気に充実したと言えるでしょう。

武器バランスアップデートに関して

期間中に最も話題になったのは武器バランスです。遠距離交戦のプレイ感を改善できたとのことですが、いまだに賛否両論の論争が続いているのも事実。これに関しては新年以来の時間のほとんどを現状の研究に費やしたとして、なるべく多くのプレイヤーのプレイ体験を改善することに主眼を置きながら、熱意をもって調整を続けるとのことです。

特にアップデート6.2では、近距離戦闘の感覚を調整前である5.0時代の物に近づけることを目標としているそうです。詳細は6.0アップデート以降に明かされる予定ですが、リコイルやファイアレートなどを元の仕様に戻す事が示唆されました。

近距離向け銃器の30m以遠の戦闘力は5.0時よりも弱いままにしておくつもりですが、ダメージ曲線を緩やかに設定し距離減衰が極端にならないように再調整。遠距離向け武器となるセミオートライフルやピストルカービンなどは、ダメージ曲線をさらに伸ばし遠距離の適正を今よりも引き上げていくとしています。

アップデート6.0

  • アップデート時期は来週ではない。確定次第公開する
  • アップデート時に新コンテンツをある程度一気に実装する
    • 新マップ
    • 新武器
    • 新ガジェット
  • 「太平洋の戦い」でのフィードバックを元に、武器やガジェットのより多くをタイズ・オブ・ウォーの週間報酬からチャプターランクリワードに移動
    • 統計によると週間報酬武器よりもチャプターランク報酬武器の所得率のほうが高かったのも一因
  • ラウンド終了時のチャプターランクXP収入を調整し、試合中のスコアが高いほど報酬が増えるように
  • 大量のビークルバランス調整を実装
  • マップバグの修正
  • アップデート6.2ではさらなる修正や調整を予定中

おまけのQ&A

PartWelsh:EAコミュニティマネジャーのAdam氏。最近は『PUBG』でグライダーをかっ飛ばすことにハマっているらしい。

Braddock512:EAコミュニティマネジャーのJeff氏。DICE LA勤務なので今年の年明けにはその行方をBFプレイヤーたちから心配されたが、Jeff氏のみはしばらく『BFV』担当のままになる模様。

DICE LAがRespawn代表のVince Zampella氏の指揮下に入り新スタジオとして出発、改名でDICEの名前を外す予定

Q:5.0バランスって調整前だっけ?調整後だっけ?

PartWelsh:次回調整の基本となっているのは調整前である5.0時のデータだ。でも環境を戻すわけではないんだ、例えば一部の武器はより慎重に調整しないととんでもないことになるしね(やぁ試製くん)。全体的には遠距離でのダメージを伸ばしつつ距離減衰も緩やかにするから、結果からすると5.0時の数字に近づくことになるけど、5.0とはまた違う形になる。

Q:コンシューマー機のオートスナッピング機能はそろそろ削除しても良いんじゃないかな?

PartWelsh:この機能がなくなる予定はないけれど、オートスナッピングの強度を調整できる設定は6.0で実装される予定だ。

Q:チャプターランク報酬で入手できなかった武器は、チャプター終了後はどうなるんだい?チャプターランクは課金で購入できるわけだし、結局課金優遇にならないか?

PartWelsh:タイズ・オブ・ウォー報酬武器と同じく、チャプター終了数週間後に中隊画面からカンパニーコインで購入することが可能だ。

Q:コミュニティゲームズに関しては、何かアップデートはないの?

Braddock512:受け取った資料の中にはかなり良さそうな物も入っていたんだけれど、具体的な実装時期が確定するまでそれらの話をすることは許可されていないんだ。個人的には、一刻も早く実際に遊んでみたい機能ではあったよ。

訳注:以下の質問は先週も挙げられましたが、今週再度回答が行われたので再掲します。

Q:武器がラウンド終了後にアンロックされない問題について、EA Helpに連絡すればすぐ直してもらえるのは分かるんだけど、EA Helpみたいなサービスを使いたくない場合の回避方法はないの?

Braddock512:その問題を引き起こしている原因は2つある。

  • 1.リザルト画面を表示させずに試合を途中抜けをすると、武器が解除されなくなっている。これはリザルト画面表示と同時にアンロックされるシステムになっているから
  • 2.バグによってリザルトが表示されないと、兵士ランクがあがった上でリザルト画面を表示させるとアンロックされる

だから、一応EA Help抜きでもバグの回避は可能だ。兵士もしくは兵科ランクを上げてから正常なリザルト画面にたどり着ければ、バグっていた武器装備が一斉にアンロックされる。

『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は11月20日で、対象機種はPlayStation 4Xbox OnePC

Battlefield V (バトルフィールドV) - PS4

Battlefield V (バトルフィールドV) - PS4

3,200円(02/21 23:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENTS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    チーター対策もしない、バランスも取れない、バグも直せない
    一体このゲーム?の開発は何なら出来るんだか

  2. By 匿名

    ピストルカービンが遠距離武器とか正気か?

  3. By 匿名

    試製50発いらんくない?

  4. By 匿名

    ビークルのナーフと試製ナーフ、セミオートの強化くらいはさっさとやってくれよ
    現状、武器バランスもビークル対歩兵のバランスもとれてなさすぎる

コメントする

*