オーバーウォッチ:アップデート配信、環境ヒーロー弱体化やマクリー強化を含む計 6 ヒーローに調整

オーバーウォッチ:アップデート配信、環境ヒーロー弱体化やマクリー強化を含む計 6 ヒーローに調整

先週2020年1月24日に『Overwatch(オーバーウォッチ)』のPTR(パブリックテストリージョン)サーバーにてテストされていた調整が、一部変更を加えた上で早速実装されました。PTR調整の段階から変更があったヒーローはマクリー、オリーサ、シグマの3名となっています。

PTR時点での調整については、以下の記事をご覧ください。

オーバーウォッチ:オリーサとシグマにさらなる弱体化、その他マクリー強化を含む6ヒーローに調整(PTR)

ヒーロー調整

ハンゾー(弱体化)

  • 《電光石火》
    • ダメージを70から60に減少

マクリー(強化)

  • 《デッド・アイ》
    • 射撃時に照準をロックしないよう変更

体力の増加、《ピースキーパー》の射撃レート低下といった調整は実装されず、《デッド・アイ》の変更点のみ実装に。

リーパー(弱体化)

  • 《ザ・リーピング》
    • 回復量を与ダメージの40%から30%に減少

オリーサ(弱体化)

  • 《フュージョン・ドライバー》
    • ダメージを11から10に減少
  • 《フォーティファイ》
    • クールタイムを8秒から10秒に増加
  • 《ストップ!》
    • 効果時間を1秒から0.65秒に短縮

おおむねPTRの調整通りですが、《フュージョン・ドライバー》のダメージ低下が9から10へと若干マイルドになり実装されています。

シグマ(弱体化)

  • 《グラビティ・フラックス》
    • 叩きつけまでの間、スタン等で中断されるよう変更
    • 叩きつけ後の機動力低下時間を0.9秒から0.6秒に短縮
  • 《アクリーション》
    • 爆発ダメージを60から40に減少

《ハイパー・スフィア》の射程距離短縮調整がなくなっています。

《アクリーション》のダメージについては、PTR Patch Notesと同様に爆発ダメージの減少と書かれていますが直撃時のダメージもPTR同様低下したまま実装されています。おそらく直撃20+爆発ダメージ40の計60ダメージになっていると考えられます。

バティスト(弱体化)

  • 《バイオテック・ランチャー》(攻撃)
    • 射撃間隔を0.36秒から0.45秒に増加
  • 《バイオティック・ランチャー》(回復)
    • 回復量を60から50に減少

環境全体のバランスとしては、全体的に火力が抑えられた印象ですね。一部、やりすぎという声を聞くこともあったオリーサとシグマへの調整は若干マイルドに収まってはいますが、やはり大幅な弱体化。主流である2枚盾構成を超える構成が現れるのか新環境が楽しみです。

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC、Nintendo Switch。

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

7,373円(04/07 08:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: Overwatch Retail Patch Notes

コメントする

*