Xbox Series X 最新情報:初代Xboxからの互換対応済みソフトプレイ可能 / スペックはXbox Oneの8倍 / 対応フレームレート最大120fpsなど

Xbox Series X 最新情報:初代Xboxからの互換対応済みソフトプレイ可能 / スペックはXbox Oneの8倍 / 対応フレームレート最大120fpsなど

訂正: 互換性についての表現が誤っていましたので訂正しました。

2020年のホリデーシーズンに控える次世代コンソール機レースに向けて、マイクロソフトがXbox Series Xの最新情報を公式ブログで公開。その特徴はまさにXの名前を冠するにふさわしい自信に満ちた内容になっているようです。

Xbox次世代機「Xbox Series X」最新情報

本日、マイクロソフトのXbox部門のヘッドであるフィル・スペンサー氏がXbox公式ブログを更新。 今年のホリデーシーズンに発売を予定しているXbox Series Xの性能や、応答速度への徹底したこだわり、プレイヤーへのコンソールの世代交代による余計な出費を要求しないシステムといった、魅力ある新システムについて解説しています。
Xbox次世代機Xbox Series Xの最新情報が公開、初代XboxからSeries Xまで全てのソフトをプレイ可能でスペックはXbox Oneの8倍、対応フレームレートは最大120fps

パワーとスピードの優れたバランス

次世代カスタムプロセッサー

Xbox Series Xは高いフレームレートを始め、より巨大で洗練されたゲーム世界や、これまでのコンソール機ではなしえなかった没入感を生み出せるパワーとスピードが素晴らしいバランスで成り立っています。それを可能としたのがAMDの最新のZen 2とRDNA 2を独自にカスタムしたプロセッサーと、12 TFLOPSという強力なGPU(グラフィックプロセシングユニット)です。 このGPUは現行機では最高のパフォーマンスを発揮するXbox One Xの4倍、初代Xbox Oneの8倍にも及ぶグラフィック能力を誇ります。

可変レートシェーディング(VRS)

特許取得済みの可変レートシェーディング技術により、開発者がXbox Series Xの最大パワーを効率よく活用できるようになりました。 GPUが画面上に写っている全てのピクセルを一斉に処理するのではなく、特定のゲームキャラクターや重要なオブジェクトなど各々を順番に表現することで、画質を犠牲にすることなくより安定したフレームレートと高解像度を実現しています。

ハードウェアアクセラレーテッド DirectX レイトレーシング

コンソールでは初となるDirectX レイトレーシングを実装することで、本物のような光表現、正確な反射、リアルな音響といった、これまでよりもダイナミックかつリアリスティックな環境を期待できます。

Xbox Series Xのスピード

Xbox Series Xの開発チームはプレイヤーとゲームの間に存在する、コントローラー – ゲーム機本体 – ディスプレイそれぞれの間に存在する遅延や待ち時間を分析していかに短くするか研究しました。

SSDストレージ

次世代SSDを搭載することでゲームプレイの全ての面が改善されます。ゲームワールドは大きくダイナミックになり、ロードは一瞬で終わり、ファストトラベルは文字通りファスト(早く)なります。

クイックレジューム

新たなクイックレジューム機能により、複数のゲームを休止する前にプレイしていた場所やプレイしていたことを、長いロード画面での待機時間なしにほぼ即座に再開できるようになります。

ダイナミックレイテンシーインプット(DLI)

レイテンシー(応答性)をまずはプレイヤーとコンソールを繋ぐコントローラーから最適化。DLI機能により画面に表示されているものと入力を即座にすり合わせることで、操作はより精密かつ素早く反応するようになりました。

HDMI 2.1 イノベーション

HDMIを規格を制定するHDMIフォーラムとテレビ制作業者と手を組み、Xbox OneならびにXbox Series XをHDMI 2.1でTVに接続すると自動で遅延がもっとも少ないモードに切り替わるオート ロウ レイテンシーモード(Auto Low Latency Mode)と、ゲームのフレームレートとディスプレイのフレッシュレートを合わせることで滑らかでティアリングがないビジュアルを表現するバリアブル リフレッシュレート(Variable Refresh Rate)という2つのモードが合わさり、最低限の遅延と最高の応答性のゲーム体験を保証します。

120フレームレート対応

現行機の60フレームレートの2倍になる120フレームレートまで出力可能。

次世代の互換性

Xbox Oneの魅力の一つに旧世代機のゲームもプレイできる後方互換がありましたが、Xbox Series Xでは新作ゲームだけではなく旧作ゲームにも、強化されたビジュアルや改善されたロード速度といった恩恵をもたらします。

4世代互換

Xbox Series Xは初代Xbox、Xbox 360、Xbox One、さらにXbox Game Passに含まれている後方互換対応済みタイトルとの互換性を有しています。これらのタイトルには安定したフレームレート、より早いロード時間、改善された解像度とビジュアルが開発者に追加の仕事を要求せず追加されます。 また、Xbox One用のアクセサリーはすべて利用可能です。

スマートデリバリー

一度ゲームタイトルを購入すると、Xbox OneでもXbox Series Xでもプレイが可能な機能「スマートデリバリー」。たとえばXbox Series Xが発売される前にXbox One版のタイトルを購入していると、Xbox Series X版がリリースされる際に無料でアップグレードされます。この機能は『Halo Infinie』を含む全てのXbox Game Studios勢タイトルに対応しているほか、開発者/パブリッシャーはこの機能を採用するか選択できます。 その一環として、9月にリリースされる『サイバーパンク 2077 (Cyberpunk 2077)』のXbox One版を購入すれば、Xbox Series X版を追加で購入する必要はないとCD PROJEKT REDが発表しました。

Xbox Game Pass

マイクロソフトが提供するゲームサブスクリプションのXbox Game Passは、今後も『Halo Infinite』などXbox Series X向けタイトルを含むファーストパーティ製のゲームを発売日と同時に解禁するとのこと。

以上が今回のブログ更新により明かされたXbox Series Xの機能です。 SSDの容量やプロセッサーの電圧といった詳細なスペックについてまでは触れられていませんが、より詳しい情報は今年6月に開催される「E3 2020」にて明かすとのことです。

実は筆者は昨年12月に行われた「The Game Awards 2019」にてフィル・スペンサー氏と少しだけ会話する機会があったので、今年はXbox Oneタイトルの買い控えがあるのではと尋ねてみたところ、それについては近々話せる予定とだけ聞かされていましたが、どうやらそれこそがスマートデリバリーのようでした。これはユーザー側にとっては余計な出費を心配することがないシステムです。

ホリデーシーズンに始まる新たなコンソール戦争にむけてマイクロソフトは魅力のあるアピールを行いましたが、SIEの次世代機PlayStation 5がどのような発表をするのかも楽しみです。 今年のホリデーシーズンはまたゲームファンにとって例年以上に熱い時期となりそうです。

Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2

Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2

14,827円(07/02 07:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: Xbox, @CDPRJP

購読
通知
guest
15 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
Anonymous
Anonymous
4 月 前

ps5がこれと同等の性能出る気がしないんだが
クロスプレイもあるだろうしxbox買った方が良さげか?

某
4 月 前

コンソールオンリーゲーマーの人は、これにしろPS5にしろモニターを新調する必要性があるな。
いくら高性能なコンソール機でもモニターがポンコツでは最大限活かしきれない。
詰まる所、コンソール+モニターの出費は覚悟して置かなきゃな。それかゲーミングPC+モニターも視野にいれるか。

Anonymous
Anonymous
4 月 前

PS5のスペックを予想する目安になるな

あ
4 月 前

HDMIの規格かわるんならモニターも変えなきゃいけなくない?現行のなんてほとんど1.4とかだったと思うけど…
次世代xboxが出せる最高のパフォーマンスを引き出すのに結局、本体含めて10万近くかかるオチだよねこれ。それだけ金出すんなら(出せるなら)pcでやったほうがよくないかな…

RedBull
RedBull
4 月 前
返信する 

PCはチーター多いし

Anonymous
Anonymous
4 月 前

レイトレーシング対応 HDMI2.1対応 120fps出るというマイクロソフトの本気を見た
これは買いだな

Anonymous
Anonymous
4 月 前

クロスプレイ対応タイトル増えてきたし、PS5と好みで選んでも困らないかも。

Anonymous
Anonymous
4 月 前

熱問題こそあったけど360は比較的印象良かったのにoneが残念仕様だったからね
反省を踏まえて妥協せず盛り込んだなと、全タイトルではないだろうけど下位互換も抜かりない
魅力的なんだけどサーバーの分散あるからPS5選んじゃうな

Anonymous
Anonymous
4 月 前

でも人居ないんでしょう?

Anonymous
Anonymous
4 月 前

最低でも5万だろうけど、これなら確実に売れるな。日本以外は

RedBull
RedBull
4 月 前

すげぇなw