CoD:MW:無料バトロワ「ウォーゾーン」海外レビュー、ブラックアウトから改善/独自アイデアも盛りだくさん/“無料”強し

CoD:MW:無料バトロワ「ウォーゾーン」海外レビュー、ブラックアウトから改善/独自アイデアも盛りだくさん/“無料”強し

Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』の無料バトロワモード「ウォーゾーン」が始まり、海外サイトMETROでも初レビューが掲載されています。その中から一部抜粋してお届けします。

お金はかからないが、時間をかける価値は?

METROのレビューによれば、「『CoD: Warzone』は本編『CoD:MW』発売前からその概要がリークされ、リリース前には具体的な詳細も丸ごと明かされていた。しかしそれでも、ウォーゾーンはサプライズの塊だった」と、ファンの期待を大きく上回ったその出来栄えを讃えています。中でもCoD+バトロワ+無料という点が好感触だったようです。

  • CoDの最高のガンファイトはそのままに、バトロワが楽しめる!
  • 『CoD:MW』本編ソフトを持っていなくても無料でダウンロードできる
    • Xbox OneではXbox Live Goldの登録が必要だが、PS4ではPS Plusの登録も必要ない
  • 1,000CODポイントで買えるバトルパスもあるが、内容はすべて外見変更アイテムなので興味がないなら買わなくてもいい。

他のバトロワにはないディティール

Call of Duty®: Warzone – Battle Royale

また、大部分は他のバトロワ系タイトルと同じでも、ディティールは大きく異なっており、「拝金主義の産物などとは呼べない、多数のアイデアが盛り込まれている」こともポイント。バトロワ系に慣れたプレイヤーも、CoD型のFPSが好きなプレイヤーも、まとめて今回のウォーゾーンに集められる魅力を感じたようです。

  • 現時点で「ウォーゾーン」は1試合あたり最大150人という規模で、将来的には最大200人を目指している
    • 普通のバトロワより大規模だが、マップが元から大きいので200人になっても大した違いはないだろう
  • マップは十分すぎるほど広いにも関わらず、建物も細かく作り込まれている
  • 特に良いアイデアがThe Gulag(収容所)。たとえ死んでも、ここでの1対1の戦いに勝利すれば敗者復活のチャンスがある

「ブラックアウト」からの改善点

CoD Warzone コール オブ デューティ ウォーゾーン

「CoDのバトロワ」といえば『BO4』の「ブラックアウト」ですが、前作から得られたフィードバックが今回の「ウォーゾーン」に活かされていると思しき点にも触れています。

  • 「ブラックアウト」ではストレスとなっていた操作性の悪いインベントリなどは改善された
    • キルしたプレイヤーのアイテムをより簡単かつ素早く回収でき、銃弾も自動で拾える
  • ロードアウト画面はMW本編と同じなので、ハンドガン一丁でバトロワに乗り込んでも同じように操作できる
  • アーマーの増強もシンプルな加算方式なので、異なる種類のアーマーから選別する必要がない
  • MW本編をプレイしているなら、ゲーム内通貨で本編のロードアウト(カスタム装備)をエアドロップで回収できる
    • 本編に時間を費やしてきたプレイヤーに対するもっともなアドバンテージ
    • ただしこの機能については不満の声も多く、今後アクティビジョン側が変更を強いられるか、ファンの反応を見ていく必要がある
  • キルストリークは自分で拾うか、ゲーム内通貨で購入できる
    • スキルベースのマッチメイキングではないため、ハイレベルなプレイヤーばかり有利になるのを止めたいのだと思われる
  • オペレーターたちもウォーゾーンに登場するが、出てくるのはその外見だけ。MW本編の各ゲームモードのようにスペシャルアビリティは使えない
  • 回復アイテムもない代わりに、自動回復がある

「プランダー」はまだこれから

Call of Duty®: Warzone – Plunder

一方でウォーゾーンには第二のモード「プランダー(略奪)」もあります。

  • 見どころは、CoDシリーズらしからぬキャッシュの略奪行為が楽しめること
  • 最初に100万ドルかき集めたチームになることが目的
  • キャッシュを消費することでリスポーン可能
  • 危惧される程には卑劣なプレイで稼げるわけでもない
  • プレイ人口の面で「プランダー」は「バトロワ」に対抗できそうにないが、追加コンテンツとしては大歓迎

バトロワでゲームの寿命は延びるか

「リリース時点でのマッチメイキングも極めて脆弱(ぜいじゃく)だ。ただしこれについて確信があるわけではない。というのも多くの人にはロビー画面で150人全員が集まるまで待っていられる忍耐力がないからだ。150人という規模に慣れていないのもあるだろう。」と、バトロワ系に特有の問題に触れつつも、フリープレイにしたことは、新規プレイヤーの獲得とプレイヤー人口維持の面で明確な効果があったと分析しています。今後のシリーズのライフスパンを考えるうえで、フリーコンテンツは重要なポイントになりそうです。

  • リリース初日は非常に多くのプレイヤーを集めていた。
  • ウォーゾーンはゲームソフト単体の寿命を著しく伸ばすだろう
  • 他のバトロワゲームにも対抗できることは明らか
  • 気になるのは、ブラックアウトのときのように人々の関心がすぐに消え去ってしまうかどうか

リリース初日に600万人のプレイヤーを集め、立ち上がりは大成功と言って問題ない「ウォーゾーン」。それでもプレイヤーによっては、細かい改善要望や、今後のアップデートに期待していることなどたくさんあることでしょう。自分でプレイしたり、配信者のプレイを視聴してみたときの感想など、ぜひコメント欄に書いていってください。

CoD:MW:バトロワモード「ウォーゾーン」を 開始24時間で600万人がプレイ、無料プレイで好スタート

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: METRO

COMMENTS

  • Comments ( 35 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ちょっと町の方に出たらビルがにょきにょきしてるから何かとビルの屋上で篭もるゲームになりがちなのがな
    あとゲーム性的に3人分隊強制の意味がどうも薄いしピンシステムも必要最低限過ぎて微妙に痒い所に届かないから素直にソロモードが欲しい
    収容所の妙なテンポの悪さもソロだったら分隊員のこと気にしなくていいから気楽だし

  2. By 糞

    個人的にソロ追加しないとゴミだわ

    • By 匿名

      ソロあるし、屋上はキルストで爆撃されるはずだけど

  3. By 匿名

    良い点はたくさん上がっていると思うので、気になる点を列挙

    ・マッチが終わるたびにパーティーが解散するの勘弁
     スクアッドリーダー以外が操作するとパーティーを抜けることになるので、いちいち面倒。

    ・足音
     明らかに味方の足音と敵の足音のバランスがおかしい。
     感覚的には見方はアウェアネス。敵はデッサが常についているような感じ。
     イコライザの設定とか言わないでね。

    ・収容所の待ち時間
     ナニコレ意味わからん。やられてショックなのに、なぜ他人の試合を上から観戦せねばならんのか。いらない。百歩譲ってそれはちょっと雰囲気あるからいいとして、他の待ってるプレイヤーの殴り厨と絡まなければいけないのが本当に鬱陶しい。ストレスでしかない。

    ・リスポーンが上空からなのは全然かまわないが、それによる超高所強ポ取りが辛すぎる。ゲームの性質上取り返すのが困難過ぎて、強ポイモリゲーにならんか心配。

    こんな感じです。CODおよびバトロワ大好き過ぎて辛辣でしたらすいません。改善してくれたらどっぷり漬かりたいんですが。

  4. By 匿名

    復活戦が高評価とかまじかよ…
    個人的には金稼ぎの方が好き、リスを初回から離れたところにしてくれれば文句ない
    なによりロードアウトいじれるしな

  5. By 匿名

    個人的にはApexより面白い。これで無料は文句ないわ

  6. By 匿名

    ゴミゲー
    アプデ来るまで待つわ

  7. By ぴよん

    良心的な神ゲーだと思う。
    試しに是非、何試合かやってみるべき。

    刑務所タイマンの立ち回りと、チームメンバーがお金を貯めてさえいれば、持久戦ワンチャンあるのが良い。
    武器バランスが今のところそこまでぶっ壊れてもいない。
    (SRとMRは少し他より有利な気もしますけど)

    マップ画面含め、ピンマークの配置と削除が、割と面倒(笑)

    気になる点!
    ストリークの存在。
    何よりもロードアウト装備。これはマジで要らない。(現地で集めてくのが楽しい要素でしょう)
    これはバトロワならばこそあるべきものでは無い。

  8. By 名無し

    問題視されてるロードアウトドロップは分隊員全員のロードアウトの中から選べるようにすればいいのでは?と思う。
    こうする事で分隊員の中で製品版勢が一人いれば不満が出ることはなくなる。
    もしロードアウトドロップの要素自体を無くすことになるなら、アタッチメントもマップに配置してカスタムしていくPUBG形式になると思うけど、そうなっても結局製品版勢はいつも通りのアタッチメントを付けて使いやすいカスタムになる一方、新規勢からはそもそも自分の使いやすいアタッチメントが分からないので結局は製品版勢のほうが有利。
    それなら他のバトロワに無い要素としてロードアウトドロップは大いに有効だと思う。
    問題はそんなことり、初期安置の3分の1がエリア外になってる事があるので早急な対応をしたほうが良いと思う。あと、現状150人で割とどこに降りても敵とすぐに接敵するから、200人に増えたらもはや地獄になると思う…
    せめて航空機から目的地に向かう際もう少し遠くまで行けるようになるとマップ全体を使うことができるので降り立ってすぐにデスしてしまう事を防げると思う。

  9. By 匿名

    キルストマジいらん
    あとバウンティ?で自分の位置マーキングされるのまじクソ

  10. By 匿名

    ビルの屋上とキルストリークだけはほんとにいらない

    • By 匿名

      上の方でも同じ事言ってる人がいたけど、関係が逆でキルストリークがあるからビルの屋上が許されるのでは? ビルの屋上で芋砂してもエアストライクで吹っ飛ばせるので・・・。

コメントする

*