レインボーシックス シージ:バトルパスは3月25日に実装、プレミアム版は1200R6クレジット(1,320円)/アイテム50種/全35ティア

レインボーシックス シージ:バトルパスは3月25日に実装、プレミアム版は1200R6クレジット(1,320円)/アイテム50種/全35ティア

『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』の新シーズン「オペレーション・ヴォイドエッジ」は日本時間3月11日深夜から全プラットフォームでスタートしたばかり。新オペレーターIana(イアナ)とOryx(オリックス)、リワークされた「オレゴン」が実装された一方で、「バトルパス」は未実装のままでした。しかしシージの公式配信の中では、「3月25日」と具体的な日付が発表されていました。

公式配信の締めくくりに発表

3月11日にUbisift North Americaチャンネルから、「ヴォイドエッジ」に登場する新オペレーターを実際にプレイする配信が行われていました。配信を務めていたのはUbisoftのライター兼ホストスタッフのYoussef Maguid氏(@youssefmaguid)とChris Watters氏(@CTWatters)。そして配信の締めくくりの部分で、バトルパスについて明言がありました。

Tom Clancy’s Rainbow Six Siege: Operation Void Edge Launch Stream | Ubisoft [NA]

(動画の1:17:45あたり)

Youssef Maguid氏と、Chris Watters氏
Chris Watters氏(左)と、Youssef Maguid氏(右)

Youssef: 見てくれてありがとう!「オペレーション・ヴォイドエッジ」はたった今スタートしたところだ。新オペレーターのIana(イアナ)とOryx(オリックス)は、イヤー5パスを持っている人ならすぐに使える。持っていない人は3月17日から名声かR6クレジットでアンロックできる。バトルパスが登場するのは3月25日、値段は1200 R6クレジットだ。イヤー5パスを持っていれば30%オフ。進行するのも30%早くなる。

判明しているバトルパスの詳細

Around the world バトルパス

  • 正式名称はAround The World バトルパス
  • 対戦終了後にポイントが加算され、一定のポイントを集めるとティア(ステージ)が上昇し、アイテムがアンロックされる
  • 全35ティア、アイテムは50種
    • 無料バトルパスと、有料のプレミアム・バトルパスが同時進行する
    • プレミアム・バトルパスは1200 R6クレジット。イヤー5パス所持者は30%オフ(840 R6クレジット)
    • イヤー5パス所持者はバトルパス・ポイント獲得量が30%ブースト
  • アイテムは新オペレーターや、オペレーターたちの個々のエピソードをフィーチャーしている

原型は昨年の8月に

新しいバトルパスに描かれたオペレーターたちのコンセプト・アートですが、スタッフの一人であるBajolle氏(@ebajolle)が、2019年8月の「シックス・メジャー・ローリー」が開催されたころに、自身のツイッターで公開していたものがその原型のようです。

このとき「じきに動いているところをお見せします」と語っていたこれらのイラストが、半年ほど経ってバトルパスという形でプレイヤーの前に現れたようです。1シーズンの準備はリリースのおよそ9ヵ月前からスタートしているという話なので、上のイラストの詳細が約半年後に明かされたのも頷ける話です。

そして今後も、スタッフのツイートなどから詳細不明の情報やアート類が出てきた場合、覚えていれば半年後くらいに、何らかのコンテンツとしてゲームに登場するのかもしれません。

『レインボーシックス シージ』「オペレーション ボイドエッジ」101トレーラー

バトルパス01

バトルパス02

レインボーシックス シージ:「オペレーション・ヴォイドエッジ」リリース! 新オペレーターIANA・ORYX詳細/オペレーター調整/シーズン1コンテンツ総まとめ

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Ubisift North Americaチャンネル

購読
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る