CoD:ウォーゾーン:ストーリー仕立てのイベントを計画中、意識しているのは『フォートナイト』か

CoD:ウォーゾーン:ストーリー仕立てのイベントを計画中、意識しているのは『フォートナイト』か

『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』のストーリーはキャンペーンモードで完結していますが、シーズンコンテンツのトレーラーなどからは、本編の続きが描かれていることがうかがえます。本編ストーリーとのつながりが見られる無料バトロワ『ウォーゾーン』でも、今後はストーリー仕立てのイベントが予定されているようです。

新たな物語はどう描かれるか

3月10日にリリースされた無料バトロワ『ウォーゾーン』は、プレイヤー数が世界で5,000万人を超え、頻繁なアップデートによってゲームモードも増加し続けており、今後の新コンテンツに期待が高まります。1ヵ月半ほどが経った今、気になるのは広大な戦場「ヴェルダンスク」の先何か大きな変更はなされるのか、あるいは完全な新マップが登場する予定はあるのか、という点です。

ヴェルダンスク市街

VentureBeatがインフィニティ・ウォードのナラティブ・ディレクターであるテイラー・クロサキ氏に行ったインタビュー(英語)では、『CoD:MW』本編のキャンペーンとはまた違う、『ウォーゾーン』のストーリーをどう組み立てるかについて語られていました。

ここで言う「ストーリー」とは、主人公と敵がいて、プロローグがあってエピローグがあって…、といったものに限りません。『ウォーゾーン』が意識しているのは、バトロワジャンルの金字塔の一つ『フォートナイト』が昨今しかけたような、コミュニティの間でも共有されるストーリーです。

フォートナイト:マップにブラックホールが出現しプレイヤーも島もロビー画面も全部吸い込む、全モードプレイ不能

フォートナイトの世界がブラックホールにのみこまれ、全サービスが停止したワンタイムイベント「ジ・エンド」は、突然のサービス終了宣言なのかとあらゆる地域のSNSで大騒ぎになりました。クロサキ氏は「ああいうものこそが、まさに私たちが取り組んでいるもの。計画してきたことなんです」と述べています。

『ウォーゾーン』と本編とのつながり

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア シーズン3 ゲーム内トレーラー [JP]

時系列は定かではありませんが、『ウォーゾーン』は『CoD:MW』本編の「スペシャルオプス」と同様、キャンペーンクリア後の続編として読み取れます。

『ウォーゾーン』リリース前のシーズン1では、新オペレーターMara(マラ)とNikto(ニクト)がリマスターされた「Crash」マップで戦っている姿が見られました。DLCの宣伝としては無難な形ですが、このカットシーンの最後には重要キャラクターであるアル・アサドが、リマスターされた「Broadcast」マップ内から戦場を眺めているシーンが挟まれているなど、「本編終了後のストーリー」を匂わせていました。アル・アサドのセリフからは、墜落したヘリコプターから漏れ出していたガスが、『ウォーゾーン』でプレイヤーの行動範囲を制限するあの毒ガスと同じものであると考察することもできます。

シーズン2の予告では、ヴェルダンスクの空港に到着したゴーストの姿が描かれています。これについてクロサキ氏は、「ゴーストは仲間のオペレーターたち、つまりあなたがたプレイヤーがその足跡を終えるよう、わずかばかりの情報を残しています」と説明しています。

『ウォーゾーン』独自のストーリー

さらにシーズン3ではゴーストのバックアップ要員として、戦死したかと思われたAlex(アレックス)が登場します(爆発からどうにか生き残ったようです)。「新シーズンのトレーラーには、それがキャンペーンの続きであるとわかるような印をつけています」というクロサキ氏の言葉通り、明確ではないもののストーリー自体はつながっているようです。「ただしそうしたつながりはすべて、イースターエッグや隠しエリアといった形で、『ウォーゾーン』をプレイしたプレイヤーが自分の手で見つけ出せるようにもしています」とも続けています。「『ウォーゾーン』での新しい物語は、これまでとはまったく異なる形で語っていくつもりです」。

スタジアム東側にある謎のバンカー

CoD:Warzone:無料バトロワ「ウォーゾーン」に複数のイースターエッグ、イベントやアイテムが隠されている?

ゴーストとアレックス、そして過去にも話題になった謎のバンカーの存在など、新しい物語を描く要素が数多く見られる『ウォーゾーン』ですが、最終的にこれらがどうつながっていくのでしょうか。また、ゲーム内のカットシーン以外のどんな形で語られるのでしょうか。クロサキ氏は次のようにコメントしています。「我々かどこに向かっているかは分かっていますし、どこから始めるかも分かっています。問題は、結末に至るまでどのくらいかかるかという点です。それはファンの皆さん次第です」

CoD:MW:生まれ変わった重要キャラクター「プライス大尉」のメイキング映像公開、誰もが“目標とする男”(日本語)

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: Kotaku

コメントする

*