レインボーシックス シージ: 新イベント「ATTRITION」がスタート、オペレーター”使い切り”の新モード

レインボーシックス シージ: 新イベント「ATTRITION」がスタート、オペレーター”使い切り”の新モード

速報:随時更新

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー5シーズン2『オペレーション・スティールウェーブ』が進行中。日本時間7月9日深夜からは、アーケードモード用の新イベント「ATTRITION」がスタートしました。

オペレーター「使い切り」の特殊ルール

普段のシージとは異なる特殊ルールで実施される「アーケードモード」に新モードがスタートしました。7月9日から13日までの期間限定イベントです。

この「ATTRITION」はアンランクに似たルールですが、オペレーターBANルールがありません。その代わり、オペレーターは「使い切り」。たとえば1ラウンド目で勝利した場合、次のラウンドでは前回選んだ5人のオペレーターは全員使えないというルールになっています(新兵は最初からピック不可。ランダムもなし)。まさに「ATTRITION(人員損耗)」の名にふさわしい苛烈なモードと言えるでしょう。

ルール画面

ルール説明画面

ルールはアンランクとほぼ同じ、1ラウンド3分。4ラウンド先取制になっています。

2勝しての3ラウンド目。オペレーターの選択肢がどんどん狭まっていく

2連勝した場合は10人のオペレーターが使用不能になりますが、攻守交代しての4ラウンド目からはオペレーターの顔ぶれも変わるため、再び全員ピックできる状態になります。

「イベントボーナス」でバトルパス進行も捗る

アーケードモードとは

アーケードモードは、特別なコスメティックアイテムやマップが登場するシーズンイベントとは異なる、「通常のシージに少しひねりを加えたルール」で行う短期間のイベントです。

シーズン1「オペレーション・ヴォイドエッジ」では、一撃で相手を確定キルできるD-50「黄金銃」を使ったイベントが実施されていました。

レインボーシックス シージ: 特殊ゲームモード「アーケード」開始、“黄金銃”で一撃キルを狙え

今回の「ATTRITION」はアンランクモードに近いので、「黄金銃」よりはきっちりとした戦い方が求められます。オペレーターピックも勝てば勝つほど制限されていきますが、攻守交代すればリセットされるため、普段からボム位置ごとに使用オペレーターを決めている方なら普段通りに戦い抜けるでしょう。

実際にプレイしてみた感想や、発見した有効な戦法などあれば、ご自由にコメント欄にお寄せください。

購読
通知
guest
3 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
Unti
Unti
30 日 前

このモード普通にありやと思う

黒木
黒木
30 日 前

アンランクモードに使いになってますよ!
近いじゃないすかね?