CoD:BOCW(仮):ティザーサイト更新、歴史映像とともに暗号解読ラウンド2がスタート

CoD:BOCW(仮):ティザーサイト更新、歴史映像とともに暗号解読ラウンド2がスタート

2020年の新作『Call of Duty: Black Ops Cold War(コールオブデューティー ブラックオプス コールド・ウォー)(仮)』。待望の公式発表を前に、先日は世界中のメディアやストリーマーの元に謎のクレートが届いたことから夜通しの暗号解読イベントが始まり、新作のティザーサイトへと辿り着くことができました。

そして日本時間8月15日午前1時。ついにそのティザーサイト「Pawn Takes Pawn」の画面が更新されました。

ティザーサイトに新ページが登場

約束の時間である日本時間8月15日午前1時になると、ティザーサイトが更新されました。

ブラウン管テレビに激しくノイズが走り、右手のビデオデッキの上には「1961-62」とラベルの貼られた1本のビデオテープ。そしてテレビには「EMC2」の文字が。

EMC2」についてはアインシュタインでおなじみの質量とエネルギーの関係を示す等式を指していると思われます。これをアドレス欄に入力することで次のページに飛ぶことができました。

チェス板と一枚の紙。紙には「8/14 – DAY ONE: 1961-62」の文字が。

また、前のページに戻ってビデオテープをクリックすると、昔のニュース資料と思しき映像が流れ始めます。動画は約20分程度。

これは一体何を現わしているのでしょうか。

Source: PAWN TAKES PAWN

コメント

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By あ

    正直今となってはAWとかBO3のブースト結構楽しかったなって
    当時はキレ散らかしてたけど

  2. By 名無し

    なんだ良かった
    未来じゃなくてちゃんと冷戦期みたいだな

  3. By まかふぃ

    流れをリアルタイムで見てたらこんな時間になってしまった。
    ほなまた明日の公開を…

  4. By あ

    早漏だからもう無理
    はよしないともう出るっ!!

    • By えぴっくげーむはさいこうのげーむがいしゃ

      早漏兄貴…あれだから、asmr特有の3以降のカウントがなかなか進まないやつだから
      一緒に耐えようぜ!

コメントする