CoD最新作『CoD:BOCW』:キャンペーントレーラー公開! 米ソ冷戦を舞台にした”BO1の正統続編”で現地時間11月13日発売

CoD最新作『CoD:BOCW』:キャンペーントレーラー公開!  米ソ冷戦を舞台にした”BO1の正統続編”で現地時間11月13日発売

TreyarchとRaven Softwareが共同で開発中の新作『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』。

発売日は現地時間11月13日であることが正式に発表されました。

発売日は現地時間11月13日に決定

𝙲𝚊𝚕𝚕 𝚘𝚏 𝙳𝚞𝚝𝚢®: 𝙱𝚕𝚊𝚌𝚔 𝙾𝚙𝚜 𝙲𝚘𝚕𝚍 𝚆𝚊𝚛 – 𝚁𝚎𝚟𝚎𝚊𝚕 𝚃𝚛𝚊𝚒𝚕𝚎𝚛

『CoD:BOCW』のキーアート

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』は現地時間11月13日PlayStation 4Xbox One、そして「Battle.net」からダウンロードできるPC版が発売決定。

さらには、具体的な日時は記載されていませんが、次世代ゲーミングコンソールであるPlayStation 5版とXbox Series X版でも発売されます。

『CoD:BO1』の正統続編

ついに公開された『CoD:BOCW』のキャンペーンモードは、ブラックオプスシリーズ第1作の正統続編として位置づけられます。

『CoD:BO1』では60年代の政治的陰謀を軸に、主人公アレックス・メイソンのパラノイア体験を描いた魅力的なストーリーテリングで高い評価を得ました。今回の『BOCW』は米ソ冷戦状況下。「第三次世界大戦」という言葉が現実味を帯びていた1980年代のアメリカを舞台に、再び2つの大国の陰謀とパラノイアが絡み合うディープな世界が展開されます。

BO1の正統続編ということで、新キャラクターはもちろん、BO1のキャンペーンモードで活躍したハドソンやウッズ、そしてメイソンも再登場。他にも時代を象徴する人物たちが出演します。

『BOCW』では、80年代の東ベルリン、ベトナム、トルコ、旧ソ連時代のモスクワといった多様なロケーションを舞台とし、当時の風景を小物1つに至るまで細かく調査してゲームに描出。さらに80年代アメリカのポップカルチャーも「面白い形」で導入しているとのこと。

キャラクター・クリエイト要素あり

『CoD:BOCW』で中心となるのは、顔に大きな傷痕をもつCIAエージェント・ラッセル・アドラー。ベトナム戦争時代から国のためにどんな任務でもこなしてきたというこの人物が語り手も務めるようですが、それとは別に、プレイヤーはキャラクター・クリエイトの要素が導入されています。

キャンペーン開始時に、自身の性別経歴(CIA、MI6、元KGB)、精神的バックボーン(偏執的、暴力傾向、一匹狼)などを自分で決め、これらの設定はストーリー展開にも影響を与えるとのこと。

マルチエンディング

ブラックオプス・シリーズの前作『Bo4』にはなかったキャンペーンが復活しただけでなく、今回のキャンペーンはマルチエンディング・シナリオとなっています。

キャンペーンで描かれるさまざまなイベントには数多くの選択肢が現れるだけでなく、その全体像もメインミッションサイドミッションの2つに分かれています。

メインミッションは、主人公らが任務を達成するための「証拠品」が欠けている状況からスタート。サイドミッションを通して、新しい「証拠品」や新しいミッションそのものをアンロックしていくという形式です。

サイドミッションをどれだけこなし、「証拠品」をどれだけ集めたか。さらに各ミッションでプレイヤーが行ってきた選択が、ストーリーの結末を変化させていきます

マルチプイレヤー要素

キャンペーンだけでも見所満載の『CoD:BOCW』ですが、マルチプレイヤーモードでも次世代のまった新しいCoD体験を提供してくれます。

マルチではブラックオプスシリーズではおなじみのゾンビモードも実装され、さらにInfinity Wardが手がけるCoDシリーズの無料バトロワ『ウォーゾーン』とも一部のコンテンツを共有します。

マルチプレイヤーモードのゲームプレイ映像は、現地時間9月9日、TwitchのCall of Duty公式チャンネルでも公開されます。

他にもマルチに関しては以下の情報が発表されました。

  • 『CoD:BOCW』ではシリーズ初のクロス・ジェネレーション・システムを採用。PS5版とPS4版のプレイヤーが協力してプレイ可能
  • クロス・プログレッションも採用されており、たとえばPS4版で収集した各種アイテムを、アカウントをリンクさせることで他のプラットフォームで使用可能
  • 『CoD:MW』と同様にバトルパスも導入。マップやモードを含めて継続的に新しいコンテンツがリリースされ、コミュニティイベントも随時実施
  • 『ウォーゾーン』とのクロス・プログレッションにも対応。インベントリに追加したアイテムは、『CoD:BOCW』と『ウォーゾーン』の両方で使用可能
    • オペレーターや設計図など、『Cod:MW』のコンテンツにも引き続きアクセス可能

マルチプレイヤーモードの詳細については現地時間9月9日に発表されるとのことです。

またブラックオプスシリーズではおなじみとなったゾンビモードについては、数週間後に詳細を発表とのことです。

いよいよその全体像が見えつつある今年の新作『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』。今回リリースされた情報からどんなことを期待しますか?ぜひコメント欄にお寄せください。
 
『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series Xで、発売日は現地時間2020年11月13日(PS5版/Xbox Series X版は2020年末)。

Source: PRESS RELEASE

購読
通知
guest
12 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
あ
1 月 前

とにかくポリコレ意識でマルチに女キャラ出すなよ

ななし
ななし
1 月 前

クロスジェネレーションはいいけどPCとのクロスプレイは勘弁

ゾンビ廃人
ゾンビ廃人
1 月 前

うおおおおおおあおおおあおおおおお
ゾンビモードだぁぁぁぁぁぁぁあ
完結したけどちゃんと出してくれるの嬉しい
ストーリー内容がめっちゃ気になるぅ

ALBA
ALBA
1 月 前

最近発表された大手ゲームは無料アップグレードが多いけど、推してないってことは別途購入なのか?

AS
AS
1 月 前

コールドウォー発売後もBO系の新作を作るならBO2以降のBO3、4を無かった事にして作って欲しいな〜

アウツ
アウツ
1 月 前

11/13発売で対象はPS5ってことは、それより前にPS5が発売されるのか?

なまえ
なまえ
1 月 前
返信する  アウツ

PS5版発売日11/13とは明記されてないはず…

l96
l96
1 月 前
返信する  アウツ

具体的な日時がわからないみたいなので少なくとも11月13日以降だと思います。

tik tok
tik tok
1 月 前

あれ?天安門要素は?

名無し
名無し
1 月 前

うわーんマルチエンドかー!
キャンペーンに映画的没入感を求めてる身としてはマルチエンドは苦手なんじゃー
キャラクリエイトは好きだけど・・・

サイコ
サイコ
1 月 前
返信する  名無し

BO2のキャンペーンが好きじゃない理由の一つがそれ

アホの子
アホの子
1 月 前

おいおいおい、マルチFPSゲームでマルチエンディングとキャラクリエイトだってぇ!?
そんなことされちゃあ、予約しちまうじゃねえかぁ!!