Call of Duty League:H3CZが「OpTic Gaming」ブランド再取得、大会出場枠をめぐって競争激化か

Call of Duty League:H3CZが「OpTic Gaming」ブランド再取得、大会出場枠をめぐって競争激化か

公式eスポーツ大会「Call of Duty League」にはシカゴ・ハンツマンとロサンゼルス・オプティックゲーミングの2チームが出場していますが、このハンツマン代表であるH3CZ氏が「OpTic Gaming」ブランドを再取得したと報道されました。

真の「OpTic Gaming」復活へ

2019年6月に北米のeスポーツ企業「Immortals Gaming Club」は、OpTic Gamingの親会社である「Infinite Esports & Entertainment」を買収。その後、Immortalsはロサンゼルス・オプティックゲーミングとして「Call of Duty League」へ参入しました。

eスポーツ企業ImmortalsがOpTic Gamingと親会社を約40億円で買収、OpTicブランドは存続

一方で、OpTic Gamingの設立者であるヘクター・“H3CZ”・ロドリゲス氏は、「NRG Esports」の共同CEOに就任。T2Pコンビ(scump選手とFormaL選手)を擁した“実質のOpTic Gaming”ともいえるシカゴ・ハンツマンを設立し、初年度のシーズンは3位の成績を残しています。

NRG Esports共同CEOのH3CZ氏
NRG Esports共同CEOのH3CZ氏

そんな、チームブランドやキーパーソンをめぐる大きな動きがあったOptic Gamingですが、海外メディアのThe Esports Observerによると、H3CZ氏は1ヶ月余りに渡る交渉の末、NRGとは無関係に「OpTic Gaming」のIPとロサンゼルスの大会出場枠を獲得したと報じています。これによりブランド名・メンバーともに真の「OpTic Gaming」が復活すると期待されます。

余った大会出場枠を獲得するのは?

一方でこの取引によりH3CZ氏が大会出場枠を2つ持つことになるため、片方を他のeスポーツ組織に売却する予定であるとのこと。新型コロナウイルスの影響から大会出場枠は2022年まで拡大されないとすでに伝えられており、今回余った大会出場枠をめぐって競争が激化すると予想されます。

なお100Thievesも獲得を期待されているチームの1つですが、設立者のNadeshot氏は獲得に消極的な姿勢を見せています。

新たな情報が入り次第お伝えします。

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox Series X / Xbox Oneで、発売日は2020年11月13日(Xbox Series X版は2020年末)。

Source: The Esports Observer, ESPN

購読
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る