Call of Duty League:新チーム「ロサンゼルス・シーブズ」誕生、元プロ選手率いるチームが3度目の挑戦

Call of Duty League:新チーム「ロサンゼルス・シーブズ」誕生、元プロ選手率いるチームが3度目の挑戦

前回:Call of Duty League:H3CZが「OpTic Gaming」ブランド再取得、大会出場枠をめぐって競争激化か

H3CZ氏の買収により大会出場枠が余っていた『CoD:BOCW』の公式eスポーツ大会「Call of Duty League」ですが、eスポーツチームの100 Thievesが取得を発表。新チーム「ロサンゼルス・シーブズ」を発表しました。

新チーム「ロサンゼルス・シーブズ」

元プロ選手のNadeshot氏率いる100 Thievesは、『CoD:BO3』シーズンで初めて参戦するも最下位に終わり、一度競技シーンから退きます。『CoD:BO4』シーズンではカムバックし、2回の優勝を果たしました。しかし翌年からフランチャイズリーグが導入されますが、100 Thievesは初年度の参入を見送りました。

CWLアナハイム 結果:100 Thieves が2大会連続優勝し約1,400万円獲得、オープン大会は Mindfreak が逆転優勝

参入を見送った理由として、Nadeshot氏は出場コストの高さやチームの雇用形態の問題、ブランドの使用禁止などを挙げていました。OpTic GamingとFaZeは例外として認められましたが、Envy(現ダラス・エンパイア)やSplyce(現トロント・ウルトラ)などはブランドカラーでさえ使えませんでした。今回Activision側がこの制限を緩和したことで参入に至ったと見られています。

チームロスター

ロサンゼルス・シーブズのロスターは以下の通り。SlasheR選手とKuavo選手は以前にも100 Thievesとしてプレイしています。4人目のロスターとして誰を採るのかにも注目です。

  • SlasheR選手
  • Kuavo選手
  • TJHaLy選手
  • Drazah選手(控え)

シカゴ・オプティックゲーミングは誕生する?

今回ロサンゼルスの大会出場枠が売却されたことで、H3CZ氏の手元には「OpTic Gaming」のIPとシカゴの大会出場枠が残っています。H3CZ氏の悲願とも言える「シカゴ・オプティックゲーミング」、つまり真の「OpTic Gaming」は復活するのか。こちらにも注目しましょう。

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox Series X / Xbox Oneで、発売日は2020年11月13日(Xbox Series X版は2020年末)。

購読
通知
guest
1 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
あ
24 日 前