CoD:MW:シーズン6が日本時間12月7日まで延長、終了後もさらなる追加コンテンツを予定

CoD:MW:シーズン6が日本時間12月7日まで延長、終了後もさらなる追加コンテンツを予定

Infinity Wardが手がける『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』。現在は「シーズン6」が進行中ですが、今回はこの「シーズン6」の期間がいつの間にか延長されていたというニュースです。

シーズン6延長

11月13日にはTreyarch開発による新作『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』がリリースされましたが、『CoD:MW』の方でもサービスは変わらず継続しています。

この『CoD:MW』で進行中の「シーズン6」開催期間についてですが、YouTuberのWhosImmortalによると、バトルパスのタイマーで確認できたシーズン終了日が、これまで太平洋時間11月24日だったものがいつの間にか更新され、日本時間12月7日午後4時まで延長となったようです。

しかし「シーズン6」終了後は、「シーズン7」または追加コンテンツはあるのでしょうか。

この点について現時点では公式からの発表はありませんが、少なくとも「シーズン6」終了とともに『CoD:MW』の更新が一切なくなる、といったことはないようです。

「シーズン6」終了後も追加コンテンツが?

「シーズン7」はあるのかというツイッター上での質問に対し、リード・マルチプレイヤーVFXアーティストのReed Shingledeckerが11月23日にヒントと思しき発言をしていました。

「さらなるコンテンツを予定しています。正式名称は知りませんが、早めに情報が公開されて、何をやっているのかみんなに知って欲しいですね」

12月10日からは『CoD:BOCW』で「シーズン1」がスタートし、ゾンビモードの新マップや、2v2のガンファイトモードなど、さまざまな追加コンテンツがリリースされる予定です。他にも無料バトロワ『ウォーゾーン』に大型アップデートが入り、『CoD:MW』と『CoD:BOCW』両方のコンテンツが『ウォーゾーン』の世界で統合されます

さらに「シーズン1」とともに実装される新たな進行システム「シーズンレベル」も、3つのタイトルで共有されることが明らかになっています。『CoD:MW』で予定しているアップデートも、この「シーズンレベル」と関連しているものと思われます。

いずれにせよ、どのタイトルをメインに遊んでいるプレイヤーにとっても、『CoD:BOCW』シーズン1のスタートが非常に待ち遠しいところです。

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: CHARLIE INTEL

購読
通知
guest
10 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る