BFV:バランサーへのアップデートが公式ブレイクスルーに試験実装

BFV:バランサーへのアップデートが公式ブレイクスルーに試験実装

コミュニティゲームズのアップデートが入り、さまざまな特殊ルールサーバーが賑わいを見せている『Battlefield V(バトルフィールド 5)』。そこで公式サーバーにテコ入れを行うつもりか、従来のバランサーへの追加要素が公式ブレイクスルーサーバーに限り試験実装されました。

公式ブレイクスルー限定の試験機能

公式フォーラムで公開された内容とコミュニティマネジャーAdam Freeman氏のTwitterでの補足によると、11月25日より公式のブレイクスルーサーバーに限り、従来のバランサーに以下の新要素が実装されているそうです。

  • ラウンド終了時にサーバー内のプレイヤーが少ない場合、他サーバーにプレイヤーを統合する機能
  • 特に秀でた分隊のせいでサーバー内のバランスが取れない場合、その分隊を他サーバーに移動する機能
  • 以上の機能のため、ラウンド終了後の待ち時間が5~10秒ほど延長
クイックマッチに施されていたり、試合終了時に分隊をチーム移動させていたバランサーは従来どおりだ。

まとめると、今までサーバー内で完結していたバランサーを、異なるサーバー間でも機能するように拡張したようです。この試験実装が好評な場合は、徐々に他モードへの実装も行っていきますが、反応が悪かった場合はすぐに機能をオフにできるとのことです。皆さんもぜひコメント欄でフィードバックをお寄せください。

Q&Aセッション

また、いくつかの説明がQ&Aにて行われました。

  • 試合終了後に別サーバーに移される可能性があるため、サーバーローテーション通りにマップをプレイできなくなる可能性がある。
  • 観測によると、プレイヤーの圧倒的大半がクイックマッチを利用している。
  • 分隊の解散は行わない。サーバーを移動するときは、分隊ごと移動する。
  • 別分隊のフレンドとは別のサーバーに配置される可能性がある。
  • 今回の追加要素はラウンド後にサーバー間のプレイヤー移動やサーバーの強制終了を伴うものなので、グランドオペレーションとコミュニティゲームズに実装する予定は一切ない
BFV:バランサーアップデート、公式ブレイクスルーに試験実装
▲コミュニティゲームズの特殊ルールサーバーでプレイ中に、
唐突に他サーバーに飛ばされたら困る。とても困る。

公式説明:なぜ『BF1』のようなラウンド中バランサーを実装しないのか

コミュニティから多くの懸念が上がっていた「試合中に強いプレイヤーを強制移動させる」バランサーについても、長文の回答が行われました。以下に内容を要約します。

  • DICE内部ではここ1年に渡り、過去作の『BF』や『BFV』からのフィードバックと、シリーズの未来への展望も交えて、試合中バランサーに関して多くの議論を重ねてきた。
  • 試合中の強制チーム移動は、BFコミュニティ内でも大きく意見が分かれる機能だと認識している。
    • 自分のチームを勝利に導くために頑張っていたのに、唐突に今まで負けていた側に放り込まれて、やるせない気分になるプレイヤーは多い。
    • しかし負けている側にチーム移動して、逆転を目指してPTFOしていくことを好むプレイヤーもいる。
  • 片方のチームに強力な分隊がかたまると、試合が始まる前から勝敗が決するという現状も踏まえ、『BFV』では最大限バランスをとった状態でラウンドを開始する、というアプローチを取ることにした。

チーム移動バランサーは本当に「全員に公平」なのか

ランク戦モードが基本な、ストイックな競技FPSの場合は「強い相手と戦い、自分を磨き、上を目指し続ける」スポーツマンシップが基本理念になっている上に、少人数試合でロビー内全員のバランスが取りやすかったり、そもそもラウンド中のチーム変更は原則行わないということもあり、バランサーは当然の機能として、問題になることはありません。

ですがカジュアルFPSゲームのバランサーは常に議論に晒されがちです。というのも、本質が娯楽のゲームなのに、他人より強くなったせいで、逆に不公平を押し付けられるようになる問題が浮上してくるからです。

強くなったせいで、逆にゆったりと楽しめなくなる環境に放り込まれる。
「プレイスキル税」とも言うべきこの問題は、同じくカジュアル志向な『CoD』シリーズでも盛んに議論されている。

『BF』で例えるなら、自分が強いというだけで誰も連携を取らず、誰も前に出ず、誰もサポートロールを出さない、遊んでいても辛いだけなボロボロに押し込まれている側のチームにいつも放りこまれ、ようやくなにかの奇跡で逆転しても今度は逆側に…という、過去作でたまに存在した、賽の河原のような現象です。

超人的なプレイングからしばしば忘れられがちですが、強いプレイヤーも私達と全く同じく、心を持った1人の人間です。本人の意志に反して勝手に所在を動かすのは、誰だって不快に感じうることなのに、強いプレイヤーに限ってそれを行うのは、強さに対する不平等です。「公平のため」のチーム移動バランサーは、その実もっとも不平等な要素を含んでおり、DICEはそのジレンマに真摯に向き合ってきたことが発表から伺えます。

BFV:バランサーアップデート、公式ブレイクスルーに試験実装
『BF4』時代の個人サーバー主やプラグイン開発者は、バランサーの介在しないもっとも穏当な手段として「苦痛になりえる試合は早々に強制終了させ、次試合に移行する」アプローチを試みて、良好な反応を得られていた。

フレンド分隊やクラン分隊が片方に固まると一方的な試合が形成されやすい、という問題にも言及がされました。気心の知れたフレンドや仲間と協力することが楽しいゲームにおいて、その機能に敢えて手を入れるのは最善ではありませんが、DICEとしては最大限に不平等さを取り除く、妥協の末の判断だったのでしょう。今回の追加機能が、『BF』シリーズにとってより良い終着点を迎えることを願うばかりです。

『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は11月20日で、対象機種はPlayStation 4Xbox OnePC

Source: Battlefield Forum

購読
通知
guest
9 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る