レインボーシックス シージ:APAC Six November Major完結、優勝はGiants Gaming

レインボーシックス シージ:APAC Six November Major完結、優勝はGiants Gaming

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では、間もなくY5S4「オペレーション・ネオンドーン」がスタートします。

一方でeスポーツ競技シーンでも、各リージョンで行われていた秋期大会「Six November Major」が日本時間11月29日をもって終了。日本チームが所属するAPAC Northディビジョンでは、Giants Gamingが秋のチャンピオンに輝きました。

APACリージョン結果

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、世界の4つのリージョンでのオンライン開催となった秋期大会「Six November Major」。APACリージョンは、日本・韓国・東南アジアが含まれるNorthディビジョンと、南アジア諸国によるSouthディビジョン、そしてオセアニアの3つのサブリージョンでそれぞれトーナメントが開催され、日本時間11月29日のAPAC Northグランドファイナルをもって全日程が終了しました。

APAC Northグランドファイナルでは、シンガポール代表チームGiants Gaming@GiantsGamingENG)と韓国代表チームCloud9@Cloud9)がBo5で対戦。すべてのマップがオーバータイムまでもつれこむ大接戦となりましたが、終わってみればGiantsが3-0のマップスコアで優勝となりました。

これにより、APACリージョン全体の結果は以下のようになりました。

  • APAC シックスメジャー順位
    • APAC North1位 :Giants Gaming
    • APAC North2位:Cloud9
    • オセアニア1位:Wildcard Gaming
    • APAC SOUTH1位:MercenarieZ
    • APAC North3位:Xavier Esports
    • APAC North4位:CYCLOPS athlete gaming
    • APAC North5位:GUTS Gaming
    • APAC North6位:FAV gaming

読者予想の結果は…

APAC Northリージョンに関しては、EAA!!読者の皆さんをはじめ国内シージコミュニティを対象に、メジャーでの最終順位を予想するイベントを開催しました。1位から4位までのチームを正確に見抜いた方のみが「的中」となるルールです(5位決定戦のみ省略)。

しかしキャスター・ストリーマー・コーチ陣6名および読者参加者109名の力を合わせても、順位予想を的中させた方はゼロ人という結果に終わりました。残念ではありますが、シージ競技シーンの予測不可能な面白さが浮き立った形とも言えるでしょう。

インビテーショナル出場チーム

「Six November Major」では、最終順位に応じて「インビテーショナル・ポイント」が各チームに配分されます。このポイントは世界のすべてのチームで統一されたランキング上で集計され、その上位16チームに、今年2月に開催されるシージ界の祭典「シックスインビテーショナル」への出場資格が与えられます。

出場確定チーム

現時点でインビテーショナル出場が確定しているのは以下の16チームです。

  • EU
    • BDS Esport
    • G2 Esports
    • Team Empire
    • Virtus.Pro
  • 北米
    • DarkZero Esports
    • Oxygen Esports
    • Spacestation Gaming
    • TSM
  • ブラジル
    • FaZe Clan
    • MIBR
    • Ninjas in Pyjamas
    • Team Liquid
    • Team oNe eSports
  • APAC
    • Cloud9
    • Giants Gaming
    • Wildcard Gaming

今のところ日本チームの出場はありませんが、世界の4つのリージョンでは12月から順次インビテーショナル予選が行われ、ここで各リージョン1チームずつ、計4チーム分のインビテーショナル出場枠を争います。日本のすべてのチームにも、まだインビテーショナル出場のチャンスは十分にあるでしょう。

今後のシージ大会日程

リージョンファイナルと入れ替え戦

秋のシックスメジャーが終了し、これから各地で年間の地域チャンピオンを決めるリージョン・ファイナルが開催されます。同時に、2021年シーズンの参加チームを決める入れ替え戦も行われます。

  • EUファイナル:2021年1月15日から17日
  • APACファイナル:1月8日から10日
    • 3つのサブリージョンでそれぞれオンライン・ファイナルを開催
  • 北米ファイナル:2020年12月11日から13日(カナダ)
    • カナダディビジョンのファイナルと入れ替え戦も合わせて開催
  • ブラジルファイナル:11月23日~29日
    • ブラジルのファイナル「Brasileirão 2020」は現在進行中

なお、APACリージョンでは既に入れ替え戦が終了しており、日本チームでは野良連合が残留決定。東南アジアではElectrify Esportsが残留決定。韓国チームではTalon Esportsが残留決定となりましたが、SCARZは降格し、新たにGC Busan Spearの参加が決定しました。

ルーキー・国内・その他のトーナメント

11月30日からはアジアのルーキーが激突する「NO PLAN NO GAME」が開催。「にじさんじ」所属のがトーナメントディレクターOkayama氏のコーチングの元、日本代表としてアジア各国のチームと戦います。

また、12月13日からはジャパンナショナルズ シーズン3が開催。今回も賞金総額100万円をめぐる大きな国内大会となり、こちらは2021年3月まで行われます。

さらに12月19日・20日には初の日韓交流戦「KJ Friendly Match」が行われます。出場チームについてはまだ明らかになっていませんが、APAC Northとはまた異なる顔ぶれでのマッチアップに注目したいところです。

年末年始もシージの大会が盛りだくさん。シージeスポーツファンの皆さんはお見逃しなく。

Source: Rainbow Six Esports Official

購読
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る