SIEが『サイバーパンク2077』の返金に応じると発表、同時にPS StoreからCyberpunk 2077を削除

SIEが『サイバーパンク2077』の返金に応じると発表、同時にPS StoreからCyberpunk 2077を削除

CD PROJEKT REDがリリースした待望の新作『サイバーパンク 2077(Cyberpunk 2077)』ですが、日本時間12月18日に海外Sony Interactive Entertainmentが返金に応じると発表。 さらに、PlayStation Storeから『サイバーパンク 2077』を削除する事態となりました。

返金対応までの経緯

12月10日にコンソール版とPC版が同時に発売された『サイバーパンク 2077』ですが、PC版はゲーム内の細かいバグはあるものの安定した挙動をしています。 一方、コンソール版はゲームがエラー落ちしてしまい満足にプレイできないという報告が上がり批判の的になっています。 その結果、開発スタジオのCD PROJEKT REDはコンソール版の返金対応を発表しました。

12月21日まで、コンソール版の返金対応を発表。

この返金対応には称賛の声が寄せられたものの、デジタル版を購入したプレイヤーはCD PROJEKT REDではなく各プラットフォームの窓口に返金を申請しなくてはいけませんでした。 しかし、デジタル版の返金対応をしてもらえたという報告は少なく、返金期日の12月21日まで残りわずかとなっていました。 そして、本日12月18日にSIEから発表がありました。

SIEが返金対応

海外SIEが公式ホームページ、ならびにTwitter公式アカウントにて『サイバーパンク 2077』の返金対応に応じる声明を発表

記事執筆時点では日本語ページは開設されていなかったので、以下は英語ページの本文を訳したものとなります。

SIEでは、お客様に高い満足度をお届けできるように努めておりますので、PlayStation Storeから『サイバーパンク 2077』をご購入いただいたすべてのお客様を対象に、全額返金対応を開始いたします。 また、SIEは追って通知があるまで、PlayStation Storeから『Cyberpunk 2077』を削除させていただきます。

PlayStation Storeにて『サイバーパンク 2077』をご購入いただいたことが確認でき次第、返金処理を開始いたします。 お支払い方法や金融機関によって返金の完了が異なる場合がございますので、予めご了承ください。

以上のとおり、SIEが返金対応に応じるという異例の事態に発展するほどになりましたが、同時に削除された『サイバーパンク 2077』が返金受付期間を過ぎたあとに復活するのかは不明です。 記事執筆時点ではすでに日本とアメリカ、どちらのPlayStation Storeからも削除されていることを確認できています。

SIEが『サイバーパンク2077』の返金に応じると発表、同時にPlayStation StoreからCyberpunk 2077を削除
「サイバーパンク」、「Cyberpunk」で検索しても『サイバーパンク 2077』はヒットせず。

なお、CD PROJEKT REDは先週の時点で修正パッチ第1弾を配信し、近々パッチ第2弾の配信を予定しています。 また、1月と2月にコンソール版とPC版のさらなる最適化と修正を含んだパッチの配信も告知しています。

近年では期待されていたもののローンチでは炎上してしまったというゲームタイトルは増えてきていますが、先日行われたThe Game Awards 2020では『No Man’s Sky(ノーマンズスカイ)』がBest Ongoing賞を受賞するなどカムバックを果たすタイトルも存在します。 『サイバーパンク 2077』もPC版は安定しているため、コンソール版の最適化が完了すれば再びコンソール版ユーザーから受け入れられるかもしれません。

関連記事

購読
通知
guest
4 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る