CoD:ウォーゾーン:月額20ドルでチートし放題?サブ垢30の極悪チーターが「BANされない理由」や「チーター対策」などを暴露

CoD:ウォーゾーン:月額20ドルでチートし放題?サブ垢30の極悪チーターが「BANされない理由」や「チーター対策」などを暴露

有名クリエイターの引退や、イベント主催者の撤退など、『Call of Duty: Warzone(コール オブ デューティ ウォーゾーン)』は現在最もチーターの被害を受けているゲームだと言えますが、チートしている側の全貌がいよいよ暴露されました。Twitchストリーマーのexzachtt氏が放送中に偶然出会ったチーターから、話を伺ってみましょう。

チーターが絶対にBANされない理由と方法

『CoD:WZ』ストリーマーのexzachtt氏は放送中にチーターとおもしきプレイヤーを発見、パーティーを組んでボイスチャットをしてみたところ、多くの衝撃的な内容を聞き出すことに成功しました。以下はチーターの告白した話をダイジェストにまとめたものです:

  • プレイは『CoD:WZ』の配信時から始めており、チート抜きで全チャレンジをコンプリートするほどやり込んだ。チートを使いだしたのは4ヶ月前の2020年10月から。
  • チーターが多すぎて嫌気が差したので、問題を全く解決出来ていないActivisionへのアンチ活動として自身もチートを使い始めた
  • Activisionがまともなアンチチートを開発できていないのは、Activisionが十分な関心を向けていないからだと思っており、ロビーの150人中147人がチーターになるほど蔓延すれば、さすがに真面目にアンチチートに取り組むだろうと期待。
  • BANされないことはないが、チートプレイ用のサブアカウントを30個持っている上に、永久BANを回避する方法があるので、BANで遊べなくなるということはない。
  • 通報が届くとたしかにアカウントが調査されるのだが、ハード上でチート用のソフトを起動したという証拠さえ掴ませなければ、企業であるActivisionは永久BAN処置をすることが出来ないため、シャドウバン(7日間の一時停止処理)だけで済む。
  • VPNを使ってプレイしている上に、ハードウェアIDを隠蔽するソフトもあるので、IPアドレスBANやハードウェアIDBANも回避している。
  • その上でつい最近新しいパソコンを組んだので、チートツール使用の痕跡を辿られる痕跡はさらになくなった。
  • 使用しているチートツールは「オートエイム」や「透視」、「相手の装備や状態などを表示」する(俗にESPと呼ばれている機能)などを搭載した“高級品”で、値段は月額20ドル。安いので10ドルのものもある。
  • それとは別に、レベル1の新アカウントでも全武器全アタッチメントを解除することのできるツールがあり、そちらは120ドルで買いきった
  • 機能をフルで活用したら、それこそ1人でロビーの半分のプレイヤーをキルすることも容易いが、さすがにそうすると即永久BANされるので20~30キル程度で済ませている。
  • 運悪くActivisionスタッフと一緒のロビーに入っても、現行犯逮捕で即永久BANされる。チートを使ってきた4ヶ月で唯一永久BANされたのはその時。
  • 壁越しにキルするのはグリッチであり、チートとは無関係。きちんと研究して、壁を弾が貫通する場所さえ把握できれば誰でもできる。壁抜きバグは昔から発見されていたが、Activisionは全く修正しようとしていない
  • チートの通報はたしかに受理されているが、前述した通りそもそも通報から検査が入っても証拠不十分で逃げ切れるのであまり効果がない。
  • ブロック機能を使えば、そのアカウントと同じロビーに入った時は自動再マッチングしてくれるので、同じチーターと2度と会いたくないならブロック機能の方が有効
  • 毎週アップデート後数時間の間だけは、チートツールを防げている(Activisionが対策している)。だがすぐにチート開発者にクラッキングされる
  • チートプレイはとても中毒性が高い。ほぼBANされない事がわかっているので、自分はActivisionが問題を解決するまでチート利用をやめるつもりはない。

連鎖的に広がるチーターコミュニティ

このチーターは「Activisionが無力だから抗議のためにチートを使う」と、あたかも活動家のような詭弁を弄していますが、BANを警戒しつつもチートを楽しんでいるのは明らかに見えます。本当にチートが嫌で企業に抗議したかったら、単純に遊ぶのを辞める方法もあります。結局彼も同じ穴の狢で、チートで他プレイヤーのプレイングを阻害する、ただの卑怯ないち犯罪者であることには変わりません。

exzachtt氏も話を聞かせてくれたことに感謝こそすれ、最後までチートに嫌悪感を示し、そこまでする必要はなかっただろうとチーターの説得を試みていました。全員がブロック機能を駆使すれば、いずれチーターはチーターとしか戦えなくなりそうですが、現実的ではないでしょう。

加えて述べるなら『CoD:WZ』の発売元であるActivision Blizzardはかなりチーター対策に力を入れており、チート業者を訴訟して閉鎖に追い込むという、企業にとっては最も疲れる方法なども駆使してチーター対策に励んでいます。決してチート状況に無関心ではありません。

ただし現実としてチーター問題はいたちごっこな状況が続いており、今回告白したチーターのように「他のチーターに釣られて自分もチートを使い始める」と、逆に連鎖的にその数を増やし続けている始末。これまでとは違う、抜本的な対策を講じない限り、『CoD:ウォーゾーン』はさらなる苦境に立たされていくでしょう。Activision Blizzardのアクションが待たれます。

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の発売日は2020年11月13日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

Source:Twitch

コメント

  • Comments ( 17 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    コンバーターがグレーゾーンとか言っているアホがいて草
    こんなんだからコンバーターマウスが繁殖するのだよ

    コンバーターはソニー公式がハードウェアチートと判断して禁止しているから、立派な「チート」だぞ
    それなのに勝手にグレーゾーンとか思い込んじゃっているアホな奴らが多いから、PS4のチーターの数がPCよりも圧倒的に多いのだよ

    今のコンバーターはマウスどころか、リコイル制御や不正操作入力までできるからかなり悪質

    PCのチーターはほぼ超高ランク帯にしか湧かない上に、チーターの比率自体はPS4よりも圧倒的に少ない
    だからPCはクロスプレイを切っており、プロゲーマーでもなければ、ほぼチーター遭遇しない
    てか遭遇できたら奇跡のレベル
    XBOXも同じくチーターに遭遇しにくい

    プレイヤーの人口も最も多いのはやはり圧倒的にPCだし、チート問題が騒がれていても未だにPC市場は上昇傾向だから本気でコンバーター対策をしないと、もうPS4やPS5は終わりかもしれない

  2. By 匿名

    逮捕なり裁判なりして捕まえろよ
    ユーザーがどんどん減ってくし業務妨害だろ

  3. By 匿名

    業者ならまだしも、一介のチーターがなんでこんなに詳しいの?

  4. By N

    ちなみにPS3に居てPS4にはチーターが居ないと言ってる人いるけど
    PS3の時は開発機が流出したことによって止められなくなったんよね
    PS4もチート自体やろうと思えばできるらしいけどした所でオンラインをするにはPS+の課金、そして即アカBANで商売にもならんから居ないんや
    PCゲーはもうチーター止めるのは無理でしょ、中国だけ隔離サーバーに〜て言う人いるけど少なくはなるだろうけど完全に業者が中国人だけな訳ないから一生消えんよ

  5. By 匿名

    無料ゲーって割る必要がなくてチートに手が出やすいんだよね
    有料ゲーなら割れ対策がしっかりしてればある程度チーターは減るけど無料ゲーはそうは行かないからなぁ
    まぁ結局チートしてる奴らの8割は中国籍だからこいつらが消えればだいぶマシになるんだろうけど

  6. By 匿名

    PCだとやっぱ限界あるし事チートに関して言えば一番結果を出してるのはPS4だなぁ PS3はあんなにいたのにPS4は結局最後までマルチプレイでのチートはクロスプレイを除いて出てないからね グレーゾーンのコンバーターぐらいだけど あまりPCにチートが蔓延りすぎると昔のCoDのようにPSにマウス持って流れ着く難民が出そう そしてそうなれば確実に問題が複雑に入り乱れて混沌がさらに加速する・・・カオスだけに・・   

  7. By あ

    対策ご苦労
    でも対策したからって戻ってくるわけないよなぁ…

  8. By ささくれ

    EAよりはActivisionのがまだ頑張ってそうだけどまあどっちもチートいっぱいいるよね
    フォートナイトのEpic GamesとかvalorantのRiot Gameなんかはチートほぼ排斥できるてるからやる気がないって批判されるのもやむなし

  9. By 匿名

    VPNのIPって同一じゃないのかな?もしVPNのIPが把握出来るなら、規約に書いてるのはやってると思うから、IPBANを徹底して行けば消えるんじゃ無いかなっていう安直な考えなんだけど、時代と共にIP偽装とかの手法が生まれちゃうのかなぁ
    あとやれるとしたら社員直々にハックコミュニティに潜り込んで、コード解析で対応するとか?

  10. By 古川

    こういう話を聞けば聞くほど「じゃあ対策って無理じゃね…」ってなるな
    Valorantでも結局防げずApexも新シーズン開幕してまたいつもの名前のチーターが沸いてる(たぶんチーターがBANされて減ってるんじゃなくシーズンある程度過ぎると飽きて辞めてるだけ・・・)
    Tarkovもまた流行ってきたからかチーターがまたかなり沸いてる こっちは開発がインディーズかつチートって分かりにくいのもあって本当にチーターなのか、通報受理されてんのかも分からん
    VPN使ってるなら国隔離も不可能だし 本来中国配信されてないはずのゲームでもいくらでもチーターいる、つまり金盾超えてきてる時点で「国の判別」が不可能になってるし
    1ユーザーの事を調べ過ぎたら逆にプライバシー関係の法に引っかかる可能性がある

    正直チート対策って詰んでね?

コメントする

*