エーペックスレジェンズ:DDoS攻撃者にBAN祭り宣告「隠れても無駄だ」

エーペックスレジェンズ:DDoS攻撃者にBAN祭り宣告「隠れても無駄だ」

Respawn Entertainmentの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』ではシーズン8「メイヘム」が進行中。一方、ゲーム内で昨今問題となっているDDoS攻撃問題について、開発スタッフはこれから大規模なBANが行われることを仄めかしています。

猛威を振るうDDoS攻撃

昨今の大型タイトルにプログラム上のバグはつきものですが、それが人気タイトルにもなると、バグを悪用して不正行為を働くプレイヤーが出現するという別の問題が発生します。

『エーペックス レジェンズ』も例外ではなく、昨今では日本サーバーを含む世界中のサーバーで、いわゆるDDoS攻撃の被害を訴える声が後を絶ちません。

DDoS攻撃とは、特殊な方法で多くのPCを乗っ取って対象のサーバーに負荷をかけることを指しますが、エーペックスの場合は、サーバーに負荷をかけて対戦相手全員を半ば強制的にログアウトさせることで、戦わずしてチャンピオンの座につくだけでなく大量のキル・ダメージ記録を稼ぐという不正行為に使われています。

新たなBANウェーブ実施か

開発のRespawnスタッフも、急増しているDDoS攻撃について把握しており、時期は不明ですがDDoS攻撃が再現できなくなる修正パッチを配布する形で対策を講じるようです。

一方で、DDoS攻撃者にも相応のペナルティが課されそうです。「エーペックス警備員」を自称するスタッフConor Ford氏は、自身のTwitterでこれからBANウェーブを実施することを仄めかしています。

Ford:DDoS使用者とDDoSカスタマーにコンソール版からの報復をするところだ。隠そうとしても無駄だぞ♡

Ford氏のセキュリティチームは先週も高ランク帯のチーター700アカウント以上を一斉排除しており、今回も同規模のBANウェーブが期待されます。修正パッチが入るまでは、DDoS攻撃に注意してご使用のPC・コンソールにまで負荷がかからないようにし、可能ならサポートに報告をして、そして決して真似をしないよう実力での対戦をお楽しみください。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin) / Xbox One

Source: DEXERTO

コメント

  • Comments ( 15 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    700人banしたところで倍以上になって増えてるんだよな。
    業者はリスク無しで簡単に稼げるから今後増え続けるだろうし、大元の中国業者をどうにか出来ないとその内、ユーザー離れてapex自体が消えそう。

  2. By 匿名

    DDoS攻撃者「マヌケな奴は騙される!」

  3. By 匿名

    隠れても無駄、そりゃそうよ
    何回だって復活できるんだから隠れる意味ないもんね

  4. By 匿名

    まるでちゃんと仕事してますよ感出てるけどめっちゃ対応遅い仕事できないやつやんこの人

  5. By 匿名

    ストリーマーとか見てるとDDoSによるポイントの損失えげつないんだけど、補填とかはされないのかな

  6. By 匿名

    どうせ口だけでしょ

  7. By 元COD民

    DDoS攻撃者「banしても無駄だ」

  8. By 匿名

    Nowhere to run, nowhere to hide!

  9. By 匿名

    グリッチが話題になるまで隠れてたのは運営の方では?

  10. By 匿名

    バグの鯖落ちってDDoS攻撃の一種だったのか 言われて初めて気が付いたわ しっかし故意にするのはもちろん駄目だけど悪用されるほどランクマのポイントに価値があるんだなって 単に荒らしかと思ってたわ

コメントする

*