今週の人気記事トップ5:BF6(仮) / Discord × PlayStation / CoD2021などが話題

今週の人気記事トップ5:BF6(仮) / Discord × PlayStation / CoD2021などが話題

今週(4月30日~5月6日)EAA!!で公開された記事の中から、Twitterやコメント欄での反響が大きかった記事TOP5をご紹介。

今週の人気記事トップ5

第1位

2021年4月末頃に『BF6(仮)』や『BFモバイル』の存在が発表された『Battlefield(バトルフィールド)』シリーズ、その続報記事が今週の第1位に。

コメント欄、Twittre共に盛り上がりの見られた本記事は、4月29日に行われたGamesBeatサミットにてElectronic ArtsのCSOであるLaura Miele氏によって語られた『バトルフィールド』の開発戦略について抜粋したものとなっています。抜粋部には、上記新作における方向性や展望を読み取れるキーワードが多数登場しており、約2年半ぶりとなるシリーズ新作への期待が高まります。

第2位

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、世界で月間1億4千万人以上に利用されているコミュニケーションツール「Discord」とのパートナー提携を発表。DiscordがPlayStation 4やPlayStation 5でも利用可能となることによりPC、PS間でのクロスプレイを行う際の障壁となっていた、コミュニケーションツールの分断問題の解消が期待されます。

現時点ではパートナー提携の発表のみですが、詳細については今後数ヶ月以内に発表予定としています。

第3位

『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』にて、先日開幕したシーズン9「英雄の軌跡」で適用されたパッチノート紹介記事が第3位に。

小柄属性の削除や強力なレジェンド「ホライゾン」に対する複数の弱体化調整、新レジェンド「ヴァルキリー」の登場などなど様々な変更が加えられたシーズン9「英雄の軌跡」。これらによって環境がどのように変化していくのか楽しみですね。

第4位

『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』で行われた、チートやスマーフィングといった「不正行為」に関する通報システムの強化を取り上げた記事が第4位。不正行為は不正プレイヤーと相対する不愉快さはもちろん、実力のあるプレイヤーが正当な評価を受けられないという事にも繋がるので、健全な環境作りを頑張ってもらいたいですね。

第5位

Sledgehammer Gamesより開発中の『Call of Duty』シリーズの新作『CoD2021(仮)』が今年の第四期(2021年11月~2022年1月)に配信予定と、2021年第一期業績報告にてアクティビジョンおよびTreyarchから発表されました。

『CoD2021(仮)』はキャンペーン・マルチプレイヤー・CO-OPに対応し、『CoD』シリーズのラインナップをより強化する作品であるとされ、ゲームのテーマは未公開ですが、近日中にさらなる情報が公開予定とのこと。続報に期待しましょう。

コメントする

*