\BO6 コード5万名に当たる/

エーペックスレジェンズ:FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!最大FPS設定指南

エーペックスレジェンズ:FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!最大FPS設定指南

『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の2021年5月4日(日本では5日)より開幕となる、シーズン9「英雄の軌跡」。本作初の競技モード「アリーナ」も実装が予定されていますが、それが目当てでPC版『Apex』をプレイしたい新規の方向けに、本記事では最大限FPSを引き出せる設定をおさらいしていきます。

CONTENTS

PC版APEXでFPSを最大限引き出す設定

エーペックスレジェンズ:FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!最大FPS設定指南 image 19
エーペックスレジェンズ:FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!最大FPS設定指南 6

アニメーションの基本は"コマ送り"。高速で静止画を連続して表示し続けると動画になるのですが、ディスプレイ機器が一秒に表示できる静止画の枚数が「FPS」(フレーム・パー・セコンド)。コンシューマー機は性能が均一なため、『Apex』を含むほとんどのゲームは60FPSで上限が固定されていますが、PC版の『Apex』はデフォルトで144FPS、制限を解除すればそれ以上ものFPSを出すことができます。

「ただ滑らかになるだけでは?」と侮るなかれ。60FPSと144FPSの差は小さいように見えますが、144FPSを体験したことのあるゲーマーの多くは「もう60FPSに戻れない」という感想を抱いています。そして勝負の世界は僅かな有利を積み上げることも大事。コンマ数秒でも早く相手を視認できれば、そのぶん相手より優位に立てるのです。

また『Apex』は必要動作環境のスペックが低いため、特に最新の3Dゲーム向けに組み立てられたわけではない、数世代前のパソコンでも走れるのが特徴。そのような低スペックパソコンでも、なるべく滑らかに『Apex』をプレイしたいという方も活用いただけます。

1. まずはディスプレイスペックやシステム設定

本題の『Apex』のグラフィック設定に入る前に、まずパソコンの本体ハードウェアやシステム設定を確認しましょう。というのも、市販の一般的なディスプレイは60Hz、つまり60FPSまでしか表示できません。まずはディスプレイのリフレッシュレートが61Hz以上であるかどうかを確認しましょう。

なお144Hz以上のリフレッシュレートを持つゲーミングディスプレイでも、デフォルトだと実は60Hzまでの性能しか発揮しません。ディスプレイを繋いだあとに、一旦パソコン側から設定を開いて、リフレッシュレートを再設定する必要があります。ここが結構な落とし穴で、せっかく奮発してゲーミングディスプレイを買ったのに、ずっと一般ディスプレイと同じ性能しか発揮させていなかったというゲーマーはとても多いです。

ディスプレイのリフレッシュレートの確認と設定の変更は一緒に行えるので、両方とも済ませておきましょう。Windows 10での確認方法は以下のギャラリーを参照ください:

  • エーペックスレジェンズ:最大FPS設定指南、FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!
  • エーペックスレジェンズ:最大FPS設定指南、FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!
  • エーペックスレジェンズ:最大FPS設定指南、FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!
  • エーペックスレジェンズ:最大FPS設定指南、FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!

次:OriginとSteamのリミッター解除

1 2 3 4
エーペックスレジェンズ:FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!最大FPS設定指南

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (17件)

  • 50万のPCとかエアプにも程があるんだけど何時代から来た人?

    • 今の実売価格で5950Xと3090使って1から組むんならそれくらいいくかな
      APEXでFHD144張り付きが目標ならBTOでも18万あれば全然足りそうだけど

      • その時の価格で変わるから間違ってないと思うんだが。今はその時じゃないおじさんw

  • コンバーターやプロコンのような操作やサラウンドのようなオーディオよりもどれもあった方がいいレベルだけど ことFPSとフレームレートの組み合わせは文字通り手ッ取り早くKillが取れるようになる 正しく「pay to win」ゲームとは結局は商業であり商品 間違いなく資本の産物であるからしてそこで行われる勝負はお金が物を言う eスポーツの選手は契約してればその世代の高性能なPCも支給されるけど一般のプレイヤーは自腹で最終的には50万程の最新ゲーミングPCと5万から10万前後のモニター そして4万程でキーボードとマウス また4万でヘッドセットを買う事で楽に強くられたりする こう言う意識の違いがPCとCSの溝だと思うわ  (そして一般のプレイヤーが70万で強くなるのとコンバーターで済ませる選択をする時にどうなるかって言うのも一つの原因な気がする) 

    • そんな高級ハードそろえても現実は下手なやつは下手なんですわ

  • 何やねんこの無知が書いたような浅い記事は
    クラウドワークスで1文字0.4円で執筆依頼でも出したのか?

  • 144モニターなのに200fps出すの…?
    ティアリング出ない?
    144モニターなら144でいいでしょ、200fps出す利点なに?
    そこが書かれてない…

  • APEXは190fps越えたら良くないって話あるけどどうなんだ
    プロの人たちもみんな190fpsで固定してるよね

    • コントローラー繋いだ時にフレームレートの速度?に沿って感度が変わるからまともにできなくなるんよ

    • 正にそれでこのゲーム タイタンフォールも合わせてモニターによってはティアリングが起きやすいからデフォ設定で重直同期が入ってるんだよ 無暗にFPS稼ぐとかえってティアリングのせいで見辛くなるからちゃんとモニターとGPUの相性確認してやらないと見辛くなるよ 

  • 筆者はfpsを書くんだったら自分のpcのスペック、最低限GPUとCPUはかかないと意味ないってことわかっているんだろうか…?

1 2

コメントする

CONTENTS