エーペックスレジェンズ:FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!最大FPS設定指南

エーペックスレジェンズ:FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!最大FPS設定指南

『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の2021年5月4日(日本では5日)より開幕となる、シーズン9「英雄の軌跡」。本作初の競技モード「アリーナ」も実装が予定されていますが、それが目当てでPC版『Apex』をプレイしたい新規の方向けに、本記事では最大限FPSを引き出せる設定をおさらいしていきます。

PC版APEXでFPSを最大限引き出す設定

アニメーションの基本は”コマ送り”。高速で静止画を連続して表示し続けると動画になるのですが、ディスプレイ機器が一秒に表示できる静止画の枚数が「FPS」(フレーム・パー・セコンド)。コンシューマー機は性能が均一なため、『Apex』を含むほとんどのゲームは60FPSで上限が固定されていますが、PC版の『Apex』はデフォルトで144FPS、制限を解除すればそれ以上ものFPSを出すことができます。

「ただ滑らかになるだけでは?」と侮るなかれ。60FPSと144FPSの差は小さいように見えますが、144FPSを体験したことのあるゲーマーの多くは「もう60FPSに戻れない」という感想を抱いています。そして勝負の世界は僅かな有利を積み上げることも大事。コンマ数秒でも早く相手を視認できれば、そのぶん相手より優位に立てるのです。

また『Apex』は必要動作環境のスペックが低いため、特に最新の3Dゲーム向けに組み立てられたわけではない、数世代前のパソコンでも走れるのが特徴。そのような低スペックパソコンでも、なるべく滑らかに『Apex』をプレイしたいという方も活用いただけます。

1. まずはディスプレイスペックやシステム設定

本題の『Apex』のグラフィック設定に入る前に、まずパソコンの本体ハードウェアやシステム設定を確認しましょう。というのも、市販の一般的なディスプレイは60Hz、つまり60FPSまでしか表示できません。まずはディスプレイのリフレッシュレートが61Hz以上であるかどうかを確認しましょう。

なお144Hz以上のリフレッシュレートを持つゲーミングディスプレイでも、デフォルトだと実は60Hzまでの性能しか発揮しません。ディスプレイを繋いだあとに、一旦パソコン側から設定を開いて、リフレッシュレートを再設定する必要があります。ここが結構な落とし穴で、せっかく奮発してゲーミングディスプレイを買ったのに、ずっと一般ディスプレイと同じ性能しか発揮させていなかったというゲーマーはとても多いです。

ディスプレイのリフレッシュレートの確認と設定の変更は一緒に行えるので、両方とも済ませておきましょう。Windows 10での確認方法は以下のギャラリーを参照ください:

  • エーペックスレジェンズ:最大FPS設定指南、FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!
  • エーペックスレジェンズ:最大FPS設定指南、FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!
  • エーペックスレジェンズ:最大FPS設定指南、FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!
  • エーペックスレジェンズ:最大FPS設定指南、FPS制限を取っ払ってアリーナを有利に立ち回ろう!

次:OriginとSteamのリミッター解除

コメント

  • Comments ( 15 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    PC本体が50万とか70万とか言ってるオーバースペック狂人がいるけども、フルHD240hz安定を視野に入れた場合のPC価格は、BTOで基本25万前後、カスタムをこだわって欲張っても大体35万~40万に収まるレベル。周辺機器はモニターが5,6万前後、マウスキーボードは1万~5万程度と幅広く、ヘッドセットは7千~2万で済む。
    マウスパッドやらなんやら込みでも、こだわりさえしなければ40万程度で環境は整う。
    それ以上は最早趣味の世界で、ベースが70万からになるわけがない。どんなお高級な物で身を固めんの?

コメントする

*