レインボーシックス シージ:Y6S2「オペレーション・ノーススター」新防衛オペレーター”Thunderbird”公開、治療能力に秀でたヘリパイロット

レインボーシックス シージ:Y6S2「オペレーション・ノーススター」新防衛オペレーター”Thunderbird”公開、治療能力に秀でたヘリパイロット

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では世界大会「シックスインビテーショナル2021」が進行中。ゲーム本編に関しては、次のシーズンである「オペレーション・ノーススター」で登場する新オペレーター・Thunderbird(サンダーバード)が、シージ公式サイトより公開されています。

新オペレーター「Thunderbird」はナコダ族のヘリパイロット

日本時間5月21日、レインボーシックスシージ公式サイトより、次回の新シーズン「オペレーション・ノーススター」で登場する新オペレーター・Thunderbird(サンダーバード)が紹介されました。以前公開されたロードマップからは、彼女はアメリカ大陸の先住民ナコダ族の出身であることが分かっています。

『レインボーシックス シージ』「NORTH STAR」オペレーター「THUNDERBIRD」

トレーラーによるとThunderbirdは防衛オペレーターとのことですが、固有ガジェットやロードアウトなど、具体的な性能についてはまだ明かされていません。

一方で過去のシーズンでも、新オペレーターのトレーラーは固有ガジェットのヒントになっていたので、映像を見たまま解釈するのであればシージの対戦に初めてヘリコプターが登場するのかもしれません。大型のガジェットと言えば既にLion(ライオン)の「EE-ONE-D」があるので可能性はありそうですが、ヘリコプターはガジェットというよりビークルなので、どのような役割を果たすのかは想像もつきません。

Docに次ぐヒーラーか?

一方でシージ公式サイトではNomad(ノーマッド)によるThunderbirdの紹介文を読むことができます。そこには「戦闘が得意で怪我の治療もできる。しかもパイロット。そんな三拍子揃った人は滅多にいない」とあり、一人で複数の役割がこなせるユーティリティの高いオペレーターである可能性が示唆されています。

さらにThunderbirdは治療技術にも秀でているとのことです。軍医なのか民間の医師なのか、それとも無免許独学なのかは言及がありませんでしたが、一連の説明からは、Doc(ドク)の「スティムピストル」のように味方を回復するガジェットを持っていることが想像されます。「何より一番驚きなのは治療能力の分配手法」とあることから、スティムピストルとは異なるユニークな方法で味方を回復できるのかもしれません。

全情報は5月23日に公開

新防衛オペレーター・Thunderbirdの詳細を含めたY6S2「オペレーション・ノーススター」の全情報が公開されるのは、現在進行中の世界大会「シックスインビテーショナル2021」の最終日、グランドファイナルの直前である日本時間5月23日午後11時30分です。

新シーズンではThunderbirdの他にどのようなコンテンツが登場するのか、気になる方はTwitchのシージ公式チャンネルでぜひ配信をご覧ください。

Source: R6S Official

コメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    バランス壊すようなオペじゃなさそうだしイイね
    気になるのは他のオペとかゲームバランス調整だな

  2. By 匿名

    最後の情報公開日のところ誤字してます

  3. By 匿名

    ???「俺は医者じゃない、パイロットだ」

  4. By 匿名

    日本時間5月23拉致午後11時30分

    拉致ー!?

コメントする

*