CoD:ウォーゾーン:6月24日付アップデート配信、地上アイテムからライオットシールド一時削除など

CoD:ウォーゾーン:6月24日付アップデート配信、地上アイテムからライオットシールド一時削除など

Raven Softwareは『Call of Duty: Warzone(コール オブ デューティ ウォーゾーン)』の6月24日付アップデートを配信、パッチノートを公開しました。このアップデートでは、ライオットシールドの地上アイテム削除などの調整が行われています。

『CoD:ウォーゾーン』6月24日付アップデート

riotshield

今回のアップデートの要注意ポイントは、ライオットシールドが地上アイテムから削除され、ルートボックスかロードアウトドロップでしか入手できなくなった点です。

パッチノートではこの変更は一時的なものとしていますが、削除の理由についてRaven Softwareはコメントをしておらず、いつ地上アイテムに戻るのかも不明です。

イベント

  • 期間限定イベント「グランドフォール」
    • 日本時間6月25日午前2時終了

全般的な変更

  • ダートバイクのサウンドを小さくした

ゲームプレイへの変更

  • 地上アイテムからライオットシールドを一時的に削除
    • サプライボックスからは入手可能のまま

バグ修正

  • ヴェルダンスク全域にわたって、バグ技やピーク、銃弾貫通ができる様々なパーツへの衝突判定問題を修正
  • 武器を拾うより先にスポッタースコープを使用した場合、スポッタースコープの能力が対戦中ずっと使えるようになる問題を修正
  • レッドドアを使ったりインタラクトしたりしても、テキストが適切に表示されない問題を修正

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の発売日は2020年11月13日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

Source: Raven Software

コメントする

*