「Nintendo Switch(有機ELモデル)」は内部変更なし、有線LAN端子搭載ドックの単体販売は?

「Nintendo Switch(有機ELモデル)」は内部変更なし、有線LAN端子搭載ドックの単体販売は?

任天堂は先日、7.0インチ有機ELディスプレイ搭載の「Nintendo Switch(有機ELモデル)」を10月8日に発売すると発表しました。発表時にハードウェアパワーの向上について言及されませんでしたが、内部コンポーネントは通常のSwitchから変更ないことが確認されました。

有機ELモデルは「Nintendo Switch Pro」ではない

新型Switchをめぐっては、複数のメディアが2021年に発売されるとの報道を繰り返していました。その中にはCPUパワーの向上と4K解像度の対応を備えているとの噂もありました。

海外メディアVCGが任天堂に確認したところ、「Nintendo Switch(有機ELモデル)は、以前のNintendo Switchモデルから新しいCPUや多いRAMを持っていません」との回答をもらったとのこと。またTVモード時1080p、携帯時720p出力についても変更ありません。世間で予想されていたいわゆる「Nintendo Switch Pro」ではないことが分かります。

新しいドックの単体販売は?

また有機ELモデルは有線LAN端子を搭載した新しいドックを備えています。Digital Trendsが問い合わせたところ、この新しいドックはニンテンドーオンラインストアで単体販売されるとの回答があったとしています。

しかしファミ通が問い合わせたところ、「ドックや「ホワイト」のJoy-Conを、単品で別売りする予定はありません」と真逆の回答が。国内と海外で対応が分かれるのかもしれません。

Nintendo Switch(有機ELモデル) 初公開映像

Source: VCG, DigitalTrends, Famitsu

コメント

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    いらね

  2. By みんみん

    むしろ旧型に有線ポートがなかった事にいまさらびっくりしたけど
    トレードオフで端子減ってるのか
    画面10型ぐらいにして基本据え置き的な使いまわしで
    ドックは多機能、とかで旧型と住み分けすればいいのにね

  3. By 匿名

    新型ドックに有線LANポートがついた代わりにUSBポートが犠牲になってるから余程の物好きでもない限り結局変換した方が安い

コメントする

*