レインボーシックス シージ:賞金総額1,500万円の”RJC 2021″、新勢力活躍で大波乱のセミファイナルラウンド前半終了/次回は10月9日より

レインボーシックス シージ:賞金総額1,500万円の”RJC 2021″、新勢力活躍で大波乱のセミファイナルラウンド前半終了/次回は10月9日より

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー6シーズン3「オペレーション・クリスタルガード」が進行中。国内eスポーツ競技シーンでは、日本最大の大会「Rainbow Six Japan Championship 2021」が進行中で、10月2日と3日には「セミファイナルラウンド」の前半部分が行われました。

日本最大規模・RJC「セミファイナルラウンド」進行中

世界でも類を見ない規模を誇る日本のシージコミュニティでは、賞金総額1,500万円を誇る国内最大の大会「Rainbow Six Japan Championship 2021(以下、RJC)」が開催中。日本全国からシージチームがプロ・アマ問わず集結し、今年のチャンピオンの座を賭けて激突します。

10月2日と3日には、4日に渡る「セミファイナルラウンド」のうちDAY1とDAY2が開催され、以下のような結果となりました。

  • グループA突破チーム
    • EVA:e(RJL8位チーム)
    • BLUE BEES(チームは、RJOシーズン2で1位となった元「Luster7」のロースター)
  • グループB突破チーム
    • 魚群(チームは、予選ラウンドを突破した元「モバイルバッテリー」のロースター)
    • ORTHROS GRIT(予選ラウンド突破チーム)
semifinalA
セミファイナルラウンド・グループAの対戦表・結果
semifinalB
セミファイナルラウンド・グループBの対戦表・結果

「セミファイナルラウンド」では各ブロックで総当たり戦(2回ずつ)が行われ、上位2チームが東京ビッグサイトで無観客開催される「ファイナルラウンド」へと進出します。グループAからは、国内トップリーグであるRJL2021にも出場したEVA:eが4勝2敗と、実力を見せて危なげなく突破。さらに、チームとしては新造ながら、夏のオープンを勝ち上がってきた期待の新星BLUE BEESも3勝3敗で突破を決めています。

グループBは大波乱となり、9月の予選から勝ち上がってきた2チーム、魚群ORTHROS GRITが1位と2位を占拠。旧プロリーグからの中堅どころであるLamyや、RJL2021にも出場したNORTHEPTIONをそれぞれ下しています。グループAと合わせて、昨年まで知られていなかった勢力が今年新たにその存在感を発揮し、次々にファイナルへの進出を果たす驚きの展開となりました。

各試合のログは「R6S 日本公式 YouTube」および「X-MOMENT 公式YouTube」からご覧頂けます。X-MOMENTでは、試合のハイライト動画も視聴することができます。

【ORTHROS GRIT VS 魚群】RJC2021 ハイライト(セミファイナルDay1)

次回は10月9日・10日

セミファイナルラウンドはあと2日分残っており、グループCの4チームおよびグループDの4チームによる総当たり戦が、10月9日と10日にかけて開催されます

semifinalCD
セミファイナルラウンド・DAY3/DAY4日程

「セミファイナルラウンド」配信情報

10月9日と10日に行われるRJC「セミファイナルラウンド」のDAY3およびDAY4は、以下のチャンネルでご覧いただけます。

『レインボーシックス シージ』およびシージeスポーツ競技シーンの最新情報や、RJC2021全体の情報などは、以下のサイト、SNSをご覧ください。

Source: X-MOMENT

コメントする

*