『BF2042』ハザードゾーントレーラー&詳細公開!データドライブを回収して戦場から生還しろ

『BF2042』ハザードゾーントレーラー&詳細公開!データドライブを回収して戦場から生還しろ

長らく『バトルフィールド2042』の3本目の柱としてプレイヤーを焦らしてきた「ハザードゾーン」。「分隊ベース」で「タクティカル」だが「バトロワではない」、そんなキーワードのみが発表されていた謎のモードも、本日10月15日の0時にようやくトレーラーが公開。

本記事ではトレーラーを補足すべく、EA DICEから説明頂いたハザードゾーンの仕様を一挙紹介。果たしてこの謎のモードは一体何なのか、一緒に見ていきましょう。

BF2042 ハザードゾーン

三行でわかるハザードゾーン

  • 信頼できる仲間と4人分隊を組んで、マップのそこら中に落ちているデータドライブを回収しよう
  • データドライブは強力なNPCが守っている他、別のプレイヤーからドライブを奪うこともできる
  • 任務中に輸送ヘリが2回だけ回収に来てくれるが、1回につき1分隊しか乗れない

世界観と概要

世界の衛星の70%が機能不全に陥った『BF2042』の世界では、低軌道の使い捨て偵察衛星がトレンド化。写真や熱量データにIDスキャンなど、高密度な情報を収集できるのはさすが未来の超技術ですが、通信衛星による送受信環境が完全に死んでいるため、最後はなんと地表に墜落させて衛星の残骸からSSDを物理的に回収というなんとも言えないオチが。

しかもその衛星が戦地に落ちてしまうものだからさあ大変。米露双方だけでは飽き足らず、よくわからない無国家主義者たちが横取りに動いたり、そもそも異常天候のせいで回収自体が非常に危険という有様。そんな中で様々な困難を跳ね除けて回収しに行くのは我らがExodus艦の最精鋭たるプレイヤーたち。ひょっとしてプレイヤーってExodus艦内でいじめられているのでないのでしょうか?

色々とすさんだ事実が見えてくる世界設定ですが、そんなわけでプレイヤーたちは4人の分隊を組み、時にはデータを守るNPCと、時には他のプレイヤーたちと争いつつ、輸送ヘリの席争奪戦を勝ち抜き、Exodusまでデータドライブを持ち帰ることが「ハザードゾーン」の目標です。その他の仕様は以下の通りです:

  • PS4版とXbox One版は最大24人(6分隊)
  • PC版、PS5版とXbox X/S版は最大32人(8分隊)
  • 1分隊内でスペシャリストのダブりはできない
  • 異常天候が発生することもある
  • インテルスキャナーというモード専用ガジェットがあり、分隊に1つがほぼ必須。
    • 他プレイヤーが携帯しているデータドライブもスキャンで察知できる
  • 試合中盤で追加で偵察衛星がマップ内に墜落してくる
    • 追加の衛星はより多くのデータドライブを搭載している
  • HPが0になればダウン状態に移行、ダウン時は移動もできる。更にHPが低下したらデスして観戦者画面になる
    • デスした分隊員は、モード専用のタクティカルアップグレード(後述)か、マップ各地の増援ビーコンからリスポーンさせることができる
  • 持ち帰ったデータドライブは「ダークマーケットクレジット」というモード専用通貨に換算される
    • データドライブの回収以外でも、NPC兵士キルなど他のアクションでもクレジットは入手できる
    • ダークマーケットクレジットは次のハザードゾーンに突入する際の武器やガジェットの購入及び、モード専用パッシブスキル「タクティカルアップグレード」の購入に使う
    • 購入リストはロードアウトとして保存しておくことが可能
    • 同じスペシャリストで生還し続けたら、連続生還回数に応じて装備購入に割引がかかる。一度でも失敗したらリセットされる
  • ラウンド中に2回、ランダムなタイミングとランダムな場所に輸送ヘリが到着する
    • 1回のヘリに乗れるのは1分隊だけ
  • 「ハザードゾーン」は『BF2042』の全7マップに対応している

専用パッシブスキル「タクティカルアップグレード」

上で説明したとおり、プレイヤーはハザードゾーンの専用報酬「ダークマーケットクレジット」で、次ラウンドに備えて銃器やガジェットを購入するほか、「タクティカルアップグレード」というハザードゾーン専用のパッシブスキルも購入することができます。

タクティカルアップグレードは無料のものが2種類と、コストがそれぞれ違う有料品が13種類。リストは以下の通りです:

  • アーマー所持:無料。ラウンド開始時にアーマーが20追加される。
  • 賞金交渉:無料。NPC兵士をキルした際の報酬が50%追加される。
  • 分隊増援:デスした分隊員を1度だけリスポーンさせることができる。
  • クイックドローホルスター:武器持ち替え速度が15%アップ。
  • データストレージ:データドライブの最大所持数が+2。
  • ロードアウト保険:ミッションに失敗したらロードアウトのコストの半分の額が帰ってくる。
  • バイオメトリックスキャナー:敵をスポットできる距離が50%遠くなる。
  • 弾薬強化I:武器のマガジン所持数+1
  • 弾薬強化II:武器のマガジン所持数+2
  • 回復強化I:体力回復力+20%
  • 回復強化II:体力回復力+50%
  • 内部情報:ラウンド中盤に追加される偵察衛星の落下地点を落下30秒前に探知できる
  • 投げ物増加I:グレネードの最大所持数+1
  • 投げ物増加II:グレネードの最大所持数+2
  • 特別価格:データドライブ回収時の報酬が2倍に

まとめ:ハザードゾーンの5つのフェーズ

まとめると、ハザードゾーンのプレイングは5つのフェーズに分けることができます:

  • 準備フェーズ
    • ミッションブリーフィングが発生するので、内容に応じてスペシャリストを選択する
    • 武器やガジェット、タクティカルアップグレードを購入する
  • 突入フェーズ
    • マップ内に突入する
  • 回収フェーズ
    • マップ上に散らばるデータドライブを回収する
    • NPC兵士や、他分隊と争奪戦を繰り広げる
    • ラウンド中盤から追加で更に大量のデータドライブが投下されるため、回収がより激化する
  • 第1撤収フェーズ
    • ラウンド開始数分後にランダムな位置に回収用のヘリが出現
  • 第2撤収フェーズ
    • ラウンド開始大体10~12分後に2回目にして、最後の回収用のヘリが出現
    • このヘリへの搭乗に失敗した分隊はすべてのデータドライブをロストする
    • 分隊のうち1人でもヘリに搭乗できれば、分隊全員に報酬が配布される

他のチームを全滅させなくても良いという点は確かにバトロワではありませんが、壮絶なサバイバルバトルになりそうなのは想像がつきます。PvPvEを制して報酬を手に入れ、輸送ヘリには限られた人しか乗れないというシステムは、どことなく『Division』のダークゾーンを思い出させますね。ルールとしては『タルコフ』を思い起こさせる面も。

その他、ヘリに乗るにはタイムラグがあるのかどうか、マップ上にビークルはスポーンするかどうかなど、気になる仕様がまだまだありますが、それらについては今後の情報を楽しみにしましょう。

『Battlefield 2042』の発売日は2021年11月19日で、対象機種はPlayStation 4, Xbox One, PlayStation 5, Xbox Series X|S, PC

『Battlefield 2042』の発売日は2021年11月19日で、対象機種はPlayStation 4, Xbox One, PlayStation 5, Xbox Series X|S, PC

コメント

  • Comments ( 37 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    パーティーパーティー言ってるけどBF民ってそんなボッチばっかなの?

    • By 匿名

      意外と多いよ

    • By 匿名

      基本PTと野良を両方獲得しないとお金になり難いって言うのはあるよ 例えばco-opゲーで有名なGTFOは前作ってたpayday2と違ってVCPT必須にしたら今はめっきり話題に上らなくなったりしてるし結局は野良でもできるように改良加えてたりする 

  2. By 匿名

    分隊なんちゃらの時点でパーティ推奨FAだしやる人も楽しめる人も限られそう
    無理に脱出時に制限とかつけてバトロワっぽくしなくても、単に最初の1,2チームは報酬アップとかすれば競争のモチベも保てるし野良が切り捨てられることもなく良いと思うんだが

    • By 匿名

      誰でも無事に帰れることのどこが競争を駆り立てられるのか
      ぬるま湯に浸かりすぎたろ

      • By 匿名

        一生バトロワやっててどうぞ

        • By 匿名

          それ「一生コンクエやっててどうぞ」とブーメラン返されるだけ…
          BF経験無いけどバトロワやった事ならあるって新規の人は結構いるだろうし、元々分隊行動好きな人やapexとかで面白さ感じた人たちにも良いモードだと思うけど
          そんな頑なにバトロワを毛嫌いする意味がわからんのだけど

          • By 匿名

            餅は餅屋って感じでBFが少人数のゲームモード作って栄えた事が一度も無いからどうよって話だと思う BF1のあたりからこう言う少人数のチームワークが鍵みたいなモード作り始めてたんだけどあまりパッととしない BFVのファイアストームもそうだったけどBFはあくまで大規模な軍事戦闘の玄人であって少人数のモードはCoDとかR6Sの方が楽しいって事になるんだよ 

    • By 匿名

      apexやらvaloやらもpt推奨ゲームだからプレイ人口少ないしな
      そのゲームと同じで一切流行らんな

  3. By 匿名

    タルコフっぽいって言ってたけどBF民はそんなモード望んでないんじゃないかなぁ
    フレンドでフルパ組める人とかストリーマーは楽しめるかもだけど、CS機はいいとしてPCはチーター出たら
    終わりだしな
    個人的には最大64人とかでやる超大型COOPとか欲しかったな

  4. By 匿名

    マッチングシステム次第だしPTゲーかどうかなんてまだ分からんわ
    文字だけじゃどういうゲームか分からないしもっかい最新ビルドでベータやらせてほしいねハザードゾーンだけでもいいから

  5. By 匿名

    bocwのダーティーボムじゃん
    はい解散

  6. By 匿名

    パーティー組める配信者向けだよなーと思った
    最初のスペシャリストかぶり許されない、野良だともうこれでアウトだよねw
    たまに遊べるパーティーモードの1つとしてならいいかもだけど
    ソロか逆に16vs16モードとかやってくれない限りは遊べないなー

  7. By 匿名

    いや、限りなくバトロワやん。
    しかもスペシャリスト制スクアッド強制で一人で自由にプレイできないし。
    色んな戦術が楽しめるって、それ野良でどうやって成り立たせるの?パーティ優遇か?
    コレジャナイコレジャナイ

    • By 匿名

      協調性のかけらもない方はBF、というよりチームゲーに向いてないですよ!☺️👍
      コメントに出てるEFTとか、むしろRPGとかのオフゲーおすすめ😚👉
      BFはやらずに、充実したボッチライフ過ごしましょ!😆

  8. By 匿名

    あくまで自分の予想なんだがすぐ過疎るゲームモードな気がする。
    以下そう思った理由
    ・BFのターゲット層的にEFTみたいなルールは流行りにくいのでは?
    ・BFポータルもあるわけだからそっちに人口を取られてしまうのでは?
    ・チーターが出たら出たら終わりじゃん。レンサバがあるのか分からないし。
    ・ルールが若干複雑でフルパ推奨ゲーだから野良の人は入りにくいのでは?

    ハザードゾーン限定報酬とかを用意すれば流行る気がする。

    • By 匿名

      回収して脱出っていうシンプルなルールが分からないやつ、まさかおらんよな

  9. By 匿名

    ディビジョンのサバイバルを思い出しただいぶ違うけどPVPVEは楽しそうだね
    一緒にやる友達おらんけどさ…

  10. By 匿名

    こういうゲームだとNPCに存在価値が無いこと結構多いけど、ちゃんと狩ってお金貯める必要ありそうね

    チーデスほどカジュアルじゃ無いけど、ブレイクスルーほど苛烈な戦線が続くわけでも無さそうだから丁度良さそう

コメントする

*