SteelSeries:競技向けゲーミングマウス「Prime」2種が11月12日発売、光磁気スイッチ搭載でクリックの遅延ゼロ

SteelSeries:競技向けゲーミングマウス「Prime」2種が11月12日発売、光磁気スイッチ搭載でクリックの遅延ゼロ

スティールシリーズジャパンは競技向けゲーミングマウス「Prime」シリーズより、小型・軽量化を図った「Prime Mini」と、最高峰の操作感度を実現した「Prime+」を11月12日より発売します。価格は前者が14,480円、後者が9,480円(税込)。Prime Mini有線モデルのみ2022年1月以降に発売予定。

Prime製品概要

光磁気スイッチ「Prestige OM」

競技向けゲーミングマウス「Prime」シリーズは、全世界100人以上のeスポーツ選手の意見を反映してデザインされた製品。光学センサー、特大スプリング、磁気連結を組み合わせた光磁気スイッチ「Prestige OM」を搭載し、スイッチの反応速度において遅延ゼロ・デバウンスゼロを実現しています。1億クリックの耐久性を誇り、メリハリと一貫性のあるクリック感が失われることもありません。

また100%バージングレードのピュアPTFE製グライドスケートを採用し、滑らかなマウス操作を可能にしています。FPSやTPS向けに長く使える製品となっています。

「Prime Mini」ワイヤレスモデル 製品特長

オプティカルセンサー「TrueMove Air」搭載

18,000CPI、400IPS、最大加速度40Gのセンサー性能を備え、チルトトラッキング機能を搭載しています。とっさの動作による意図しないトラッキングを防ぎ、手の動きが完璧にカーソルの動きに反映される正確な1:1トラッキングを実現します。

Quantum Wireless 2.0テクノロジーで超低遅延を実現

Quantum Wireless 2.0テクノロジー採用で、ワイヤレスでありながら超低遅延を実現し、快適な操作性でラグのないプレイが可能です。

連続100時間稼働のロングライフバッテリーと高速充電

フル充電時には100時間連続でプレイが可能で、15分の充電で15時間使用できます。充電しながらのプレイもできるため、安心してゲームに集中できます。

73gの超軽量かつ小型で理想のプレイを実現

Prime Wirelessゲーミングマウス(80g)から9%軽量化を実現しました。

「Prime+」製品特長

当社最上位オプティカルセンサー「TrueMove Pro+」搭載で正確性と最高峰の操作感度を実現

本製品は当社最上位のオプティカルセンサー「TrueMove Pro+」を搭載。18,000CPI、450IPS、最大加速度50Gのセンサー性能に加えて、リフトオフディスタンス計測センサー、OLEDディスプレイを搭載し、より効率の良いパフォーマンス設定が可能です。

最も正確なリフトオフディスタンス計測センサー

リフトオフディスタンスのみを計測する第2のセンサーを搭載し、マウスを浮かせた状態での誤作動を防ぐほか、非常に低く正確なリフトオフディスタンスを実現し、スピーディーなプレイングをサポートします。

内蔵OLEDディスプレイによりマウス上で設定の調整が可能

本体にOLEDディスプレイを内蔵し、マウス上で直接マウス設定の表示および調整が可能です。ソフトウェアを介さずに、内蔵OLEDディスプレイ上で、ポーリングレート、RGB、リフトオフディスタンス、CPIの各設定を、完全にオンボードでカスタマイズすることができます。

Source: PressRelease

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ゲーミングで光学を今だに使った事ないんだけど 近年になって何かレーザーと変わった事とかってある? 

    • By 匿名

      PIXARTセンサーとLogiのHEROセンサーの二強だから、現代的なゲーミングマウス選ぶなら光学式しか選択肢がない
      よく言われるのはカーソル飛びとネガティブアクセルの改善だけど、そんなもん記憶の彼方に吹っ飛ぶくらい今のゲーミングマウスは出来がいい
      未だにレーザーセンサー使ってるなら、早く何かしらのマウスに買い替えた方がいいよ

コメントする

*