CS版『Destiny 2』:12月8日からテキストチャットの表示実装、2月23日にはキーボード入力にも対応

CS版『Destiny 2』:12月8日からテキストチャットの表示実装、2月23日にはキーボード入力にも対応

12月8日から伝説のエキゾチック武器「ギャラルホルン」の復活を含む「Bungie 30周年パック」が配信される『Destiny 2(デスティニー 2)』ですが、あわせて配信されるアップデート3.4.0からコンソール版にもテキストチャットが表示されるようになります。

CS版Destiny 2にテキストチャット実装

まずは表示のみ

PC版『Destiny 2』は2017年10月24日発売されてから今日までゲーム内テキストチャットが実装されていました。 発売直後は全体ゲーム内テキストチャットがなかったり、当時はBattle.net経由だったので、初めてのゲーム内チャットでいきなり実名を暴露されてしまうという恐ろしい落とし穴が仕掛けられているなど散々なものでした。

それから4年、様々な改良が加えられていった現在では普段のテキストチャットにくわえて、レイドなどのギミックを解く順番を記して共有するメモ帳代わりなど、多岐に渡る活用方法が生まれましたが、そんなテキストチャットはコンソール版にはこれまで実装されていませんでした。

まず、12月8日のアップデートからはコンソール版でもクロスプレイ中にテキストチャットが表示されます。 ただし、コンソール版からは文字の入力はできません。そのため、PC版プレイヤー同士のやり取りを眺めるだけとなりますが、クロスプレイ中でも意思の疎通は今までよりやりやすくなります。 時間が経つとテキストチャットは消えてしまいますが、ゴーストを展開することで再度表示されます。

2月23日からUSBキーボード入力に対応

コンソール版プレイヤーたちがテキストチャットを本格的に活用できるようになるのは、2月23日にリリースされる拡張コンテンツ「漆黒の女王」にあわせて配信されるアップデート。コンソール版プレイヤーもUSBキーボードを接続してテキストチャットに文字入力ができるようになります。ただしキャラクターを動かすことはできません

“Enter”を押すとテキストチャット画面が表示され、全体チャット、チームチャット、ファイアチームチャット、ウィスパーチャットができるようになります。「漆黒の女王」配信直後は英語しか入力に対応していないようですが、日本語を含む他言語に対応したIMEは「漆黒の女王」配信からほどなくして配信されるとのことです。

また、5種類のフォントサイズを選べるようになるとのことなので、PC版にもフォントサイズ設定が導入されるのかもしれません。

基本プレイ無料FPS『Destiny 2』の対応機種はPS5 / PS4 / Xbox Series X | S / Xbox One / PCで、5年目拡張コンテンツの「漆黒の女王」は2022年2月23日発売。

Source: Bungie

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    PC版ははやくGoogleIMEでも日本語打てるようにしろ

  2. By 匿名

    たしか箱がクロスプレイのテキチャがとても厳しくてFF14とか出すの断念したと聞いたけど緩和されてきたのかな

匿名 へ返信する コメントをキャンセル