エーペックスレジェンズ:兄を捜すバンガロールのコミック公開、シーズン12の新レジェンドにつながる?

エーペックスレジェンズ:兄を捜すバンガロールのコミック公開、シーズン12の新レジェンドにつながる?

Respawn Entertainmentの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』では1月11日より「暗き深淵」イベントがスタートします。1月10日には、公式Twitterでバンガロールが主役の新たなコミックが掲載されており、過去の傾向から、このストーリーがシーズン12の新レジェンドにつながる可能性があります。

兄を捜し続けるバンガロール

エーペックス公式Twitterより、1月10日に新たなコミックが掲載されました。今回の主役はバンガロールで、アウトランズストーリーズから引き続き、行方不明の兄ジャクソンの行方について、その手がかりを探す姿が描かれています。

部屋で一人小さなビーコンの調整をしていたバンガロールの元に、レイスが訪れます。彼女はバンガロールに協力し、惑星ソラスのツテを頼りにジャクソンの情報を求めていたのですが、今のところ手がかりはなく、またしても捜索は行き詰まります。

兄を捜すために、バンガロールはビーコンを使ってメッセージを送ることを試していました。レイスは、バンガロールの母星であるグリッドアイアンでは衛星ネットワークは既に機能していないと説明し、メッセージが届く見込みは極めて薄いことを暗に伝えるのですが、バンガロールはこの13年間、どんな小さな手がかりでも追って来たと諦めない姿勢を示します。

「何か分かったら知らせる」と言ってレイスが去った後、バンガロールは再びビーコンを操作しつつ兄に思いを馳せます。

そこへ現れたのはレヴナントでした。窓から唐突に侵入してきた彼は、バンガロールとジャクソンの写真を掲げつつ、「お前と少し話ができるかもしれないと思ってな」と意味深なことを述べます。彼はジャクソンについて何かを知っているのでしょうか。

シーズン12のティザーか

前回の公式コミックはシーズン10の終盤に掲載され、このときはホライゾンが息子のニュートの行方についてその手がかりを探す話でした。番外編のように思えたこのコミックですが、最終的にはシーズン11の新レジェンドであるアッシュの導入へとつながる、重要なエピソードとなりました。また、シーズン9終盤ではTwitter上でショートムービーが公開され、こちらもシアの登場につながっていました。

今回も同じパターンだと仮定すると、兄ジャクソンの手がかりを追うバンガロールの話から、次回シーズン12の新レジェンドがついにその姿を現わすのかもしれません。あるいはジャクソンが新レジェンドという可能性もあります。

果たして、ジャクソンを探すバンガロールの物語はどのような結末を迎えるのか、レヴナントは何を知っているのか、コミックの続きが待ち遠しいところです。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin, Steam) / Xbox One / Switch。モバイル版準備中

Source: Twitter

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ここからマッドマギーがどう絡んでくるか…
    まさかだけどレヴと裏で繋がってた?

  2. By 匿名

    レブナントのソースコードがグリッドアイアンにあるからか。
    (このソースコードを破壊するとレブナントはスーサイドできる。レブナントは早く自分を終わりにしたい思っている。ローバの策略によってグリッドアイアンに飛ばされた。)

コメントする

*