レインボーシックス シージ:世界大会”S.I.2022″DAY4結果、各グループで混戦続く/日本CAGは課題浮き彫り

レインボーシックス シージ:世界大会”S.I.2022″DAY4結果、各グループで混戦続く/日本CAGは課題浮き彫り

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のeスポーツ競技シーンでは、日本時間2月8日より世界大会「シックスインビテーショナル2022(S.I.2022)」が開催中。今回はグループステージDAY4の結果をお届けします。

「S.I.2022」グループステージが進行中

japanesebroadcastinfo
日本チャンネルの配信スケジュール

シージeスポーツ競技シーンでは現地時間2月8日より、世界のベスト20チームによる最大の世界大会「シックスインビテーショナル2022(S.I.2022)」が開催中。日本からもCYCLOPS athlete gamingがアジアの仲間たちとともに出場しています。

現在は20チームが4つのグループに分かれてのグループステージが進行中で、DAY4ではそのうちBO3による8試合が行われました。

DAY4の結果

  • グループステージの流れ
    • 出場20チームが、5チームずつ4つのグループに分かれ、BO3の総当たり戦を行う
    • 上位4チーム、合計16チームが14日から始まるプレイオフトーナメントに進出。5位のチームは脱落
    • さらなる詳細は、以下の記事や日本語版の公式イベントガイドをご参照ください。
day4result
DAY4の結果

CAG「あと1ラウンド」に手が届かず

DAY3でLiquidに惜敗したCAGはこの日、インビテーショナル2020の世界チャンピオンチームSpacestation Gaming(SSG)と激突。第1マップ「山荘」で防衛からスタートします。

今日もCAGはBlackRay選手が好調で、まず2ラウンドを危なげなく連取すると、マップ内を動きまわってSSGの虚を突くスタイルが奏功し、5-1と大差をつけて攻防交代に成功します。

攻撃での最初のラウンドも成功させ、6-1でマッチポイントを獲得したCAGでしたが、以前から指摘されている「試合を勝ちきる能力」がここで再び問われる展開となります。

CAGは競技シーンの最初期から活躍しているSSGのHotancold選手に苦しめられ、防衛側で得たリードをすべて奪われた結果、5ラウンド連敗で6-6とオーバータイムに持ち込まれてしまいます。

何とか勝ち点を求めていたCAGでしたが、SSGに対応され続ける中でさらなる返しの手を見出せず、結局6-8で「山荘」を落としてしまいます。

第2マップの「クラブハウス」では攻撃から入ったCAGですが、SSGというチームを象徴するこのマップでの戦いにおいては、やはり2020年のチャンピオンを相手に明確な打開策が見出せず、1-5と圧倒されて攻防を交代します。

防衛に移ってからも、やはりHotancold選手が好プレイを見せ続け、終わってみればラウンドスコアは1-7の大差。マップスコアは2-0となり、CAGはインビテーショナル第3戦も落とすこととなりました。

Hotancold選手はSiegeGGの選ぶマッチMVPとなった

インビテーショナル以前から、あと一歩のところで勝利を逃すような負け方がコミュニティでも強く印象に残っており、分かりやすい課題として指摘されているCAGですが、議論している時間も無いまま世界大会はDAY5へと続きます。

CAGのグループBでは、ブラジルのLiquidとアメリカのSSGが既にプレイオフ進出を決めており、残りの2枠を3チームで争っているところです。CAGのDAY5での対戦相手はブラジルのFaZe Clanで、試合は日本時間2月13日午前3時からスタートします。

グループステージは次回決着

その他のグループに目を向けると、グループAでは予選出場のティア2チームMNM Gamingが、メジャーチャンピオン経験もあるロシアのTeam Empireを2-0で下す大健闘をし、EUリージョンの選手層の厚さをアピールしました。この勝利により、MNMはブラジルのNinjas in Pyjamasとともにプレイオフ進出を確定させています。

グループCでは、優勝候補の一角とされていたフランスのBDSが、新型コロナウイルス感染症に関わるチーム内のトラブルが響いたことで、残念ながらDAY4にしてグループ最下位、インビテーショナルからの脱落が確定しました。これにより、アメリカのTSMDarkZero、ブラジルのFURIA、そしてタイのElevateがプレイオフに進出し、DAY5はプレイオフでの優位性を得るためのグループ内順位争いが注目ポイントとなります。

BDSが不運に見舞われたこともありますが、Elevateはインビテーショナル初出場でプレイオフに進んでいます。APACの残り2チーム、CAGと韓国のSANDBOXも彼らに続きたいところです。

大混戦となっているのがグループDです。DAY3の時点で韓国チームDWGが早々にプレイオフ進出を決めて次に向けた準備を始めている中、残された4チーム(ブラジルのoNeとMIBR、アメリカのOXG、イギリスのNa’Vi)のポイントはほぼ横並びとなっており、完全決着はDAY5まで持ち越されることとなりました。

DAY5ではいよいよ、プレイオフに進出する16チームが決定します。世界大会の前半戦は、果たしてどのような結末を迎えるのでしょうか。

配信情報

「シックスインビテーショナル2022」の配信は以下のサイトから、日本人キャスターによる実況・解説つきで行われます。なお英語ではA配信B配信に分かれており、日本語で配信されるのはグループステージ全試合の半分となります。 ハッシュタグ「#SixInvitational」をつけてツイートし、各チームを応援しましょう。

コメント

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    次はもうCAGいないかもな

  2. By 匿名

    プレイヤーとしては一流だけど、試合中の相手に挑発とも見れる行い三流以下だわ

  3. By 匿名

    あれは仲がいいから出来た煽りって擁護してる人が多いこと

  4. By 匿名

    相手チームに「グッジョブだぜおまえらー!!」とか指差して散々煽ってた直後のラウンドからあのざまだもんな
    そらCAGアンチじゃなくてもなんなんだお前らはと思うやろ

    • By 匿名

      動画見なおしたら一番煽ってたのはアヤゲーターやね

  5. By 匿名

    終わってみれば明らかに格上のFaZeやLiquidには善戦できたのはプラスだけど、
    RogueとSSGにまったくいいところが見せられなかったのがダメだった

  6. By 匿名

    印象は、最悪だわ

  7. By 匿名

    いいんじゃないのプロレスは 逆転惨敗はダサいけどw

    • By 匿名

      プロレスならプレイはちゃんとしてくれって話
      プレイまでキッズになったらそれはただのお子ちゃまよ

  8. By 匿名

    マッチ開始時散々SSGのこと煽ってたのに惨敗するの印象最悪だわ
    プレイも振る舞いも子どもすぎ

コメントする