『レインボーシックス シージ』世界大会”S.I.2022″DAY3結果:日本CAG惜敗 / 波乱のグループステージは後半戦へ

『レインボーシックス シージ』世界大会”S.I.2022″DAY3結果:日本CAG惜敗 / 波乱のグループステージは後半戦へ

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のeスポーツ競技シーンでは、日本時間2月8日より世界大会「シックスインビテーショナル2022(S.I.2022)」が開催中。今回はグループステージDAY3の8試合の結果をお届けします。

「S.I.2022」グループステージが進行中

japanesebroadcastinfo
日本チャンネルの配信スケジュール

シージeスポーツ競技シーンでは現地時間2月8日より、世界のベスト20チームによる最大の世界大会「シックスインビテーショナル2022(S.I.2022)」が開催中。日本からもCYCLOPS athlete gamingがアジアの仲間たちとともに出場しています。

現在は20チームが4つのグループに分かれてのグループステージが進行中で、DAY3ではそのうちBO3による8試合が行われました。

DAY3の結果

  • グループステージの流れ
    • 出場20チームが、5チームずつ4つのグループに分かれ、BO3の総当たり戦を行う
    • 上位4チーム、合計16チームが14日から始まるプレイオフトーナメントに進出。5位のチームは脱落
    • さらなる詳細は、以下の記事や日本語版の公式イベントガイドをご参照ください。
day3result
DAY3の結果

CAG vs Liquid

日本チームCYCLOPS athlete gaming(CAG)はこの日、世界での足がかりとなる1勝を求めてブラジルの名門Team Liquidに挑戦します。

CAGは「カフェ」の防衛からスタート。Liquidのミスにも助けられ第1ラウンドで先制すると、Mira(ミラ)の後張りを駆使した防衛術で2ラウンド目も取得します。世界的なプレイヤーであるPaluh選手やnesk選手らのスキルに対抗しつつ、CAGは4-2とリードして攻防交代に持ち込みます。

防衛に回ったLiquidをなかなか崩せず、4-4のタイミングではタイムアウトを取ったCAGでしたが、その後はAnitun選手によるOsa(オサ)のユニークな運用も機能し、先にマッチポイントを獲得します。

Liquidは緩まず、第1マップはオーバータイムに突入しますが、Blackray選手による16キルの大暴れも手伝い先に7-6とします。7-7のフルラウンドに持ち込まれたCAGは、最後はAyagator選手が絶妙なタイミングで戦局をひっくり返す押し返しを見せ、そのまま8-7と第1マップを制覇。世界のチームから貴重なマップポイントを獲得します。

銀行でも再びオーバータイムへ

第2マップは「銀行」。現環境では攻撃側が有利とされるこのマップで、CAGは防衛からスタートします。まずはLiquidの攻撃を果敢にいなして2-1でリードし、相手に早めのタイムアウトを強要。さらにBlackray選手のクラッチを挟みながら、3-3で攻防を交代します。

攻撃に回ってからのCAGはAnitun選手のMontagne(モンターニュ)を使った戦術が奏功し、6-3で先にマッチポイントを獲得します。

しかし競技シーンでも長い経験を有し、ベテランと期待の若手が混ざり合った現在のLiquidの防衛は、ここからが強固でした。その1階守りと地下守りに屈したCAGはたちまち6-5まで追いつかれると、そこから再びオーバータイムに突入。最後の1ラウンドがどうしても取れないまま、CAGは一度はLiquidを追い詰めながらも、「銀行」での激闘を6-8で敗れてしまいます。

第3マップは「ヴィラ」。防衛から入ったCAGは、Anitun選手のPulse(パルス)で情報を取りながらの戦術で臨みます。しかしマップの構造上、銀行ほどには自由な立ち回りができないこのマップでは敵に押し込まれる展開が続き、あっという間に2-6となり、Liquidにマッチポイントまで迫られます。

そんな中でもBlackray選手は再びのビッグクラッチを挟んで抵抗しましたが、CAGは3-7で敗北。全体マップスコア1-2でLiquidに屈し、DAY4とDAY5の試合に望みを繋ぐことになりました。次戦の相手はアメリカのSpacestation Gaming。日本時間2月12日午前0時から試合開始です。

グループCは荒れ模様

その他の試合では、昨年王者NiPはヨーロッパからの挑戦者MNMを2-0で下して復調を目指しています。韓国チームDWG KIAは、この日もアメリカチームOxygenに勝利し3戦全勝。今大会において、プレイオフ出場が確定した最初のチームとなりました。

タイのElevateはブラジルのFURIAに敗れて1勝1敗。しかし同じグループCでは波乱が起きており、優勝候補の一角とされていたフランスチームBDSが最下位に沈んでいます。新型コロナウイルス感染症に絡むトラブルに見舞われこのチームは本調子を出せず、DAY3でもアメリカのTSMに0-2で敗れる結果となりました。グループCでは逆に、予選から出場したTSMが、現在2勝で首位に立っているという波乱ぶりです。

配信情報

「シックスインビテーショナル2022」の配信は以下のサイトから、日本人キャスターによる実況・解説つきで行われます。なお英語ではA配信B配信に分かれており、日本語で配信されるのはグループステージ全試合の半分となります。 ハッシュタグ「#SixInvitational」をつけてツイートし、各チームを応援しましょう。

コメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    5-1で勝ってるときに相手大声で煽った直後から蹂躙されたな
    あれはカッコ悪かった

  2. By 匿名

    銀行でマッチポイントとって調子に乗って負ける…結局子どものままのCAGで残念でした
    せっかく勝てたのにね。あーあ

    • By 匿名

      でた!インビの時だけあらわれる結果だけみてえらそうにするおじさん!

      • By 匿名

        安全圏から言うだけタダの批判で草
        適当に批判して気持ちよくなりたい奴よくそれ言うよね

        • By 匿名

           匿名で偉そうにするおじさんとか安全圏から言うだけタダの批判とかそれやってること一緒だぞ 言われたくないならお互い黙っとくのがいいぞ

          • By 匿名

            それ全部ブーメランになっとるの気付こうね
            ただの感想に対して「匿名で偉そうに」突っかかるおじさん笑

コメントする