『レインボーシックス シージ』世界大会”S.I.2022″DAY2結果:日本CAG初戦敗れる / 昨年王者が連敗で苦境に

『レインボーシックス シージ』世界大会”S.I.2022″DAY2結果:日本CAG初戦敗れる / 昨年王者が連敗で苦境に

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のeスポーツ競技シーンでは、日本時間2月8日より世界大会「シックスインビテーショナル2022(S.I.2022)」が開催中。今回はグループステージDAY2の結果をお届けします。

「S.I.2022」グループステージがスタート

japanesebroadcastinfo
日本チャンネルの配信スケジュール

シージeスポーツ競技シーンでは現地時間2月8日より、世界のベスト20チームによる最大の世界大会「シックスインビテーショナル2022(S.I.2022)」が開催中。日本からもCYCLOPS athlete gamingがアジアの仲間たちとともに出場しています。

現在は20チームが4つのグループに分かれてのグループステージが進行中で、DAY2ではそのうちBO3による8試合が行われました。

DAY2の結果

  • グループステージの流れ
    • 出場20チームが、5チームずつ4つのグループに分かれ、BO3の総当たり戦を行う
    • 上位4チーム、合計16チームが14日から始まるプレイオフトーナメントに進出。5位のチームは脱落
    • さらなる詳細は、以下の記事や日本語版の公式イベントガイドをご参照ください。
day2resultインビテーショナルDAY2結果
DAY2の結果

DWGは順調に2勝

DAY2での第1試合では、韓国チームDWG KIAが再び登場します。DAY1でブラジルのTeam oNeを下しスタートダッシュに成功した彼らは、この日ブラジルのMIBRとの対戦。1マップ目ではオーバータイムまで追い込まれながらも、最終的には2-0で勝利し、グループステージのレースでさらに優位に立つことに成功します。

DAY2の全試合が終わった時点で勝ち点6(2戦して両方とも2-0)のスコアを計上しているのは、このDWGとブラジルのTeam Liquidのみ。2021年からの好調ぶりはどこまで続くのでしょうか。

同じく韓国チームのSANDBOXも、DAY1では2021年のチャンピオンNinjas in Pyjamas(NiP)を倒して好調な出だしをしていますが、DAY2の相手はヨーロッパ予選を勝ち抜いてきたダークホースMNM Gamingです。ベテランのneLo選手をリーダーに、ヨーロッパの有望な若手プレイヤーが集まったこのチームにSANDBOXは大苦戦。0-2で試合を落としてしまいます。

その他の試合では、2021年のチャンピオンNiPの苦戦に注目が集まっています。SANDBOXに続いてDAY2でもロシアのEmpireに0-2敗れ、現在はグループ最下位。プレイオフ進出に黄信号が灯ります。

このNiPのDAY3の相手が、SANDBOXを倒したMNMになるのですが、チャンピオンは格下のチーム相手に実力を示すことができるのか、それとも躍進中のMNMがさらなるドラマを生むのかに注目です。

日本CAGは初戦敗北

DAY2の後半第3試合では、日本チームCYCLOPS athlete gaming(CAG)が登場。ドイツのRogueを相手にインビテーショナルの初戦に臨みます。

第1マップとして「オレゴン」をピックし、攻撃から入ったCAGは、Rogueの防衛に対して2-4で折り返します。しかし試合全体を通して、この日はAceeZ選手ら敵のフラッガーと激しく撃ち合いながらも、あと一歩のところでラウンド差を縮められない展開が続き、最終スコアは5-7で第1マップから撤退します。

第2マップはRogueの選んだ「クラブハウス」での戦いになりました。攻撃でスコア3-3となって折り返し、防衛に回ったCAGでしたが、作戦の多彩さと瞬間的なガンスキルの高さを兼ね備えているRogueの進行をなかなか止められず、防衛では4ラウンド落とす敗勢に。最終ラウンドスコアは4-7、マップスコア0-2となり、CAGのインビテーショナル初戦は敗北で終えることとなりました。

DAY3のCAGの対戦相手は、このRogueをDAY1で2-0と圧倒した、現在グループの首位のブラジルチームTeam Liquidです。試合の入り方に手こずった点を課題にしているCAGですが、日本時間午前3時よりスタートするこの試合が始まるまでに、うまく大会に入り込むことができるでしょうか。残る3試合に注目していきたいところです。

配信情報

「シックスインビテーショナル2022」の配信は以下のサイトから、日本人キャスターによる実況・解説つきで行われます。なお英語ではA配信B配信に分かれており、日本語で配信されるのはグループステージ全試合の半分となります。 ハッシュタグ「#SixInvitational」をつけてツイートし、各チームを応援しましょう。

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    なぜEU相手にオレゴンをピックしてしまったのか…もうダメかもわからんね

コメントする