オーバーウォッチリーグのレジェンドプレイヤー“Super”選手が引退発表「競技への情熱を失った」

オーバーウォッチリーグのレジェンドプレイヤー“Super”選手が引退発表「競技への情熱を失った」

2022年3月28日、『Overwatch(オーバーウォッチ)』競技シーンの最高峰、オーバーウォッチリーグで2度のリーグ優勝を果たした強豪チーム「San Francisco Shock」のスター選手Superが引退を発表しました。

レジェンドプレイヤー“Super”選手引退

thank you, super (retirement tribute)

Super選手は17歳の時、2018年のオーバーウォッチリーグ開幕シーズン(INAUGURAL SEASON)中にSan Francisco Shockと契約。

主にラインハルトやウィンストンといったメインタンクとしての活躍が目立つ選手ではありましたが、同じくメインタンクを得意とするSmurf選手(現:Seoul Dynasty所属)が同チームに所属すると、ゲンジロードホッグといったヒーローでプレイし、他リーガーに引けを取らない活躍を見せる器用さも持ち合わせたプレイヤーでした。

https://overwatchleague.com/en-us/news/23150584
2019シーズン優勝時の様子

在籍期間中は、2度のリーグ優勝ワールドカップ優勝シーズントーナメント優勝など、十分すぎるほどの実績を残しており、San Francisco Shockがリーグ2連覇を達成した2020シーズンのチャンピオンシップスキンは、Super選手が操りリーグ優勝に大きく貢献したロードホッグのスキンでした。

そんなSuper選手は、2021年10月18日にSan Francisco Shockとの再契約が発表されたばかりであり『Overwatch 2(オーバーウォッチ 2)』の初期ビルドVer.を用いて開催されるオーバーウォッチリーグ 2022シーズンではどのような活躍を見せてくれるのか注目が集まっていた矢先、突然の引退発表となりました。

Super選手本人のTwitterアカウントに投稿された引退表明では、夢に見ていた人生を歩む機会を与えてくれたとして『Overwatch』とSan Francisco Shockで過ごした4年間への感謝が綴られています。合わせ述べられた引退の理由については「競技への情熱を失った」事が挙げられており、現在の状態で現役を続行すると自身の心身へのダメージを避けられず、延いてはチームへの悪影響となるためとしています。

Thank You Super | Saying Goodbye to A Legend

今後もストリーミング活動は継続し、可能な限りチームをサポートしていくとの事ですが、オーバーウォッチリーグの顔ともいえるSuper選手の引退は、チームはもちろんリーグ全体にとっても大きな痛手。

来る次期リーグシーズン「オーバーウォッチリーグ2022シーズン」は、現地時間5月5日より開幕します。Super選手に追いつき、追い越すようなスタープレイヤーの誕生に期待しましょう。

関連記事

Source:Overwatch League

コメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    DPS至上主義の上に1タンク制だからなぁ
    メインタンク勢の選手達からすれば相当の痛手だろうに

  2. By 匿名

    あーどんどんOWが衰退していく・・・。2出ても最初だけだろうな・・・。

  3. By 匿名

    やっぱり1タンクは無理だったんだな
    俺も2発売までに別ゲー探さないと

  4. By 匿名

    マジか

コメントする