ヴァロラント:2023年のeスポーツ計画発表、アメリカ / ヨーロッパ / アジアでフランチャイズリーグ導入へ

ヴァロラント:2023年のeスポーツ計画発表、アメリカ / ヨーロッパ /  アジアでフランチャイズリーグ導入へ

ライアットゲームズはタクティカルFPS『VALORANT(ヴァロラント)』における、2023年のeスポーツについての計画を発表しました。新モデルでは選出チームとの間で長期的パートナーシップ契約を締結し、さらにチームとコラボした限定ゲーム内コンテンツも提供するとしています。

『VALORANT』eスポーツ計画

最高峰レベルのインターナショナルリーグ

世界屈指の強豪チームが集結する3つのリーグで、試合は週ごとに継続的に行われます。リーグの区分はアメリカ大陸、ヨーロッパ、アジアで、それぞれのリーグを代表する最高峰のプレイヤー同士がLAN環境で観客を前に(健康/安全基準を満たす場合)熱戦を繰り広げます。またシーズン中には国際イベントMastersが2回と、世界王者決定戦であるVALORANT Championsが開催されます。いずれのグローバルイベントも、インターナショナルリーグで優れた成績を残して出場権を獲得したチームのみが参加できます。

ドメスティックリーグ

現在のChallengersやGame Changersのシステムを拡張したリーグで、最高峰のインターナショナルリーグを目指し、実力を示す舞台となります。出場するのはゲーム内コンペティティブモードの上位チームで、国や地域のトップチーム同士が真剣勝負に挑みます。

ゲーム内コンペティティブ体験

あらゆるプレイヤーがVALORANTクライアント内から直接参加できるもので、世界中の優れたプレイヤーが実力を示す場として機能するよう設計しています。このモードは既存のリーダーボードを補完するもので、プレイヤーに「コンペティティブモードの先」にあたる新しい目標を提示します。

フランチャイズリーグは『リーグ・オブ・レジェンド』『オーバーウォッチ』『コール オブ デューティ』などで採用されている、昇降格によるチームの入れ替えをなくしリーグの出場チームを固定する制度。大方の予想通り『VALORANT』でも採用されることになりました。公式サイトによると、アジアリーグは東南アジア・韓国・日本・南アジア・オセアニアのチームで構成されるとのこと。「VCT 2022 Stage 1 Masters」で3位になったZETA DIVISIONなど、日本チームの活躍に期待しましょう。

  • タイトル:VALORANT(ヴァロラント)
  • 発売日:2020年6月2日
  • 対象機種:PC(Riot Games
Razer
¥6,415 (2022/04/25 09:33時点 | Amazon調べ)

コメントする